ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2011年 05月 04日 ( 1 )

連休は映画三昧

f0139963_19341412.jpg
片道15分のローカル線で偶然に乗り合わせた乗客たちが、ちょっとしたきっかけでほんの少し出会い、ちょっと影響し合い、何かを得て決意新たに再生していく・・・

「人はそれぞれ皆 いろんなやりきれない気持ちを抱えて生きている。死ぬほどつらいわけではないけれども どうにもならない思いを抱えて生きている。そして、その気持ちは誰にも言えないのだ。」

このナレーションで・・・また泣いてしまいました。

人と人とのふれあいに胸が熱くなります。

f0139963_19343760.jpg

婚約相手を寝取られた女、恋人の暴力に悩む女、都会の学生生活になじめぬ大学生、いじめに悩む小学生、騒々しいオバサン軍団に合わせられぬ主婦など、それぞれが問題を抱えています。
宮本信子演じる65歳のおばあさんがキ-パーソン♪
やっぱりねー ♪しゃきっとしたハッピーばあさんが日本の未来を救うのよ♪
孫役の芦田愛菜ちゃんかわぃいよ~

f0139963_23152190.jpg

ミサの台詞 「それにな、価値観の違う人とは辛いと思えるうちに離れといた方がいいねん。自分もそっち側の価値観に慣れてしまうから」に、パチパチ。

原作 有川浩  監督 三宅貴重  脚本 岡田恵和


f0139963_20432921.jpg原作 角田光代の長編サスペンス「八日目の蝉」
蝉は生まれて7日で死ぬのに、もし八日目を生きる蝉がいたとしたら・・・どんな世界を見るのだろう?
この映画は絶対に観ようと思っていたので、初日の初回に行きました。
女とは? 母親とは? 子どもを愛するとは? 男とは??
さまざまな思いが錯綜します。
これもまた、泣けるのですよ。
父親の不倫相手に誘拐され、4年間慈しみ育てられた女の子が、本当の親の元に戻り、違和感を感じつつ大学生になり、妊娠、自分の過去への旅に出ます。
衝撃的な展開で息をのみます。
サスペンスなので、これ以上教えません。
f0139963_20434311.jpg















f0139963_2132621.jpg


ナルニアの海に導かれ、神秘の島を巡る大航海。
離れ島諸島、声の島、金水島、くらやみ島、ラマンドゥの島を巡り、邪悪な霧を追い払う冒険。
ハラハラドキドキ・・・たのし~い♪
3Dで見る迫力満点♪ 
入口で3Dメガネをもらう時、「3Dですが大丈夫ですか?」と訊かれ!!ホッホーはムッとしました。




f0139963_2135249.jpg

この壮大なファンタジーは、全シリーズを観る予定です。
今回は何といっても、カスピアン王子が、
☆す・て・き☆
by hohho-biny | 2011-05-04 21:43 | 映画時間