ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ウフィッツィ美術館

f0139963_2332114.jpg
ウフィッツィ美術館に並ぼうと歩いていると、その辺を警備している警官に会いました。
容姿端麗だわ!
日本の警察にはいないタイプだわねえ。





f0139963_2375391.jpg




       ここは美術館の広場。
       美術館はこんなに長くて広いのです。
       右側が美術館で左側がオフィス。




f0139963_23114511.jpg


後ろはこんな感じです。
アーチの向こう側をアルノ川が流れています。





f0139963_23133723.jpg




            午前8:30に到着したのに、
            もうこんなに並んでいました。






f0139963_2316484.jpg


建物に沿って、有名人の彫像が並んでいます。
美術館の中は撮影禁止なので、外の彫像を写しました。
レオナルド・ダヴィンチ




f0139963_23201088.jpg



サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の設計者アルベルティ






f0139963_2321531.jpg



ドゥオーモの鐘楼の設計者ジョット







f0139963_23363735.jpg


1500年代、トスカーナ地方の首都になったフィレンツェ。
メディチ家の大公コジモ1世は、新しい国の政治に必要な役所やオフィスを一つにまとめようとしたのです。お気に入りの建築家ジョルジョ・ヴァザーリに依頼して、アルノ川とヴェッキオ宮殿をつなぐながーいオフィス(ウフィッツィ)を作ってしまったのでした。

その偉大なコジモ1世の彫像です。




f0139963_2339148.jpg



ヒロシ君2号とチャオジイも記念撮影しました♪
(有名人の下で謙虚に)







f0139963_6484610.jpg


美術館の中は撮影できなかったので、
手持ちの資料から感動をお伝えします。
ミケランジェロ作 トンド・ドーニ(トンド=丸い円、ドーニ=絵を注文した家族名)
”聖家族と洗礼者ヨハネ”(1508年頃)







f0139963_6491598.jpg


私が一番好きなのは、これ!!
ボッティチェリの”春”(1482年頃)
♪う~つ~く~し~い♪






f0139963_734285.jpg


同じくボッティチェリの
”ヴィーナスの誕生”(1484年頃)






f0139963_763693.jpg



殿方たちがうっとり見ているのはこれ。
ティッチアーノ
”ウルビーノのヴィーナス”(1538年)






f0139963_784887.jpg



レオナルド”受胎告知”(1475年頃)





f0139963_7105342.jpg
ピエロ・デッラ・フランチェスカ
”ウルビーノ公爵夫妻の肖像”
(1467~70年頃)
イタリアルネッサンス時代の領主たちは、彼らの力を見せつけるために、有名な画家に自分の肖像を描かせたのですって。
後ろの風景が彼らの領地。

婦人の顔色が悪いのは、亡くなった妻を偲んで描かせたからですって!
この自信に満ちた誇らしい横顔には参りましたわ。
by hohho-biny | 2008-07-18 07:33 | 路上観察