ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランドセル

          ランドセル   石垣りん  「レモンとねずみ」童話屋
                                         (2008年4月初版)より

          あなたはちいさい肩に
          はじめて
          何か、を背負う

          机に向かってひらく教科書
          それは級友全部と同じ持ちもの
          なかには
          同じことが書かれているけれど
          読み上げる声の千差万別

          入学のその翌日から
          ほんの少しずつ
          あなたたちのランドセルの重みは
          違ってくるのだ

          手を貸すことの出来ない
          その重み

          かわいい一年生よ。

f0139963_65760.jpg


東北大震災の瓦礫から泥にまみれたランドセルが見つかる映像を見るたびに胸がつまります。
津波にのみこまれた宮城県の小学校近くに積み上げられたランドセルを見た時には、涙があふれました。
本来なら、小さな肩にランドセルをカタカタいわせて喜びにあふれる新学期。
天災で奪われた小さな命の未来。
想定外の津波を何とか防げなかったのか?

18日朝には、栃木県鹿沼市の国道に泥にまみれたランドセルが積まれ、花束が供えられていました。
登校時の小学生の列に突っ込んだクレーン車!
小学4~6年生6人が亡くなりました。
運転手は26歳、「居眠りしていた」と!!!
これは、人災。 
人の不注意が招いた子どもたちの死。
仕事中に居眠りなどもってのほかです!!!
仕事につく時には、コンディションを整えて緊張感をもって臨むのが常識でしょう。
寝不足や二日酔い、疲れ過ぎ、あくび等など、集中力を欠き、事故につながります。
ホッホーは毎日、最高の体調で仕事ができるように心がけていますから、こういう人災は赦せません。

「ランドセル」の詩にこめられた子ども達の命の重さと未来を奪うものから子ども達を守らなければなりません。
by hohho-biny | 2011-04-20 07:00 | 詩の時間