ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2011年 06月 16日 ( 2 )

紫陽花の名前

f0139963_742484.jpg

セイヨウアジサイ










f0139963_743592.jpg

         ガクアジサイ









f0139963_7444285.jpg

城ヶ崎









f0139963_7455192.jpg

         クロヒメアジサイ









f0139963_7465640.jpg

ヤエカシワバアジサイ










f0139963_7474815.jpg

               アナベル










f0139963_748244.jpg

ウズシオアジサイ









f0139963_7491681.jpg

          シロフイリガクアジサイ











f0139963_7502444.jpg

コアジサイ









f0139963_751150.jpg

            帯化ヤエアジサイ











f0139963_7523677.jpg
青色・・テマリエゾアジサイ
白色・・白花ガクアジサイ

高校の中庭にて
6月15日 撮影ホッホー
by hohho-biny | 2011-06-16 08:01 | 花時間

ゾマーさんのこと

f0139963_612487.jpg
「ゾマーさんのこと」 再読
裏の見開きに1993年6月24日読了とありますら、18年前に読んだ本です。
強烈な印象が残っています。
今でもゾマーさんがスタスタ歩いている姿を想像できます。

「君は、君の中にゾマーさんを見たか?」と
あの人に言われた時、ドキリ!としました。

物語はドイツの田舎町に住む木登りの大好きな少年の追想で展開します。
町には、湖があり、林があり、風、雲、空、光、波、雪・・・自然に彩られたのどかな暮らしがあります。
町の人たちは誰でもゾマーさんのことを知っています。

ゾマーさんは、いつもリュックサックをしょい、長いステッキを持って、黙ってスタスタスタスタ歩いています。
1日16時間歩き続けています。
”ゾマーさんは何者か?どこから来たのか?どんな過去があるのか?” 誰も知りません。
少年は一度だけゾマーさんの声を聴きます。
そのゾマーさんの一言が、衝撃的!!

遠い記憶、戦争の影、沈黙、少年の夢・・・想像力をかきたてられます。

どうぞ一度お読み下さい。

文・パトリック・ジュースキント
絵・ジャン=ジャック・サンペ(☆大好き大好き☆)
訳・池内 紀
1992/11/25第1刷 文藝春秋
by hohho-biny | 2011-06-16 06:59 | ホッホー文庫