ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ホッホー文庫 ( 245 ) タグの人気記事

f0139963_6471595.jpg

ベルギーの画家、ガブリエル・バンサン(2000年9月永眠)の絵本が好きです。
ホッホー文庫には、バンサンコーナーがあり、いつでもバンサンの世界にひたれるようにしてあります。

”老夫婦”は、かつて一世を風靡じたブリュッセル生まれの歌手ジャック・ブレル(1929~1978)のシャンソンに、感銘を受けたバンサンが絵筆をふるって絵本にしました。
生きること、老いること、死ぬこと、人生の旅路の果てを見事に描いて、胸に迫ります。
誰にもいずれ訪れるであろうシーンが、淡彩の水彩画の余韻に漂っていて、老いと真摯に向き合う姿に引き込まれます。
「老い」という現象を、甘えを一切排除したリアルな詩と絵の表現に感動します。

年老いたふたりには、いまはもう話すこともなく、ときおり、おたがいにそっと目をやるばかり。
お金があろうとなかろうと、みじめさはかわりなく、もうゆめもなく、思いやりがあるばかり。
ふたりの家は、香草とラベンダー、それにこざっぱりしたにおいがして、昔の言葉が行き来する。
・・・・・・
時計はサロンで、にぶく時を打ち、「そうだね」とも「いンや」とも、「わしはお前らを待っとるよ」とでもいうかのよう。
年老いたふたりは、いまはもうゆめみることもなく、本も眠気をさそうばから。ピアノのふたもずっと、とじたまま。
・・・・
1996年5月 第1刷  2006年7月 第6刷
絵 バブリエル・バンサン  詞 ジャック・ブレル  訳 今江祥智  BL出版
by hohho-biny | 2012-05-09 07:45 | ホッホー文庫

ナミヤ雑貨店の奇蹟

f0139963_7591189.jpg

東野圭吾著「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 読了。
今、本屋で一番たくさん平積みになっているベストセラー。
本の厚さ約3㎝、この連休に読破しようと買ってありました。
こどものふざけた悩みに答えていた雑貨店のお爺さんが、あらゆる悩み相談にも答えるようになり、手紙のやりとりが行なわれます。
時空を越えた古びた不思議な雑貨店の悩み相談を通して、人生を選択した人々の人間模様が、東野独特のトリックで展開され、一気に読んでしまいました。
さすがにストーリーテイラー、様々な仕掛けでワクワク・ドキドキしながら、ウーンと考えさせられます。
パソコンや携帯の時代になっても、手紙交換のぬくもりがどんなに人の心をふるわせるか・・・
本の帯には、夢をとるか、愛をとるか。
        現実をとるか、理想をとるか。
        人情をとるか、道理をとるか。
        家族をとるか、将来をとるか。
        野望をとるか、幸せをとるか。  「一か八かの大勝負でした」 東野圭吾

現在もあの雑貨店のドアポストと牛乳箱があって、必ず返事がもらえるなら、ホッホーも悩み相談を書きたいなあと思いました。
実は、ホッホーは懐かしい牛乳箱を持っているのです♪ ベランダに置いてありますが・・・
by hohho-biny | 2012-05-05 09:13 | ホッホー文庫

言葉の海へ

f0139963_6363569.jpg

言葉の海へ乗り出して、一緒に「大渡海」を作り上げたような深い感動に包まれました。
十数年の歳月をかけて、二千九百数十ページの国語大辞典に心血を注いだ編集者たちの物語です。
言葉の海に魅せられ、辞書作りに情熱を傾けた二十代から七十代の主人公たちの熱い思い!が伝わってきます。
言葉の検討選択、原稿依頼、何回もの校正刷、紙質研究、表紙デザイン決定等などの困難を乗り越えて辞書完成にいたる過程で、こちらまで熱くなります。

本文の中でホッホーの心に響いた言葉を抜書きしておきます。

「記憶とは言葉」 
    曖昧なまま眠っていたものを言語化すること

「言葉の持つ力」    
    傷つけるためではなく、誰かを守り、誰かに伝え、誰かとつながりあうための力

「言葉を生み出す心は自由なもの」 
    自由な航海をするすべての人のために編まれた舟

カバーデザインが素敵!

2012年本屋大賞(全国書店員が選んだいちばん売りたい本)第一位の作品。
三浦しをん作 光文社 2011年9月20日初版第1刷
by hohho-biny | 2012-05-01 07:22 | ホッホー文庫

安房直子の世界へ

f0139963_23334337.jpg
1月も最終日となりました!
寒さの厳しい毎日、インフルエンザが猛威をふるっています。
皆さま、ウィルスに負けない身体をつくりましょう。

寒い夜には、こたつにもぐって・・・
安房直子のファンタジー世界へ~♪
彼女のお話には、おいしそうな食材と動物が登場します♪





f0139963_23335916.jpg



谷あいの町のおとうふ屋さんには、さまざまなお客がやってきます。
すずめ、ねずみ、きつね、木の精・・・
おとうふ屋さん一家をめぐる、
幻想的な美しい六つのファンタジー





f0139963_23341179.jpg



小さなふとんやさんのおじいさんと子ぎつねのコンタロウをつなぐ、不思議なでんわ。
おいしそうなぶどう酒が出てきます。






f0139963_23342348.jpg



雪窓、白いおうむの森、鶴の家、野ばらの帽子、てまり、ながい灰色のスカート、野の音が収載されています。
何かの拍子に、異次元への扉がパタンと開かれるのです!
by hohho-biny | 2012-01-31 23:58 | ホッホー文庫

ゴヤのフクロウを観た

f0139963_23123741.jpg
ホッホー文庫に国立西洋美術館所蔵のゴヤの版画集があります。
2001年1月初版、二玄社

この中の4点にフクロウが脇役として登場します♪
この本物を観たいと思っていました。

国立西洋美術館に40年ぶりにゴヤの
<着衣のマハ>が来日しているので、
観に出かけました。





f0139963_23131585.jpg

観たかったフクロウが2点展示されていました。
左上の版画 ”理性の眠りは怪物を生む”
机にうつ伏せになっているゴヤの周りに、コウモリ、フクロウ、ヤマネコなど闇に生きる動物たち
左側のフクロウは、ペンホルダーを差し出してゴヤに制作を促しているらしい。

ゴヤ(1746~1828)は、主席皇帝画家の時代には貴族らの肖像画を描きましたが、戦争の動乱に巻き込まれて以降は、スペインの悲惨な現実や闇、不条理な幻想世界を描きました。

版画の作品は、思ったより小さくて細かいので、眼が疲れてしまいました!
by hohho-biny | 2012-01-15 23:51 | 展覧会

りゅうの本を読む

f0139963_2224760.jpg

龍の年なので、りゅうの本を再読しました。
エルマーの冒険シリーズ三冊。

勇敢な少年エルマーは、年取ったノラ猫からどうぶつ島にとらえられているかわいそうなりゅうの子の話を聞き、助けに出かけます。

1964年初版 福音館



f0139963_223734.jpg


とうぶつ島から家に戻る途中、エルマーとりゅうは、すごい嵐にあい、カナリア島に降ります。
カナリアの王様は、知りたい病にかかっていて、エルマーが治してあげて、たくさんの宝物を手に入れます。





f0139963_2232689.jpg

りゅうの子が家に帰ってみると、15匹の家族が、人間たちによって洞穴に閉じ込められいました。
りゅうの子は、エルマーに助けを求めます。
エルマーは、大胆な計略でりゅうの家族を救い出すのです。

男の子たちに人気の児童書です。





f0139963_2234122.jpg


          ホッホーが通う病院のお正月飾り
          素晴らしい生け方!!










f0139963_224062.jpg










f0139963_2241146.jpg
by hohho-biny | 2012-01-05 22:26 | ホッホー文庫

遅い紅葉

f0139963_23463240.jpg

職場の前の高校の裏庭
紅葉がきれい! 
例年より紅葉が遅れています。






f0139963_23484929.jpg

      さざんかの花もうつくしい♪










f0139963_23501420.jpg

ウチのベランダでは、
何故かビワの花が咲いています!
どうして冬に向けて開花するのか?不思議です。







f0139963_2353228.jpg

          クリスマスの絵本を集結しました。
          少しずつ読むのが、毎年の楽しみ♪
by hohho-biny | 2011-12-14 00:01 | 四季のうた
f0139963_23225767.jpg日曜日、ティータイムはモンブランに
AMさんから差し入れの
ドトールコーヒー♪
omisoちゃんからのハロウィーン袋に入っていたマッチ箱のチョコは、赤い靴でした♪
歌の歌詞カード入り♪
「赤い靴」を歌いながら食べました。
さすが横浜、おしゃれですね!!
omisoちゃんならではのセレクト♪
毎日読書・読書・・・の秋


f0139963_2330310.jpg

このコミックはすごい!!!
チェルノブイリ原発事故の翌年にドイツで発表されて以来、20年以上に渡って読み継がれ、「脱原発」の世論形成に影響を与えたロングセラー小説のコミック版です。
ドイツの原子力発電所で爆発事故が起きたと想定して書かれ、近くに住む14歳の少女の目を通して悲惨な現実を我々に突きつけています。
福島第一原発事故に直面している日本人への警告の書でもあります。
小学館文庫 2011年10月11日初版




f0139963_23301583.jpg


読書に疲れた時に、この漫画を読むと可愛くて癒されます。
ひなちゃんは、幼稚園に入園しました。







f0139963_23443057.jpg


   今月、ひなちゃんの11巻が出ました♪
   優しい家族やお友だちに囲まれて、
   日々成長していきます♪











f0139963_23474985.jpg


「聖☆おにいさんの7巻、まだ出ないんですかぁ~」とヤンママがうるさいので、コミック売り場を覗いたら、出ていました!!
つまり、早く買ってよとの催促なのでした♪
ブッダとキリストが地上に降りて、下界での生活も板について・・・コッケイなの♪







f0139963_23532841.jpg



     山岸涼子セレクションXⅢです。
     妖精王の1と2は、職場を巡回中。










f0139963_23564778.jpg

ふくろうが主役の絵本が
目に飛び込んできました!!

ふくろうのダルトリーは、おつきさまとおしゃべりするのがだいすき。
おつきさまが あおじろく やせてくると、ダルトリーは しんぱいして とうのてっぺんに りんごを おいておきました。
そのりんごが ころがって・・・ 
しあわせの連鎖♪

ブロンズ新社 
2011年10月25日 初版第1刷
by hohho-biny | 2011-10-24 23:58 | ホッホー文庫
f0139963_2129157.jpg家の近くに美味しいケーキ屋さんがあります。
滅多に買わないのですが、夕方売れ残っているのを見ると・・・
ついかわいそうになって買ってあげます。
若い夫婦が一生懸命作っているので・・・
レアチーズとモンブランを購入。
モンブランは明日食べます。
ハロウィンティは、ふくろう♪

ふくろうとねこのクッキーは良賢さんの差し入れ♪

今日はお休み。本屋さんをぶーらぶら。
楽しい読書の時間です。


f0139963_2140626.jpg1998年に亡くなりましたが、須賀敦子が紡ぐ世界に惹かれて次から次に作品を読んだ時期がありました。
小さな物語が没後、2004年に絵本になりました。
酒井駒子の画が素敵です。

「こうちゃんってだれ?」
灰いろの空から降ってくる粉雪のような、
音立てて炉にもえる明るい火のような、
そんなすなおなことばを もう わたしたちは
わすれてしまったのでしょうか。

もしかしたら、私にもあなたにも、
こうちゃんが見えるかも・・・



f0139963_21521918.jpg「いつもひとりで」を生きているホッホーには、
関係ない絵本。
ですが、良賢さんから、「良さそうな絵本ですよ~」と新聞の切り抜きを渡されたのでした!

ずっと共に暮らしたカップルの、もしも片方が天に召されたら・・・
かけがえのない大切な人との時間に想いを馳せるおばあさん☆

ヘンリーは いま てんごくに いるけれど
せなかに つばさがあるから
まいにち 4じから 7じのあいだ もどってきて
わたしとふたりで いろんなところへ 
でかけていくの。

ブロンズ新社 
2011年9月25日 初版


f0139963_22131996.jpg

安房直子の不思議な世界に惹かれて、見つけては少しずつ読んでいます。
安房直子は1993年に亡くなっていますが、多くの作品が再販されて読み継がれています。
この作品は1973年初版
2011年第59刷
あかね書房

デテオイデ デテオイデ
キクザケツクリノ コビトサン






f0139963_22204975.jpg

この小説は、古本屋さんに出るのを待っていました。
BOOK OFFに出ました!!
682円で購入。
湊かなえにはまっています。

2011年3月第1刷
文藝春秋
by hohho-biny | 2011-10-22 22:46 | ホッホー文庫

読書の秋

f0139963_23222950.jpg


秋らしくなり、ミセバヤが満開です。










f0139963_23225141.jpg



ピラカンサスも赤みが増して
きました。






f0139963_23231043.jpg


コーヒーは豆から挽きます。
今月は、ハロウィンブレンド♪
おいしいコーヒーを飲みながら
ミステリーに夢中♪







f0139963_2327749.jpg

   読書の秋です。
   久し振りにケース入り単行本を
   買ってしまいました!
   湊かなえの作品が、
   絵本とセットになっていたから♪
   これは、新企画ですね!

   本日、読了。
   ヒューマンミステリー






f0139963_23272035.jpg
この二冊セット
デビュー作の絵本「あおぞらリボン」がベストセラーになった絵本作家と新聞記者の女性二人が主人公。
共に幼い頃、親に捨てられた過去がある。
出生の謎が明かされ、真実にたどりつくまで・・・のミステリー
途中で止められません! 内容は教えません。 うふふ
by hohho-biny | 2011-10-13 23:53 | ホッホー文庫