ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

風鈴の風情

f0139963_6185783.jpg今日は盂蘭盆の入り。
13日夕方に迎え火を炊き、15か16日の夕方に送り火を炊いて祖先の霊を祭る日です。
私の記憶では、小学校時代に祖父母が門の前でおがら(麻幹)を炊き、仏壇に花を飾り、野菜や果物を供えていました。
私は、送り迎えの焚き火が面白くて、立ち上る煙の向こうに幽霊が連なって見えるような気になっていたから不思議です。
あの時代は四季折々さまざまな年中行事に参加していました。
さて、今の私は「お盆休みは何をしようかなあ・・・」とわくわくするだけ。
先祖のみなさんご免なさい。私は元気です。
風が吹くと涼しげな音をたてる風鈴を窓辺に・・・というより物干し竿に吊るして
「美しい風情だわ」(独り言)
実はふくろうの風鈴たちの虫干しです。
f0139963_6461485.jpg
ところが、ベランダは微妙に風が通り抜けて、ふくろうたちは”あっち向けホイ”になってしまいました。
風鈴撮影はむずかしい!
この変わり種を見せたかったのにクルクル回って横向きに。というわけで特別にお部屋撮影。
私は縁日で売っている軒忍ぶに吊り下がっているガラスの風鈴に憧れるのですが、ここの環境は強風が吹くのであきらめています。
昔の風鈴売りは、音色で客を呼ぶので、決して声を出さないきまりがあったのですって。
そう言えば「ふうり~ん、ふうり~んはいかがぁ~」なんて聞いたことありませんね。
音を楽しむ粋な時代の贈り物です。
f0139963_701393.jpg

     昨日の正午の空です。夏の雲が素敵!それにしても暑かったこと!
     では一句  わたしにも 風鈴鳴らす 風よ吹け  ホッホー
by hohho-biny | 2007-08-13 07:12 | 四季のうた