ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

組曲虐殺の舞台

f0139963_2119410.jpg

井上ひさしの最期の遺作舞台の再演です。
小林多喜二の伝記をミュージカル仕立てにした音楽評伝劇。
内気で優しく、冗談や食べることが好きで、女の子好きな少年多喜二がプロレタリア作家となり、拷問に耐え、虐殺された29年4ヶ月の人生を井上ひさしの視点で笑いと涙の音楽劇に練り上げた素晴らしい作品でした。
多喜二(井上芳雄)を囲む姉(高畑淳子)恋人(石原さとみ)妻(神野三鈴)同志、特攻刑事など、それぞれが胸に抱える「かけがえのない光景」が映し出されます。
後に続く者を信じて死んでいった多喜二の明るい笑顔。
「誰もが普通に生きる権利」があることを、井上ひさしの優しさで謳いあげています。
読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した栗山民也の演出。感動的!!
最優秀スタッフ賞を受賞した小曾根真の音楽とピアノ演奏。素晴らしい!!
  ♪カタカタまわる 胸の映写機♪
  ひとの景色を写し出す
  たとえばーー
  一杯機嫌の さくらのはるを
  パラソルゆれる 海辺のなつを
  黄金の波の 稲田のあきを
  布団も凍る 吹雪のふゆを
  ひとにいのちが あるかぎり
  カタカタまわる 胸の映写機
  ・・・カタカタカタ カタカタカタ・・・
  (組曲虐殺 井上ひさし作 集英社より抜粋)
この旋律がいつまでも胸にとどまって鳴り続けます。

f0139963_2119113.jpg

井上ひさしより 
  100年後の皆さんへ 僕からのメッセージ

   100年後の皆さん、お元気ですか?
   この100年の間に、戦争はあったのでしょうか?
   それから、地球が駄目になるのではなく、
   地球の上で暮らしている人間が、
   駄目になっていないでしょうか?

   僕たちの世代は、それなりに
   一生懸命頑張ってきたつもりですし、
   これからも頑張るつもりですが、
   できたら100年後の皆さんに、
   とてもいい地球をお渡しできるように、
   100年前の我々も必死で頑張ります。
   どうぞお幸せに。
      「ふかいことをおもしろく」2011年4月 PHP研究所 より

f0139963_21194465.jpg

終演後、イッパイやりながら、熱く語り合いました♪
観て飲んでしゃべれる友だちがいるのは幸せです。
by hohho-biny | 2012-12-16 23:12 | ホッホー文庫