ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

さて White Dayは?

f0139963_622440.jpg今日はホワイトデー。
これは、”べるはうす”のスタッフたちがクッキー作りから袋詰めまで、誠心誠意心をこめて一生懸命作ったWhite Day用の贈り物です。
私が行った日、まさに皆で袋詰め作業をしている真っ最中で、これは出来たてほやほやの第一号。5種類のおいしそうなクッキーの詰め合わせです。
今日、職場の仲間に贈ります。
女の私が、何故?・・・男性化したオバサンだからよ、うふふ・・・

f0139963_6323241.jpgバレンタイインデーに女性が男性に贈り物を添えて愛を告白するのは、日本独自の習慣で、さらにチョアコレートを贈るのは日本発信の習慣です。
日本で最初にバレンタインデーの広告を出したのは、
昭和11年にモロゾフ。
昭和33年にメリー・チョコレートが新宿伊勢丹で「バレンタインデーにチョコレートを贈ろう」とキャンペーンセールを行い、バレンタインにギフトとしてチョコレートを打ち出した最初。
しかし、話題提供にとどまり売れず、この頃からバレンタインデーの広告が毎年出るようになり、昭和50年頃から定着。
最初のキャンペーンから約半世紀、
三越本店だけでも億単位の市場!
「本命チョコ」「義理チョコ」自分のための「ご褒美チョコ」等など。
ホワイトデーも日本発信のイベントで、仕掛けたのは、博多の老舗、石村萬盛堂、代表的な「鶴の子」はマシュマロのお菓子。
「バレンタインデーの一ヶ月後にマシュマロでお返しを」というキャンペーンに菓子業界などが乗り、ホワイトデーにキャンディを贈る習慣も加わったのです。
というようなことが、三越著「日本を楽しむ年中行事」に書いてあります。
皆さん、知らなかったでしょう?!
by hohho-biny | 2008-03-14 07:16 | おいしい時間