ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2008年 09月 01日 ( 1 )

f0139963_97346.jpg
現存する古代ローマの遺跡の中で、最も巨大なものの一つ。
巨人(像)を意味する名詞コロッソcolosso、またはネロ帝の巨像
COLOSSO DE NEROから生じたといわれます。
周囲約527m、高さ48.5m
収容人員約5万人
4階建ての大円形闘技場




f0139963_975552.jpg

創建当時の80年頃には、ここで剣闘士や猛獣たちの闘いが毎日のように繰り広げられていました。
古代の人々は闘いが好きだったのですね!






f0139963_984149.jpg
地震のため頂上部分が崩壊したり、中世に貴族の館や教会を造るのに、周囲を飾っていた大理石像や大理石の板や円柱が奪い去られ、次第に今のような姿になってしまったそうです。





f0139963_993086.jpg










f0139963_22265043.jpg
「古代ローマの遺跡 その過去と現在」には、現在の遺跡の上にレントゲン写真のようなフィルムをかぶせると過去の姿が復元する仕掛けがあります。
創建時は、こんな形をしていたようです。
炎天下には、劇場の頂上の四方から大天幕を張ることもできたし、動物の異臭や血の臭いを消すために香水をふりかける装置もあったそうです!
右の立像はネロ帝の巨像。
ネロ帝の黄金宮殿の池のあった所を埋めて造ったのです。



f0139963_22271513.jpg
闘技場の中は、こんな様子だったようです。
開会式は100日間にわたっておこなわれ、多数の闘奴と5000頭の猛獣が使用されたといわれます。
また、グランドに水を張って模擬海戦も行なわれたらしいのです!





f0139963_8404787.jpg


公園のベンチで休憩している男の背中にイタリア国旗!!
FIFAワールドカップサッカー大会のデザインだぁ~
by hohho-biny | 2008-09-01 06:55 | 気まま旅