ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勤労感謝の日に その一

f0139963_6564685.jpg
11月23日 勤労感謝の日は、長年働き続けてきた自分へのご褒美の日です。働く仲間のマドンナさんと鎌倉へ出かけました。
以前、oliveさんが見つけて新聞の切り抜きを渡してくれた「コケーシカ」の
お店探検です♪
鎌倉から江ノ電に乗り換えて由比ガ浜で降ります。住宅地を歩いて鎌倉文学館の側にそのお店はありました。

東京からは1時間半以上かかるので、我々のようなマトリョーシカオタクでも休日を利用しないと行けません。



f0139963_6571266.jpg日本の伝統こけしとロシアのマトリョーシカの専門店です。

明治時代1890年頃、箱根の七福神の組子こけしをロシアの神父が持ち帰り、ロシアの乙女に変身したというのがマトリョーシカのルーツです。
小学校の頃から小さなこけしを集め、最近マトリョーシカにはまっているホッホーには嬉しい情報です♪




f0139963_6573218.jpg
こけし写真家でマトリョーシカ詩人の沼田元気という50代のオジサマにより、日本とロシアの「マトコケ」文化交流が始まったそうです。







f0139963_7291785.jpg

きゃ~ 店内のこけしたち!!!











f0139963_730521.jpg











f0139963_7301718.jpg










f0139963_73026100.jpg










f0139963_7305319.jpg













f0139963_7311174.jpgマトリョーシカの木地にこけしを描いたコケーシカ
こけしの木地にマトリョーシカを描いたマトコケシ
新作や創作こけしではなく、お互いの産地の生活や伝統、気候風土などを考慮して「新しい伝統」として作られたそうです。





f0139963_7382182.jpg
右のは、
日露友好こけしMAKOちゃん
右手にこけし、左手にマトリョーシカを持っています。
左のは、アエロフロート航空の制服を着ています。







f0139963_7415670.jpg











f0139963_80197.jpg

        お店ののれんにも
        マトリョーシカがいっぱい!!
by hohho-biny | 2009-11-28 08:05 | 気まま旅