ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

里山の一日 その2

f0139963_12315072.jpgバリアフリーの木造り、ソーラー設備完備の館内は優しいぬくもりのある雰囲気で心が休まります。
館内は撮影禁止なので、展覧会風景はお伝えできません。
何しろたどり着くだけで大変だったので、作品を見終わった後は、すぐティールームでお茶にしました。
店内とテラスでコーヒー・紅茶・ケーキ・クッキー・プリンなどがいただけます。(食事類はなし)


f0139963_12405069.jpg
テラスから見える風景です。
望遠鏡が置いてあって、遠くまで見ることができます。
テラスにいるのは主に大人たちです。
こども連れが圧倒的でしたが、中高年や若者カップルも多く、自家用車をお持ちの方はデートコースにいいかも・・・
(うらやましがるホッホー)


f0139963_12453043.jpg
店内はこんな感じで、絵本やグッズ売り場と併設です。手前に一枚板の木のテーブルがいくつかあり、種類の異なる一枚板です。
大きなガラス窓からたくさんの光が入って明るく開かれた雰囲気です。


f0139963_12481051.jpg

木の実のケーキとコーヒーを注文しました。
♪ケーキは2切れでとても美味♪





f0139963_1312617.jpg

ケーキを食べていくと・・・あら!・・・あら!
お皿にこんな仕掛けが・・・
か~わ~い~い~
クリのきもちをかんがえているカエルくんです!


f0139963_1334543.jpg

きゃ~ ふくろう!!発見!!
セルフサービスの水コーナーの棚の上に♪
これはインテリアで売り物ではありませんでした。






f0139963_137185.jpg
午後2時からは、岩村和朗氏のおはなしと朗読会。
カエルやイノシシの鳴き真似が上手で、ホールにあふれる程の親子たちを笑わせなから、優しい語り口でお話が続き、彼のお人柄と里山を愛する生き方、子どもたちへの願いが伝わってきました。
都会モンの私はこうした里山での暮らしを選択しませんが、彼は10年前にこの地に移り住み、里山からの発信をし続けているポリシーには、深く学ぶべきものがたくさんありました。
読み聞かせの最後は、エリック・カール氏との共著「どこへいくの? ともだちにあいに!」
表表師から岩村氏、裏表紙からカール氏のお話が進んで、真ん中のページで出会うというユニークな仕掛け絵本です。
岩村氏は日本語で、スタッフのお姉さんは英語で交互に読み進んでいって、出会った所で一緒に歌います!!
こども心をいつまでも持ち続けて活躍している楽しいお二人の共作に拍手拍手パチパチ!♪


f0139963_13315149.jpg

お話の後、サイン会がありました。
ホッホー文庫と娘と孫のために買った絵本にサインしていただきました。


ではまたね・・・・
里山の風景は、休憩してからね~
by hohho-biny | 2008-05-06 13:55 | 気まま旅