ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2007年 12月 26日 ( 1 )

ムナーリに会いに行く

f0139963_6244383.jpg
板橋区立美術館にムナーリに会いに行きました。
ブルーノ・ムナーリは
1907年イタリア生まれの造形作家です。
入口はこんなお出迎えで、感動!
中央の人物は、写真を撮っているわたくし。


f0139963_6311372.jpg

       入って正面の階段を昇ります。
       こんなに楽しいお出迎え!
       生誕100年記念 ブルーノ・ムナーリ展 
       「あの手 この手」


f0139963_6365561.jpg




ホッホー文庫にはこの2冊があります。
「木をかこう」1997、
「太陽をかこう」1998年版、至光社
この絵本に出会った時の感動を忘れられません!
訳がイタリアを愛したあの須賀敦子!(私、この人好き!)
彼女の名訳により、ムナーリの世界がより深く、美しく、楽しく迫ってきます。
f0139963_64925100.jpg
     ムナーリの自由な発想と夢のある楽しさ!
     未来派「ナンセンスの機械」
     本と遊ぶ「何か、 ものたりない」
     オブジェとしての本「読めない本」
     絵本の展開「闇の夜に」
     伝達への実験「ムナーリのフォーク」・・・


f0139963_6561651.jpg


ユーモアあふれる仕事の核には、様々なモノを新しい角度から見直して表現することへの追究とそれを何とか伝達したい意志が感じられます。
頭が固まりかけている私には、頭の体操、楽しい刺激の展覧会でした!
未来派から晩年までの仕事、300点が一挙に公開されています。
来年1/14までやっています。(12/29~1/3は休み)
by hohho-biny | 2007-12-26 07:21 | ホッホー文庫