ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

荒井良二に会いに行く

f0139963_717030.jpg
昨日、クレヨンハウスで
荒井良二氏の講演を聴きました。
テーマは「僕の絵本のまどから」
絵本は見る人にとって
窓のようなものだといいなあ・・・と。
心が躍る風景だったり、笑ったり、しんみりしたり、深呼吸したり・・・
日常から非日常へ。
窓から見る風景、車窓のように楽しめればいい!



             本日、ホッホー文庫開放日 午後1時~5時


f0139963_7272373.jpg絵本を窓とすると、向こう側の非日常からこちらの現実を考えることができないか?
特にメッセージをこめるわけではなく、俺の後ろに渦巻いている何かを、線に描きたい!色を塗りたい!ひっかきたい!という思いで書くそうです。
「はっぴいさん」は、こまったことや ねがいごとをきいてくれます。
やまの うえの おおきな いしの うえに はっぴいさんは ときどき くるのだそうです。
はっぴいさん はっぴいさん
どうぞ ぼくのねがいを きいてください
はっぴいさん!
のろまなぼくとあわてんぼうのわたしが、やまをめざします。
見返しと絵本の下部には、戦火の街が描かれています。
さまざまな想いを呼び覚まされます!

f0139963_7285982.jpg
1956年、山形県生まれ、絵本作家、イラストレーター
2005年、第三回アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞。
「うそつきのつき」(内田鱗太郎・文)
「森の絵本」(長田弘・文)
「なぞなぞのたび」(石津ちひろ・文)などで
各賞を受賞。
いずれも文庫にあります。

荒井氏お気に入りの絵本ベスト100冊の紹介とコメントが面白く、ホッホー、ホッホー!と感動しました!

f0139963_8211251.jpg



♪お願いしてふくろうのサインをいただきました♪
by hohho-biny | 2008-01-20 08:37 | ホッホー文庫