ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

笠間日動美術館

笠間日動美術館_f0139963_6305052.jpg

茨城県笠間市にある笠間日動美術館に行ってきました。
常磐線友部駅で下りて循環バスかタクシーで20分
交通の便がとても悪いので、入念に時刻表をチェックしないと大変な目にあいます!!






笠間日動美術館_f0139963_631640.jpg

何ゆえこんなに遠くまで
出かけたか?
もう終わってしまいましたが、フランソワーズ・ジローの展覧会を観たかったのです。





笠間日動美術館_f0139963_6313020.jpg
フランソワーズ・ジロー 1921年パリ生まれ
1943年、ナチス占領下のパリでピカソと出会います。
恋人として、芸術の女神として生活を共にし、ピカソとの間に息子クロードと娘パロマが誕生。
1953年、ピカソのもとを去り、二児を連れてパリへ。
画家として自立への道を歩み始めます。
1970年、米国人医学者ジョナス・ソーク(小児マヒワクチン開発者)と再婚してアメリカへ。
心安らかな生活がもたらされ、夫亡き今も、ニューヨーク、パリを拠点に精力的に活動。
現在88歳、凛として美しく魅力的!!


笠間日動美術館_f0139963_6314684.jpg
ピカソに愛され、ピカソを愛した女たちは何人もいて、時々のモデルとしてピカソの作品に登場しますが、自分の意志でピカソのもとを去った女性はフランソワーズ・ジロー一人です。
多くの女性たちが自殺したり、心を病んだりして不幸な最期を迎えた中で唯一自己を確立した女として、
ホッホーは注目しているのです。

作品はエネルギーにあふれ、元気をもらいました♪
ピカソと別れてよかったね♪




笠間日動美術館_f0139963_7142167.jpg

美術館の敷地は広く、
フランス館、日本館、野外彫刻庭園があり、
さまざまな作品に出会えます♪












笠間日動美術館_f0139963_7262911.jpg



フランス館のドアノブが!!












笠間日動美術館_f0139963_7373840.jpg



フランス館の屋上にも彫刻があります。











笠間日動美術館_f0139963_7565193.jpg
by hohho-biny | 2010-06-06 08:02 | 展覧会