ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

雨にけむるコスモスから英国式庭園へ

f0139963_21175913.jpgコスモスを見に行こうと決めていたのに、
あいにくの雨。
雨にけむるコスモスを見たのは初めて。
強い雨に打たれても、健気に咲いているコスモスがいじらしかったです。

f0139963_21214065.jpg

         傘さしていても服と靴とカメラが濡れました。

f0139963_21245435.jpg
23才の若い添乗員さんが、申し訳なさそうな顔で旗持って案内する姿がいじらしくもあり、気の毒でもありました。

f0139963_2128252.jpg

雨に打たれてもアザミは毅然として咲いていました。
                  私も負けずに写しました。


f0139963_21431599.jpg
佐久市にあるメアリーローズ英国庭園に行きました。
日本なのに何故英国庭園なのか?
不思議で探検してきました。
1956年生まれの片井哲氏が英国庭園巡りを経て、3年の歳月をかけて伝統的な英国庭園風情をかもし出すように作ったということのようなのです。つまり秘密の花園なのでしょう。
「メアリー」は、児童文学「秘密の花園」のメアリーにちなんで名づけられたそうな・・・
     確かに英国のローズガーデン風ではありました。
                       どんな所が英国風か?

f0139963_21575353.jpg

f0139963_21583181.jpg






f0139963_21592877.jpg



f0139963_2201798.jpg

f0139963_2262877.jpg

f0139963_229641.jpg

努力は認めますが、数年前、本場イギリスのローズガーデンや国を挙げてのガーデニングを見てきた私としては、どうもねえ・・・
日本の湿度と夏の暑さがヨーロッパの花には向いていないと思うし、私的には、春や秋の七草とか和の花仕立てにした方が日本人には合っていると思いますよ。
この季節は咲いている花が少なかったので、春に行けば花が多くて感動するかもしれません。撮った花たちは明日載せます。
by hohho-biny | 2007-09-23 23:30 | 気まま旅