ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2012年 01月 14日 ( 2 )

母が娘二人に贈った言葉

f0139963_2384038.jpg
かつて、娘たちが嫁ぐ日に母が贈った版画と短歌。
母も娘たちも、今はすっかり忘れてしまった一連の写真に添えた短歌。
忘却の彼方の過去を記憶にとどめるために記録しておきます。
大正生まれの母が昭和の娘たちに託した気持ち。


        芽吹きたる桜並木の道の辺に
                春を拾いて北に運ばん

        親と呼び子と呼ぶかたち印画紙に
                刻めばすがし春宵の宴

        青草のもゆるに似たるふたりにて
                残雪の駒岳春のけわいす

        大きなるケーキに真向い大きなる
                心持てよと声の寄せくる

        あしたよりはばたく翼蒼穹に
                ここにも生の命あたらし

        あるかなきか細々つづく一筋の
                道のゆくてに春愁のあり

f0139963_2322324.jpg














        胸元にかすかににおう洋らんの
                ゆれとどまらぬ春の宴よ

        かくれんぼおにさんこちらと呼ぶ声の
                今宵に限る吾が子との距離

        祝福を翼にのせてはばたかん
                春冷えしきる空の極みに

        はしとはしふたりで持てばなわとびは
                しあわせの文字うまくくぐせり

        子の干支をかかえてみれば物言わぬ
                口から尾まで血の通いくる

        コバルトの海に浮かびてなお染まぬ
                若人の顔 陽に輝けり
by hohho-biny | 2012-01-14 23:50 | セピア色の時間

紙上の技法学

f0139963_7263078.jpg

1/9 武蔵野市立吉祥寺美術館へ行きました。
ビルの7階にある小さな美術館ですが、個性的な展覧会をやります。
入館料は100円。ホッホーは今年から無料になりました♪

「紙の上の技法学」
紙という素材の上に、様々な技法を凝らして描かれた作品に出会えます。
図書館流通センター相談役の石井昭氏が蒐集した逸品が、技法を解説しながら展示されています。

チラシの表は、瑛九の「蟻のあしあと」
作品上段左から、難波田史男「無題」、大沢昌助「女性像」、桂ゆき「虎の威を借る狐」
下段左から、猪熊弦一郎「窓」、加納光於「葡萄の葉」、菅井汲「大阪のみやげ」、
池田満寿夫「五月」

帰りに、吉祥寺の商店街で”小ざさの最中”を買いました。
ホッホーも紙の上の技法で遊んでみました♪
by hohho-biny | 2012-01-14 07:51 | 展覧会