ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カバコフ展

f0139963_7381216.jpg
世田谷美術館で、
イリヤ・カバコフ「世界図鑑」
絵本と原画展を観ました。
カバコフ氏(1933~現在74歳)は
旧ソビエトのウクライナ生まれ。
現在はニューヨーク在住の現代美術家。
彼が挿絵を描いた絵本約100冊と約1000点の原画が公開されています。
あらゆるものが国家の統制下にあったソ連の時代には、自由な表現が許されず、イデオロギー的に良質であることがチェックされたため、カバコフ氏は絵本の仕事を公表しなかったようで、今回の展示が世界初公開です。




f0139963_7385296.jpg挿絵は多岐にわたり、生活、科学と産業、イデオロギー、物語、詩など、5つの部屋に分かれて展示解説してあります。
1957~1987年の30年間にわたり、カバコフ氏が自己統制して描いた挿絵は、はっきりしたポスターのようで、教訓的で、写実的で、ソ連のお国柄が伺えてとても面白いです。
所々でパワーポイントのように絵本を壁に映し出して、日本語解説をしているので、案外判りやすいです。
彼の絵は凄いです!細かな線描、美しい色彩、独創的な構図、奇想天外なレイアウト、いずれも子供たちの世界が素晴らしい広がりを見せ、楽しくて、つい時を忘れて見入ってしまいました。
前期は3/9まで、後期は3/12~4/6、多くの作品が展示替えとなる模様。
彼は当時、挿絵画家だったため、彼自身の絵本テキストはなく、翻訳もされていないので、
ホッホー文庫には一冊もありませんが、今回、図鑑のような!カタログを買いました(ずっしりと重かった~)

f0139963_7404564.jpg

美術館を出ると、公園の梅が満開でした!
紅白一緒に咲いていました。






f0139963_741241.jpg


f0139963_742714.jpg



f0139963_7425174.jpg
by hohho-biny | 2008-03-05 07:51 | 花時間