ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:花時間( 138 )

8月の終りに

f0139963_6175861.jpg8月31日、今日で8月は終りです。
今朝はうっすら雲っています。
仕事は棚卸しの日です。
角トラノオが淡いピンクの花を咲かせています。
角がついているのは、茎が四角いからです。
f0139963_6245037.jpg
ヤマホロシも蔓に可憐な薄紫の濃淡の花をつけています。

8月は一ヶ月間、毎朝ブログに書き続けてみました。
ブログという装置に疑問を抱きながら、日々更新するとはどういうことなのかを実地検証してみたかったのです。
楽しくもあり、苦しくもあり、虚しくもありました。
まず、毎朝30分から1時間の時間を生み出さねばなりません。
ペットを飼っているようなもので、何をたべさせようかとか、何を着せようかとか悩み、短時間で思いをまとめます。
写真が多い方が楽しいしわかりやすいと思い、写真を選び、思いを伝える言葉と文章を組み立て、配置を考え、何度もプレビューで編集しなおし見やすく、わかりやすく、楽しくをモットーにしてきましたが、所詮、丸裸で舞台に踊り出るようなものです。
一ヶ月を振り返ると、本音で生きている私の生活振りや考え方が丸見えになっています。
自分は熱い人間であるけれども、読者の姿は見えないということがよくわかりました。
f0139963_6564432.jpg
AMさん、o-liveさん、のむみち、kinumamaさん、コメントをありがとうございました。
応答してくだった方々に励まされましたが、情報を得るだけで反応のないアクセスが圧倒的に多いことがわかりました。
きっと皆さん忙しくて、他人とも自分とも向き合う余裕がないのでしょう。
   「それでも私は書き続けるのか?」
   ちょっとこの辺で一休みしてよく考えてみます。

   最後に一句   パソコンに踊らされたくない私   ホッホー

   皆さん、お体に気をつけてお過ごしください。
   さいはての駅で線路は終わっても、人々の暮しは続くのです。
by hohho-biny | 2007-08-31 07:10 | 花時間

夏の花

f0139963_6393016.jpg毎日暑くて大変です!
今日も朝からギンギラギン!
花の水やりが大変なのです!
毎朝20分以上かかります。
すべて鉢植えなので、花たちもこの暑さで
くたびれてきました。

f0139963_64439.jpg

朝顔はそろそろ終りです。
ヘブンリーブルーとスカーレットオハラが
今年も充分楽しませてくれたことに感謝。

f0139963_6462039.jpg
アメリカンブルーはまだ元気です。
アッチャコッチャに伸びる自由奔放な花なので、
写真に納まりきれず。


f0139963_6501918.jpg

玄関脇のギボウシが咲きました。
いつの間にか足元でひそやかに咲くので、見過ごすこともあります。
by hohho-biny | 2007-08-22 07:01 | 花時間

暑い!!

f0139963_6343981.jpgこの暑さのなかで、ポーチュラカだけが元気です。
今朝6時のショット。
室温は朝から30℃です。
早寝早起きの一日花。朝早く開き、夕方にはしぼんで生を終えます。
スベリヒユ科の宿根草。
そうか・・・今日一日の命と思えばこんなに色鮮やかに元気いっぱい咲けるのか・・・
”また明日もあるさ”と思ってしまう私。

  明日のために今夜も飲むぞ~
  一日でこれ全部飲んだわけではありません。
  誤解のないように。
  茨城県木内酒造の常陸野ネストビールで日本風、英国風、ベルギー風、ドイツ風など
  種々の味が楽しめます。
  栓とラベルがふくろうマークなので気に入っています。
f0139963_743330.jpg

by hohho-biny | 2007-08-08 07:10 | 花時間

小田実と阿久悠

f0139963_634444.jpg
小田実75歳、阿久悠70歳、共に1960年代、1970年代から今日まで、時代を確かに読み取り行動し駆け抜けていきました。彼らに哀悼の意を表して北海道の花を捧げます。
若い頃、小田の旅行記「何でも見てやろう」を読んで目からウロコでした。以来彼の行動にはずっと注目してきました。いつも熱い思いで新聞を切り抜きました。「べ平連」(ベトナムに平和を1市民連合)、「日市連」(日本はこれでいいのか!市民連合)、関西大震災の「被害者生活再建支援法」「市民の意見30の会」、憲法「九条の会」などの運動に一貫した行動力を示してくれました。時々デモに参加した熱い思いが記憶されています。不正や殺戮を黙って見過ごさず勇敢なる行動的知識人だった小田さんありがとう。


f0139963_6553959.jpg 
阿久悠の作詞した歌と共に暮らしていた日々があります。手がけた歌がなんと5000曲以上、レコードの売上げ6800万枚以上というからすごい!!私も沢山持っています。ひとつひとつの歌に生活のさまざまな思いが交差します。昨夜NHKで放送されたプレミアム10「ありがとう阿久悠さん」を見ました。「ペッパー警部」「UFO」「北の宿から」「青春時代」「また逢う日まで」・・・ほとんどの歌を一緒に歌えました。時代の記憶をありがとう。





f0139963_7112335.jpg

お二人には戦争体験が基盤にあります。どんなに平和を望んでいたことか・・・
和田あきこが歌った「あの鐘を鳴らすのはあなた」を歌ってお二人を偲びます。
         あなたに逢えてよかった
         愛しあう心が戻ってくる
         やさしさやいたわりやふれあう事を
         信じたい心が戻って来る
         町は今 砂漠の中
         あの鐘を鳴らすのはあなた
         人はみな 孤独の中
         あの鐘を鳴らすのはあなた
by hohho-biny | 2007-08-04 07:30 | 花時間
f0139963_21414490.jpg
石垣りんと茨木のり子の詩が似ているとのご指摘があり、ホッホーな~るほどと思いましたので、茨木のり子の「倚りかからず」を抜粋します。彼女は去年の2月に永眠。孤独死でした。
f0139963_221820.jpg


私にも好きな傾向があって、どうしても偏ってしまうのですが、まず毅然としてまっすぐであること、自由と孤独を抱えて生きていること、人生を楽しんでいること等が選択基準となります。
f0139963_222838.jpg

         倚りかからず   茨木のり子
f0139963_23461364.jpg      
       もはや
       できあいの思想には倚りかかりたくない
       もはや
       できあいの宗教には倚りかかりたくない
       もはや
       できあいの学問には倚りかかりたくない
       もはや
       いかなる権威にも倚りかかりたくはない
       ながく生きて
       心底学んだのはそれぐらい
       じぶんの耳目
       自分の二本足のみで立っていて
       なに不都合のことやある
       倚りかかるとすれば
       それは
       椅子の背もたれだけf0139963_22154374.jpg

私の前にある鍋とお釜と燃える火と  石垣りん  
  
  それはながい間
  私たち女のまえに
  いつも置かれてあったもの、

  自分の力にかなう
  ほどよい大きさの鍋や
  お米がぷつぷつとふくらんで
  光り出すに都合のいい釜や
  劫初からうけつがれた火のほてりの前には
  母や、祖母や、またその母たちがいつも居た。
f0139963_23283087.jpg
  その人たちは
  どれほどの愛や誠実の分量を
  これらの器物にそそぎ入れたことだろう、
  ある時はそれが赤いにんじんだったり
  くろい昆布だったり
  たたきつぶされた魚だったり
  台所では
  いつも正確に朝昼晩への用意がなされ
  用意のまえにはいつも幾たりかの
  あたたかい膝や手が並んでいた。
f0139963_2354084.jpg
  ああその並ぶべきいくたりかの人がなくて
  どうして女がいそいそと炊事など
  繰り返せたろう?
  それはたゆみないいつくしみ
  無意識なまでに日常化した奉仕の姿。
  
  炊事が奇しくも分けられた
  女の役目であったのは
  不幸なこととは思われない、
  そのために知識や、世間での地位が
  たちおくれたとしても
  おそくはない
  私たちの前にあるものは
  鍋とお釜と、燃える火と
f0139963_237913.jpg
  それらなつかしい器物の前で
  お芋や、肉を料理するように
  深い思いをこめて
  政治や経済や文学も勉強しよう、

  それはおごりや栄達のためでなく
  全部が
  人間のために供せられるように
  全部が愛情の対象あって励むように。
f0139963_238470.jpg

彼女たちが遺してくれた素晴らしい言葉の力に感謝して、利尻・礼文の花々を捧げます。
by hohho-biny | 2007-07-31 23:52 | 花時間

花と向き合う

f0139963_727138.jpg

今朝は晴れ。
朝顔が一つ咲きました。西洋アサガオでヘブンリーブルーといいます。天国の青と訳すのかしら?日本の朝顔は午前中にしぼんでしまいますが、ヘブンリー君は夕方まで咲いてくれてお利口です。さらに昼から夕方にかけて色変わりします。淡いブルーから青、赤紫と変化。右下が昨日咲いた花、右上がつぼみです。生命力たくましく、次から次へ花を咲かせて秋まで楽しませてくれます。
そのうち紐を横に張って夏空に花開く日々を楽しみます。


f0139963_7481193.jpg
アッツザクラです。よく見るのは濃い桃色の花でもう終わりましたが、黄色は珍しい。南アフリカ原産のヒガンバナ科の球根で、次から次へと咲いてかわいい黄色で癒してくれます。右にチラッと見える赤はヒネムノハナです。はなびの木ともいわれるようです。鮮明な赤と花の形が素敵です。
路地裏風に無造作にベランダに並べてある鉢植えたちが、無味乾燥な忙しい日々を彩ってくれます。
by hohho-biny | 2007-06-28 08:12 | 花時間

紫陽花

雨上がりには紫陽花の花がひときわ鮮やかです。
桃色、水色、藍、青、紫、赤紫、白と日ごとに目を楽しませてくれます。
「移り気」「威張りや」「あなたは冷たい」などの花言葉がありますが、
色とりどりの変化が私たちの気持ちをなごませてくれます。
ユキノシタ科の落葉低木です。
水やりを怠るとすぐにクタッとなります。
写真は「すみだの花火」というガクアジサイです。粋な命名ですね。
では一句
       わたしって 紫陽花に似て 七変化   ホッホー
f0139963_03494.jpg
by hohho-biny | 2007-06-16 00:06 | 花時間

雨の日の花

f0139963_039213.jpg今朝はでした。

ベランダの花たちはしっとりとして色鮮やかです。

特に桃色のタキツスベルスが目立ちました。
メキシコ原産のサボテンでベンケイソウの仲間です。

毎年この季節に咲きます。
花の造形美が見事です。
f0139963_0413923.jpg

毎年冬に鮮赤色の実がなると気がつくのに、その花の
時期を見逃してしまうのが、
南天の花
白いかわいい花がお行儀よく並んで咲いています。

ブログを始めたお陰で今年はじっくり観賞しました。
by hohho-biny | 2007-06-12 00:31 | 花時間