ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2011年 06月 19日 ( 2 )

         奈々子に        吉野 弘

                  赤い林檎の頬をして
                  眠っている 奈々子。

                  お前のお母さんの頬の赤さは
                  そっくり
                  奈々子の頬にいってしまって
                  ひところのお母さんの
                  つややかな頬は少し青ざめた

                  お父さんにも ちょっと
                  酸っぱい思いがふえた。

                  唐突だが
                  奈々子
                  お父さんは お前に
                  多くを期待しないだろう。
                  ひとが
                  ほかからの期待に応えようとして
                  どんなに
                  自分を駄目にしてしまうか
                  お父さんは はっきり
                  知ってしまったから。

                  お父さんが
                  お前にあげたいものは
                  健康と
                  自分を愛する心だ。

                  ひとが
                  ひとでなくなるのは
                  自分を愛するのをやめるときだ。

                  自分を愛することをやめるとき
                  ひとは
                  他人を愛することをやめ
                  世界を見失ってしまう。

                  自分があるとき
                  他人があり
                  世界がある。
 
                  お父さんにも
                  お母さんにも
                  酸っぱい苦労がふえた。
                  苦労は
                  今は
                  お前にあげられない。

                  お前にあげたいものは
                  香りのよい健康と
                  かちとるにむずかしく
                  はぐくむにむずかしい
                  自分を愛する心だ。

                          「贈るうた」より  吉野 弘
                          花神社 1992/4/10 初版第1刷


こんな父親なら良かったのに・・・_f0139963_18343884.jpg

by hohho-biny | 2011-06-19 18:48 | 詩の時間

ねえ とうさん

ねえ とうさん_f0139963_10424277.jpg今日は、6月第3日曜日、父の日
一年に一度 ”父の存在”を見直す日

「ねえ とうさん、さんぽに ゆこう」
「よしよし」
「ねえ とうさん、てをつないでもいい?」
「よしよし」
「ねえ とうさん、かたぐるま してくれる?」
「よしよし」
「ねえ とうさん、およいでくれる?」
「よしよし」
「ねえ とうさん、はしが ながされてるよ」
「よしよし」
(とうさんは、大きな木をばきっと折ると川に橋を渡す)

「すごい! とうさん」
「ねえ とうさん、ぼく、とうさんの子どもでうれしいよ。すごく とうさんらしいもの」
くまの子は とうさんを みあげて、いいました。
「おれは ただ、くまらしいだけさ。くまだからね」
とうさんは、しずかに いいました。

佐野洋子作 2001/11/20 初版第1刷
小学館

こんなお父さんなら、子どもに尊敬されます。
子どもから 「おとうさん♪ だいすき♪」  って
言ってもらえないお父さんも世の中には多いことでしょう。
ホッホーのお父さんもしかり。
それはなぜ?
それは、お父さん! 貴方自身のモンダイです。 
子どもたちは、親をよーく見ているのですよ。 うふふ

かつて18歳の少年Tが父親に宛てた手紙 ”らりぱっぱれたー お父様スペシャル”
家父長制を重んじて権威を振りかざす父親を批判し、
「親子よりももっと大切なことは、確立された人間としての相互理解じゃないか?」 
と提言した少年Tの独立宣言でした。少年Tは、いつか小説家になるかもしれません。

ねえ とうさん_f0139963_11112847.jpg
「オトーさんという男」について知りたい方は、この漫画を参照してください。
作者益田ミリのまえがきを書き写します。

オトーさんは、
わかりやすくて、わかりにくい。
身近なはずなのに、
とてつもなく離れている気がする。
娘に、素直に接することができず、
見ていて気の毒なこともある。
好かれたい気持ちが空回り。
愛情の表現が、ときに、ズレている。
オトーさんは、
わかりやすくて、わかりにくい。
そして、ちょっと面倒くさい。



だけど、自分のからだの半分は、オトーさんである男の血でできているのだった。
考えてみれば、何とも不思議なことである。
オトーさんって、一体、どういう存在なのだろう?

この漫画は、2011/1/29のブログ「今はまっている漫画」に載せたので、興味のある方は検索して下さい。


ねえ とうさん_f0139963_11253153.jpg
世の中のかわいそうなお父さんのために、
父の日にホッホーのベランダで咲いている
美しい花々を捧げます。











ねえ とうさん_f0139963_1126043.jpg













ねえ とうさん_f0139963_11264059.jpg











ねえ とうさん_f0139963_11264932.jpg













ねえ とうさん_f0139963_1133598.jpg











ねえ とうさん_f0139963_11342367.jpg
by hohho-biny | 2011-06-19 12:29 | ホッホー文庫