ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2011年 08月 20日 ( 1 )

f0139963_5371378.jpg岩波ホールで映画「おじいさんと草原の小学校」を観ました。
おじいさんキマニ・マルゲ(1920ー2009)は、84歳。
かつて教育を受けたことがない。
舞台はアフリカのケニア。
イギリスの植民地支配から独立を勝ち取った39年後の2003年、無償教育制度が始まり、田舎の小学校へ子ども達が押し寄せた。
その中に”文字を読みたい”一心で入学を切望する老人マルゲがいた。
何度も門前払いを受けながら、あきらめないマルゲに、ジェーン校長が周囲の反対を押し切って入学を認める。
二人の友情、人間愛あふれる関係が素晴らしい!!
子ども達の生き生きとした姿が、ケニアの大地に解放されて美しい♪
マルゲには、ケニア独立と自由のために戦った50年前の過去の悪夢(妻子虐殺など)があるが、過去は過去として見つめ、壮絶な過去を乗り越えようとする。
その深い葛藤の姿と情熱が感動を呼ぶ。
最後、小学校の外に向かって駆け出す子ども達に、未来への希望があふれている。
マルゲや校長先生の思いが、子ども達に受け継がれていくに違いないと思わせる
力強い映画。

「私にとって自由とは、学校に行き学ぶこと。もっともっと学びたい」
「誰にだってチャンスはある。だから、死ぬまで諦めない。」
死ぬまで勉強を続けた信念の人!!!

後に国連で学校に通えない子ども達のためにスピーチした実在の人物の実話です。
是非是非、ご覧下さい。
by hohho-biny | 2011-08-20 07:40 | 映画時間