ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2009年 09月 29日 ( 1 )

子どもの本まつり

f0139963_2137394.jpg

27日の午前中、上野公園の中央噴水池広場に行きました。子どもの本まつりをやっていて、各児童書出版社の共同企画で、謝恩価格なのです。
近年、児童書の値段は高くて、欲しいと思ってもちょっと考えてしまいます。
新本が安くなるというのは滅多にないので、古本屋やBOOK・OFF専門のホッホーも覗いてみたのでした。
午後は仕事の研修会が入っていましたから、急ぎ足で見て回り数冊入手しました。





f0139963_21493185.jpg

長らく絶版になっていた、バーバラ・クーニーの絵本を見つけました!
故郷の村が沈められて、貯水池になってしまったお話で、クーニーの絵が何とも素敵なのです♪
ほるぷ出版 
1996年第1刷 2007年第13刷






f0139963_21553361.jpg

エロール・ル・カインの絵が好きです。
ホッホー文庫にはいろいろありますが、
これは、珍しく東洋的なタッチの絵本で惹かれました。
ほるぷ出版 
1993年初版 2007年第14刷







f0139963_2159781.jpg

酒井駒子にはまっています。
好き好き大好き♪
もの哀しいような懐かしいような記憶を呼び覚まされてふかい味わいがあります。
これは、以前から欲しかった絵本
文渓堂 
2000年初版 2009年第18刷







f0139963_2263283.jpg

荒井良二の自由闊達な画風が好きです。
これは以前から目をつけていた本
ほるぷ出版 
1991年初版 2008年第6刷









f0139963_22131096.jpg

「平和を考える本」のブースがありました。
戦争と平和の絵本がたくさん並んでいました。
半分位は読んだことがありましたが、この絵本が目に飛び込んできました。
原爆慰霊碑に50年以上も清水を供え続けている91歳のおばあちゃんのお話を聞き書きしたもので、
今年の5月初版
文研出版





f0139963_22332439.jpg

これはクリスマス絵本の棚にあるのですが、抑えた色彩が美しい絵本でふくろうとみみずくが登場するので、ふくろう絵本のコーナーにも置こうと思いました。
ほのぼのとした心あたたまるお話です。
文研出版 
1982年初版 2004年第16刷








f0139963_22412764.jpg手前のかわいくないふくろうのぬいぐるみを手に取っていじっていた時、
「あら!ホッホーさん!」と
ハリネズミさんに声をかけられました!
何とこんな所で、知り合いに会うなんて!
これもきっとふくろう君のお導きかしら?
というわけで、このかわいくないぬいぐるみを買ってしまいました♪
文庫からこの子の原本2冊を出してきて記念撮影しました♪
手に持っているのは、自分の指人形です。




f0139963_2249422.jpg

上野公園内にあるトーテンポール
通るたびに見上げるのですが、上から二番目はふくろうですよねえ・・・
英語でWE SERVEと書いてあります。
われらは奉仕する 
自由と知性は われらの国の安全
LIONSと書いてあるので、ライオンズクラブが作ったのでしょうかねえ・・・

秋の夜長・・・・・
好きな絵本をじっくり味わうのが楽しみ♪
by hohho-biny | 2009-09-29 06:56 | ホッホー文庫