ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2008年 01月 30日 ( 1 )

主婦物語

f0139963_23435017.jpg
ドラえもんのポケットから人生を消す消しゴムが出たらいいなぁとの提案で、ドラえもんの消しゴムがあったことを思い出しました。
そして、ある主婦の詩が甦りました!


f0139963_23483683.jpg

「女ざかりの詩(うた)がきこえる」 福中都生子 
              あすなろ社 1978年版

       主婦物語     鵜野梅子    
                   詩集「主婦物語」より

    私は主婦でございますので
    掃除せんたく オサンドンと
    毎日 いたします
    今日 ふとんを干すか干さないか
    それは自分の気持ちしだいでございます
    すこしばかりおしゃれでございますので
    掃除の途中でも
    この間買った茶色のスカートと
    うす紫の花もようのブラウスが
    ほんとうにいい色であったかどうか
    箪笥から出してたしかめて見たりいたします
    大へんケチでもございますので
    一旦沸かした薬罐の湯が残っていると
    急いで まほうびんに入れてしまいます
    おろかで見栄っぱりなところもございます
    例えば 夫や子供を自分の持ち物かアクセサリーのように思って
    一緒に歩きたがったり
    歩くのをいやがったりいたします
    悩みらしい悩みがないので
    悩んで詩を書きますが
    大小さまざま色とりどりの
    愛をたくさん持ち合わせておりますので
    とてもいそがしく 一日は少し
    みじかすぎると思うのでございます
    私は人間でございまして
    女でございますので
    持ち合わせのたくさんの愛について
    考える事がございます
    信じたりうたがったり うたがったり信じたり
    それが本当の愛か わからなくなる事もございます
    ほんものを見つけるのには
    労り(ほねおり)とか 憎しみとか 私とかは
    全部 ケシゴムで消そうと
    思うのでござくぃますが
    容易に消えは致しませぬ
    私はひるまでも 夢を見ることができます
    夢の中の私は まっ白な花束を抱えて透明になって
    空へ昇って行くのでございますが
    もはや主婦でもなく女でもなく
    人間でもないようでございます

f0139963_0192540.jpg
女ざかりの頃に読んだ詩を突然思い出し、
「私とかは 全部 ケシゴムで消そうと」のフレーズが、ドラえもんの消しゴムと共に頭の中を駆け巡ったのです!
消しゴムはよりどりみどり、どうやって私を消すか・・・
by hohho-biny | 2008-01-30 00:43 | オタク時間