ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:ふくろう( 44 )

オタクの目線

f0139963_6445160.jpg今日は晴れ。
暑くなりそうです。
土曜日は半ドンなので、午後は気ままに路上探検に出かけたり、普段できないことをします。
ふくろうオタクの目線は、歩いている時もふくろうを探しています。その訓練を積むとふくろうの方から目に飛び込んできてくれます。
同伴者がいる場合は、同伴者も洗脳されてふくろう目線になっているので、よく発見してくれます。
これは通勤途中の商店街の居酒屋のショーウィンドーに飾られているのを、同伴者が見つけてくれました。

f0139963_6544634.jpg

      同じく商店街のお好みやさんの入り口足元にある
      ふくろうランタンです。
      夜になると電球が灯ります。

f0139963_6574860.jpg


長野で泊まったホテルのエレベーター横に掛かっていたのれんです。
友人のほうが先に見つけました。



f0139963_713512.jpg

       メアリーローズガーデンの中にある骨董やに
       陳列してあった額の一つにふくろうが・・・
       こういうものを買う趣味はないので、ちょっとだけパチリ。



f0139963_7172552.jpg

長野から連れて帰って来たふくろうたちです。
銘々皿は軽井沢彫り。
上にのっているお菓子は、
紅やの和三盆糖みみずく。
by hohho-biny | 2007-10-06 07:23 | ふくろう
f0139963_23542884.jpg
今日はハッピーちゃんのお引越しでした。
研究都市つくばの豪邸で生まれ、おんばひがさ(乳母日傘)でお育ちになったアンティーク嬢お福さま、愛称ハッピーちゃんが何とこのホッホー庵にお引越し遊ばされたのでございます。
家人留守がちタンスにゴンの環境でどのようにお暮らしになるのでございましょうか?
ホッホーは急いで押入れの奥から籐椅子を出し、わが庵の番梟3羽をガードマンとして配備したのでございます。ハイ
f0139963_2341896.jpg
ハッピーちゃんは、「わたくし、本当は自由と孤独が好きなの。どうぞ構わないでくださいね。」とホッホーの耳元でささやいたのでした。
豪邸の番犬トイプードルはうらやましそうにハッピーちゃんを見送っていました。
f0139963_23422127.jpg

by hohho-biny | 2007-07-18 23:53 | ふくろう
f0139963_5582739.jpg
昼休み、食事に行こうと自転車を走らせていると、前を走っていた友人が「ホッホーがいますよ~」と教えてくれました。よそのお宅の玄関脇でしたが、門がオープンタイプだったので、
パチリ!レンガをバックに緑の中に鎮座している姿は風格があります。

f0139963_693548.jpg
南池ふくろう広場という何もない小さな広場を見つけました。広場なのに何故扉を閉めておかなければいけないのか????? 
「開けたら閉める」の教訓?
お役所のやることはどうも理解しがたいです。


f0139963_6101313.jpg
by hohho-biny | 2007-07-01 06:18 | ふくろう
ホッホー便のブログを開設しました。
ホッホー便は私自身への心の処方箋です。
忙しく過ぎ行く日々の中で、ふと立ち止まって考えたり、
耳をすませたり、絵本を読んだりして、ほっとするひとときを
大切にしたいを思う今日この頃・・・
内容は「気ままに ケセラセラ・・・」
気まぐれホッホーですが、クスッと笑って幸せになりたいなあ・・・
幸せのおすそ分けができれば嬉しいです。

f0139963_22302415.jpgコンビニの前に立つふくろう像の下には

若者も老人も今を精一杯生きよう

と書いてあります。

すぐ近くに老健施設があります。
by hohho-biny | 2007-06-10 22:33 | ふくろう