ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

2007年 07月 22日 ( 2 )

ビヨヨ~ン

f0139963_2155491.jpg

★ビヨヨ~ンの魔女とふくろうの顔がよく見えないとのご指摘がありましたので、包装を開ける前の画像をアップしました。
ビニールが光ってしまいましたが、このようにして売られています。
ばねを吊り下げると長さ90cm位に伸びます。上下左右に動き回ります。
リバーシブルになっている優れたオモシロオモチャです。オタクにはおすすめです。
何回もビヨンビヨンさせると本当に魔女になった気分で痛快です。いつか魔女になりたいホッホーですが、魔女モノは奥が深いので目下研究中につき、うふふです。

★「ハッピーちゃんて誰?」というご質問にお答えします。
背丈12cm巾6cm位のふくろうのぬいぐるみです。Berin-koubouの手作り品です。布はすべてアンティークもので羽や胴体の生地は紅茶で染めてあるとのこと。目とまつ毛、眉、ほほ紅は手描きです。右耳には青いガラスの花飾り、洋服には十字架、首にレースを巻き、左羽にもレースを持たせてあります。ユニークな発想のこころ温まる作品なのでハッピーちゃんと名づけました。

★「豪邸のトイプードルはぬいぐるみ?」とのご質問ですが、本物の犬です。歳は1才、メス。
「ミルキー ポーズ!」と言うとカメラ目線になるおちゃめな犬です。
by hohho-biny | 2007-07-22 22:49 | オタク時間

雨の日曜日

f0139963_7121593.jpg今朝は雨。
こんな日曜日には、自分のためにどんな絵本を開こうかしらと思いを巡らせます。
「あめのひ」がぴったり!
ポーランドのワルシャワ生まれのユリー・シュルヴィッツの作品です。日本では1972年に福音館から出版された古い本ですが、1999年に復刊されました。淡い水色と黄色と墨色で描かれた美しい絵本です。
ゆっくりページをめくると静かな展開に雨の音が聞こえます。
雨はまどに、やねに、どぶに、のやまに、おかに、くさに、いけにふり、ながれとなり、かわからうみへ・・・
まるで自分が雨となって雄大な旅をしている気分になり時の流れに身をまかせます。
f0139963_745469.jpg
7/21の毎日新聞、夏の読書特集の一面です。
絵は村上ゆたか。ホッホーホッホー

f0139963_7592454.jpg世の中では「家読」で家族再生をという取組みが広がっているようです。家庭で同じ本を読んで話し合うことで、読書週間を付けるだけでなく、家族関係を本来の姿に戻そうということらしいのですが・・・
どうですかねえ?・・・
まあやってみてください。

読書に飽きたら、ちょっと
ビヨヨ~ンで遊びましょう。
by hohho-biny | 2007-07-22 07:44 | ホッホー文庫