ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

堀内誠一の仕事

f0139963_23492260.jpg
今朝、前の川に白鷺が遊びにきていたので、撮ろうとカメラを向けたら飛び立って、電線に止まりました!電線に止まった白鷺を見たのは初めてです♪

一週間あった夏休みも今日で終りです。
いっぱい遊んでリフレッシュしたので、また明日からお仕事頑張ります。




f0139963_23542491.jpg


多くの絵本のデザインを描いた堀内誠一の展覧会を世田谷文学館で観ました。
雑誌のアート・ディレクターとして、絵本作家として多彩な仕事をした彼の作品が約200点紹介されていました。










f0139963_2359345.jpg

わかりやすいように、平凡社のコロナ・ブックスより転載させて頂いてお見せします。
2009年6月初版1刷 1600円

絵本の仕事です。
ホッホー文庫にも何冊もあります。
「ぐるんばのようちえん」や「たろうのおでかけ」、賢治の「ゆきわたり」、「マザーグースのうた」、「こすずめのぼうけん」、「くろうまブランキー」・・・いずれもロングセラーです。







f0139963_23591169.jpg


鮮やかな色使い、明確で楽しい線、いきいきとしたタッチ等など、モダンでおしゃれな絵のセンスです。














f0139963_23592854.jpg

雑誌の仕事です。
「アンアン」、「ポパイ」、
「ブルータス」・・・
見たことのある雑誌の数々です。
図案家の父の影響と、広告宣伝の仕事、パリでの暮らしが彼のセンスに磨きをかけたようです。
14歳にして新宿伊勢丹百貨店の宣伝部に入社。
その後広告デザイン会社アド・センターを経てフリーとなる。






f0139963_2359401.jpg

現在も受け継がれているロゴやレイアウトがあることを初めて知りました。
ホッホー ホッホー なーるほど!!














f0139963_0315940.jpg

これは福音館の「たくさんのふしぎ」傑作集
堀内誠一の絵でした!!
「たくさんのふしぎ」の文字デザインも
彼でした!!
今もこの文字が使われています。










f0139963_0361553.jpg

彼の絵本論は、この本を読むとわかります。
絵本をめぐるエッセイ、評論、対談をまとめてあり、
絵本の歴史と魅力が満載、カラー図版がいっぱい♪










f0139963_0411231.jpg

このポパイのシルエットは1983年に竣工したマガジンハウス社屋のトイレのために堀内がデザインしたものと解説があり、世田谷文学館のトイレにも表示されていました♪










f0139963_0413357.jpg

        オリーブです

        ポ~パ~イ!  たすけて~~

        ♪た~の~し~い~♪
by hohho-biny | 2009-08-19 00:58 | 展覧会