ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:ホッホー文庫 ( 245 ) タグの人気記事

七夕は雨

f0139963_6472227.jpg
今日は七夕。
外は雨。
今年もまた、牽牛と織姫は逢えないのですね。
今日の東京は大雨が降る予報ですから、
二人は号泣してさらに大雨となります!








f0139963_704525.jpg

牛飼いの牽牛と衣を織る織姫の星伝説。
奈良時代に中国から伝わりました。
二人は結婚したとたん、仕事もしないで遊んでばかりいたので、天の皇帝の怒りにふれ、天の川の両岸に引き離されてしまいました。
二人の悲しみがあまりにも深いので、皇帝は年に一度だけ会うことを許しました。

f0139963_735659.jpg

今日はこの絵本を読みます。
かささぎが列になって天の川にかける橋を渡って二人は再会します。
アーア 今日は激しい雨、突風になりそうで、逢えないかわいそうな二人。
でもね、遊んでばかりいた罰ですから、自分で反省するしかないですね。

f0139963_710445.jpg

雨なので、今日はこの絵本をAMさんに貸し出します。
今、ユリ・シュルヴィッツにはまっているのです。
他に「あるげつようびのあさ」と「空とぶ船と世界一のばか」も見せてあげます。

f0139963_7231781.jpg

f0139963_7233595.jpg

by hohho-biny | 2012-07-07 07:33 | 四季のうた

サムス島のエネルギー

f0139963_749108.jpg
デンマークのサムス島は、首都コペンハーゲンから100キロほどの所にある人口約4000人の小さな島です。
15年前、この島で使うエネルギーの全てを自分たちで作り出す計画が始まりました。
「自然エネルギーで、全ての電気を!」という大きな夢のプロジェクトです。
実話を元に描かれた小さな島の住民たちの取組みの物語です。


風車による電力、太陽の光、農業廃棄物を燃やして得る熱などの自然エネルギーによって、島の人々が使う電力と暖房用の熱の全てをまかなう取組みに成功したのです。
火力発電所で石炭や石油、天然ガスを燃やせば、地球温暖化の原因の二酸化炭素が大量に出るし、原子力に頼れば処理できない放射性廃棄物が大量に出る。
そういうものには頼りたくない。
「いくら使ってもなくならない自前のエネルギー源を持とう」という素晴らしい夢の実現!!
脱化石燃料、脱原発へのヒントが描かれています。
さて、ホッホーのささやかな省エネは・・・
マイカーは持たず、電車・バス・自転車を利用
自分の足で歩く
日の出と共に早起き
扇風機はないので、自然風と団扇
ファンヒーターはないので、湯たんぽ

2012年2月20日 福音館
by hohho-biny | 2012-06-29 08:38 | ホッホー文庫

ふくろうの時代小説

f0139963_6535022.jpg

本屋さんでキョロキョロしていたら・・・
飛び込んできた”ふくろう”の文字!!
長編時代小説です。
ふくろうの挿絵はどこにもありません。
時代小説は好きな作家以外読まないホッホーです。
梶よう子作(存知ません)講談社  1500円
2012年6月14日 第1刷 
手彫りふくろうの根付にこめられた父子の秘密!!
迷ったのですが、買ってしまいましたぁ~



江戸城の西丸書院番士に引き立てられた鍋次郎。
新入りをいじめ抜く城内の旧体制。
仕組まれた壮絶ないじめ!
お役人はどこまで耐えねばならないのか?ドロドロした欲と金と出世、お家継承。
町で会った初対面の老武士に「許してくれ」と土下座され戸惑う鍋次郎。
家の奥に隠されていた自分の位牌と父の日記!
私はいったい誰なのか?
己の出生の真相に迫る鍋次郎。
ふくろうの根付に父がこめた思い・・・

いやあ~凄い小説でした!!
父の日の日曜日、ストーリー展開に惹きつけられて一気に読んでしまいました。
ふくろう繋がりでいろんな出会いがあります。
全て勉強になります。
by hohho-biny | 2012-06-19 07:36 | ふくろう

父という存在

f0139963_20262248.jpg
今日は6/17
世の中は父の日。
私は親になってから何年が経ったのだろう?
と考えてみる。
それは長男の年を数えれば判ること。
では、私の父は、
親になってから
何年が経ったのか?・・・
66年!!

66年という歳月を姉妹の父親であり続け、
しかも死ぬまで父親であり続けるわけよね。
親であり続けながら、父親の自覚がない父。
では、66年間で父親らしい時間を過ごしたのはどの位?
ほとんど家に居なかった父。
仕事という隠れ蓑を着て、家長としての権威だけを振りかざして、
家族関係を育まなかった父。
我がままで頑固な暴走老人に成り果て、現在も君臨して周りに迷惑をかけている父。
暴走老人90歳、独り暮らしの父の日。
トッピンシャンのドンドコショ。

イクメンの時代を迎え、お父さん、お母さん、子どもたちは幸せでしょうか?

f0139963_20362146.jpg
戦争で故郷を追われた少年家族が命からがらたどりついたのは、夏は暑く、冬は寒い
東の国。
食べ物は乏しく、いつもお腹をすかせて、
他人と一緒に、土を固めた床で眠る毎日。
ある日、お父さんはパンを買いに市場へ出かけた。
でも買ってきたのは地図!
お父さんは、大きな地図を壁に貼った。
少年は、ひもじいお腹をかかえて、
うっとりした。
狭い部屋にいても、心は遠くへ飛んだ
地図のおかげで、少年はひもじさも貧しさも忘れて、はるか遠くで魔法の時間をすごしていた。
少年は、パンを買わなかったお父さんをゆるした。

作者はポーランド生まれのユリ・シュルヴィッツ
「よあけ」「ゆき」の作者です。
扉に”父の思い出に”とあります。
第15回日本絵本賞翻訳絵本賞
2009年コルデコット賞銀賞受賞作

f0139963_21164999.jpg

世の中のかわいそうなお父さんたちに、今日のベランダの花を捧げましょう。

ビヨウヤナギ






f0139963_210957.jpg

               リコリスの二番花
by hohho-biny | 2012-06-17 21:17 | ホッホー文庫

97歳 女の輝き

f0139963_2147550.jpg

今 話題の女性 笹本恒子
97歳 現役のカメラマン
素敵な独り暮らし
「バラ色の人生をめざして」
毎日を楽しく素敵にバラ色にすごして、
枯れ木ではなく、美しいドライフラワーに
なれるように。

老いてなほ 艶とよぶべきものありや 
花は始めも終わりもよろし 斉藤 史

「97歳の幸福論」読了
それなりの努力の賜物です。



f0139963_215703.jpg

この写真集は、16年前のものです。
1996年5月13日、銀座の資生堂別館で開かれた展覧会にホッホーは出かけました。
自分の道を切り開いて輝いている素敵な女性たちに出会うために。
当時、”いま”を生きる明治の女性たち60人を撮影した写真展でした。
笹本さんは女性報道カメラマン第1号

戦前の男性上位社会の中で、子どもを育て、家事をこなし、さらに自分の道を切り開いてきた女性たちの姿を記録として残しておきたい。と6年がかりで撮影したのでした。
加藤シズエ、佐多稲子、杉村春子、秋野不矩、住井すゑ、丸木俊、櫛田ふき、飯田深雪、等など
どの方も、凛とした佇まいが美しく、女の晩年はかくありたしとホッホーは思ったのでした。

f0139963_22255489.jpg

1996年5月13日に写真展を観たあと、
サインしていただきました。












f0139963_23131614.jpg


昭和が鮮やかに蘇る写真集も持っています。
力道山、井伏鱒二、岡本太郎、花森安治、新藤兼人などの男性の写真も含めて約100名、懐かしい時代にタイムスリップ。

2003年10月  清流出版
by hohho-biny | 2012-06-15 23:38 | ホッホー文庫
f0139963_2024854.jpg
お腹が痛い坊やのお腹から出てくるのは、あおりんご、ケーキ、ソーセージ、シャベル、自転車等など次々と飛び出します。
美しい影絵の絵本で、左ページがカラー、右ページが白黒、影絵しばいのよう。
アメリカの絵本

f0139963_2031141.jpg
       女の子マギーが星に願った「船がほしいの。自由に海を走りたいの」
       弟とふたりで海に乗り出します♪ 
       子どもの夢をかきたてる楽しいお話。アメリカの絵本

f0139963_2034658.jpg
       シンデレラのお話をマーシャ・ブラウンが文と絵で綴る美しい絵本です。

f0139963_204140.jpg
       エルンスト・クライドルフの美しい絵本。
       草原にバッタと暮らしている小人たちの日常を描いたスイスの絵本。
       結婚祝い、お隣さんとの喧嘩、決闘、仲なおり・・・

f0139963_2044175.jpg

       デンマークの元気いっぱいの愉快な絵本。
       小さな機関車は、大きな駅の構内でせっせと働いていました。
       せめて隣の町まで行きたいと夢見て、ある日突っ走り・・・
by hohho-biny | 2012-06-14 20:55 | ホッホー文庫
f0139963_23334528.jpg

福音館書店が創立60周年を記念して、11作品の世界傑作絵本を復刊しました。
かつて高い評価を得ていたにもかかわらず、重版されることなく眠っていた名作の復刊を望む声に応えて復刊されたものです。
そのうちの5冊は、すでにホッホー文庫にあります。
30~40年前に初版を購入したものや20数年前に復刻された時のものです。
出して来て再読すると、その絵本の絵も文章も美しく輝いて感銘を受けます。
我が人生で何回も感動する機会に恵まれた幸せを呼ぶ絵本たちと出版社の努力に拍手拍手です。
優れた作品を後の世に伝えたい熱い思いが作品にも編集者にも溢れています。

オランダの民話です。
しあわせな二羽のふくろうの質素で豊かな暮らしぶりに大いに学ぶものがあります。

f0139963_23335792.jpg

1935年ポーランド生まれのユリー・シュルヴィッツ作・絵の美しい絵とお話の流れにうっとりしてしまいます。
絵本のページをめくる度に広がる静かな世界と余韻がいつまでも胸に残ります。

f0139963_23583034.jpg

スイスの作家エルンスト・クライドルフ作・絵の美しい自然と楽しい空想力に彩られた作品。
アルプスで療養生活を送った体験が大自然に息づく生き物の観察眼や独自の想像力を育み、格調高い作品を生みました。
今月半ば過ぎにBunkamuraザ・ミュージアムで開かれる「クライドルフの世界展」で原画に出会うのが楽しみです。
by hohho-biny | 2012-06-13 23:59 | ホッホー文庫

古本の楽しみ

f0139963_2342291.jpg
久し振りに古本屋巡りをしました。
主に児童書コーナーですが、好きな作家やふくろう本を見つけるのが楽しみです。
みすず書房の”詩人が贈る絵本”は、詩人長田弘から大人に贈られた素敵な絵本ですが・・・
一冊が1800円で高いのです。
全部で14冊あるのですが、もっぱら古本屋で見つけてコツコツ集めています。
残るは三冊となりました。





f0139963_2355151.jpg

大好きなガブリエル・バンサンの絵本です♪
バンサンの絵本も高いので、多くは古本屋で見つけました。








f0139963_23583034.jpg

作者のゴールデン・マクドナルドは、マーガレット・ワイズ・ブラウンのペンネームです。
「おやすみなさいおつきさま」の
作者。
1910年ニューヨーク生まれ。
42歳で永眠。
レナード・ワイスガードの絵が素敵です。
1947年度コールデコット賞受賞


f0139963_2359193.jpg

美しいふくろうが
1ページだけに登場♪

ちいさな島でいることは 
すばらしい。
世界につながりながら
じぶんの世界をもち
かがやくあおい海に かこまれて



f0139963_0113542.jpg

エロール・ル・カインの絵が好きです。
この画家の絵本も集めています。
1941年シンガポール生まれ。
1989年48歳で永眠。

アメリカの詩人ロングフェロー(1807~1882)がインディアン神話を詩にして、カインが神秘的な絵を描いています。





f0139963_015249.jpg



見開き2ページにふくろうが描かれています♪


1985年 ケイト・グリーナウェイ賞受賞






f0139963_0261564.jpg













f0139963_0265539.jpg



        文・谷川俊太郎
        写真・宮崎学
 
詩と写真がリズミカルに呼応して素晴らしい♪

2003年11月第1刷  ベネッセ
by hohho-biny | 2012-05-21 00:50 | ホッホー文庫

ひなちゃんがやって来た

f0139963_2220541.jpg

昨日の夕方、ひなちゃんがやって来ました。
早速、絵本を出して読み始めました。





f0139963_22215090.jpg





     「ムーミンのたからもの」を
     ママに読んであげています♪
     年長さんですが、上手に読めるんです!




f0139963_22281527.jpg



さて、次はしかけ絵本の始まり始まり~






f0139963_22295991.jpg



絵本にネコが出てくると、ひなちゃんが連れてきたネコのぬいぐるみ(何故か名前があんこ)とにらめっこさせて喜んでいます。








f0139963_22334732.jpg


さて夕飯です。
ひなちゃんに盛り付けを手伝ってもらいました。
なるべく美しく並べてね~




f0139963_22364329.jpg


   ひなちゃんにもらったおみやげと記念撮影♪
   何故か”あんこ”ネコも写るんです♪





f0139963_22385443.jpg


 ちっちゃな椅子!
 ふくろう尽くし♪






f0139963_2239653.jpg


     これはエコボロル!
     飲み物入れて持ち歩ける
     空いたら丸めて収納
     繰り返し使える






f0139963_22425664.jpg
        今日は、世の中 ”母の日” ハハハ        
        今、ベランダで咲いている花を結集して、母の花コーナーにしました。
by hohho-biny | 2012-05-13 23:09 | ホッホー文庫

漫画に学ぶ

f0139963_7564360.jpg

3.11震災・原発事故後、萩尾望都が月刊flowersに発表して話題になった漫画です。
読みたいと思っていたら、作品集になって出たので、早速購入。
<作者の言葉>
「あの日」から、私は胸のざわめきが止まらなくなった。
今は、きれいで美しいものは描けないと思った。
ずっとザワザワしていた気持ちが、これを描き終った時、ちょっと静かになりました。

放射性物質と人間の関係を鋭く描いて静かに告発しています。
漫画を通して読者に原発と現代の繁栄を考えさせる資料になっています!
さすが萩尾望都だなあと思いました。

<収録作品>
なのはな・・・原発事故後のフクシマで生きる少女がある日、夢で巡り会ったのは・・・
プルート夫人・・・プルトニウムは絶世の美女。その美しさに魅入られた人々の運命は・・・?
雨の夜 ウラノス伯爵・・・その男の正体はウラン。その甘いマスクと言葉に抗えば抗うほど・・・
サロメ20××・・・人気絶頂の踊り子・サロメが、突然地下深く囚われの身となるが・・・?
なのはなー幻想「銀河鉄道の夜」・・・少女を乗せたジョバンニ線が、カンパネルラ駅へ向けて発車するーー
by hohho-biny | 2012-05-11 07:56 | ホッホー文庫