ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いそがなくてもいいんだよ

f0139963_6311490.jpg    南の絵本 
   
 岸田衿子著 「いそがなくてもいいんだよ」より

     いそがなくたっていいんだよ
     オリイブ畑の 一ぽん一ぽんの
     オリイブの木が そう云っている
     汽車に乗りおくれたら
     ジプシイの横穴に 眠ってもいい
     兎にも 馬にもなれなかったので
     ろばは村に残って 荷物をはこんでいる
     ゆっくり歩いて行けば
     明日には間に合わなくても
     来世の村に辿りつくだろう
                           葉書を出し忘れたら 歩いて届けてもいい
                           走っても 走っても オリイブ畑は
                           つきないのだから
                           いそがなくてもいいんだよ
                           種をまく人のあるく速度で
                           あるいてゆけばいい

桜が咲くと・・・生き急いで先に彼岸の里に逝ってしまった友たち・・・のことを
よく思い出します。
みんな”優しくていい人”でした!
”いい人をやめる”と長生きできます!


f0139963_6564820.jpg美しい村の絵本です。

すもも、さくら、なし、ピスタチオ。
はる。
ハグマンの 村は はなで いっぱいに 
なります。
とお話が始まります。

1ページ1ページゆっくりめくっていくと
何とも豊かな気持ちになります。

美しい自然がいっぱいのアフガニスタンの村のお話です。
戦争が始まって10年目の夏、作者小林豊氏は、アフガニスタンの小さな村を旅しました。
戦争中でも、人々は明るく力強く生きていて、旅人をあたたかく迎えてくれたそうです。
その後、その村は爆撃を受け破壊されました。
内戦が一日も早く終わって、すべての村にむかしのような平和が訪れてほしいという願いを込めて描かれた美しい絵本です。



  
by hohho-biny | 2008-03-28 07:19 | 詩の時間