ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お父さんはどのタイプ?

6月17日の毎日新聞「きょうは父の日」のページによく見かけるお父さんのタイプを4つに分けてイラスト付きで紹介してあり、ホッホーなるほど!と感心してしまいました。面白いのでちょっと書き写しますね。
★「オヤジ」パパ・・・「女房や子どもにはうまく説明できないけど、父の苦労もきっと後でわかっ てくれるさ」と信じて競馬に出かける。「おんな子どもの話なんか聞いてられるか!」
★教育パパ・・・「子どもの才能を見ぬき、最良の環境を用意してやりたい」。受験校選びも、男親ならではの視点でリサーチ。
★スーパーパパ・・・「家事も育児も夫婦で分担。PTAなら任しとけ」。料理の素材やそうじの手順にもこだわりがある。
★ヒーローパパ・・・仕事は要領よくこなし、趣味も多彩。特に休日のレジャーや子どもの病気などで存在感を発揮する。
f0139963_23484420.jpg

はてさて、私の周りにはどのタイプもいるようですね。私のオヤジ世代は「男は仕事、女は育児」の時代の男ですから、言わずもがな。私の世代は4とおりいます。息子の世代はヒーローパパ、スーパーパパが多く、うらやましい限りです。そこでお父さんが主人公の絵本を出してみました。ウルトラマンと共に育ったお父さんは「ウルトラマンにはウルトラマンの正しさがある。バルタン星人にはバルタン星人の優しさがある。ぼくにはぼくの愛しかたがある・・・」と。
しょわっち! ショワーチッ!
4児の父、1956年生まれみやにしたつや作のウルトラマンシリーズはベストセラーのようです。一生懸命お父さんをやっている色々なお父さんにエールを送っています。
f0139963_23563627.jpg 「とうさん おはなしして」はアーノルド・ローベル作。がまくんとかえるくんの「ふたりはいつも」や「ふくろうくん」の作者です。ねずみのとうさんがベッドに入った七匹のこどもたちに七つのお話をしてあげるのです。さいごに「まだ ねむって いない こは いるかな?」とたずね、へんじはありませんでした。「おやすみ おまえたち。」「ぐっすり ねむるんだよ。 あさに なったら また あおうね。」 おしまいのページは暖炉の横のソファに夫婦並んですわりお茶をしています。何と豊かな時間でしょう。うっとりしてしまいます。仕事に明け暮れる日本のお父さんからは想像もできないほのぼのとした世界です。お父さんに絵本を読んでもらったり、おはなしをしてもらった子どもたちは、想像力豊かな世界を育んで巣立っていきます。
お父さんおはなししましょ。 
by hohho-biny | 2007-06-19 00:51 | ホッホー文庫