ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ぶらぶら歩き吉祥寺

f0139963_8192528.jpg
土曜の午後、仕事帰りに
吉祥寺をぶらぶら歩きました♪
連れはプントンさんとマドンナさん
目が六つですから、「あッ、いたいた!」
プントンさんが見つけたふくろう!




f0139963_82418.jpg

「あら!インパクトあるふくろうがいるわよ~」
マドンナさんが値札を見て、
「6800円で案外見た目より軽いわよ~」
でもねえ・・・
これ肩にかけて歩いたら、危ないオバサンになるわよねえ?
モチロン、買いませんでしたよ







f0139963_8292960.jpg二時半になり、カレーのお店でランチ
スペシャルカレーには、ナス、シシトウ、トマト、ゆで卵、タマネギ、豆、ニンジン、肉など盛りだくさんの具が入り、とっても美味しかった♪
店内の壁には埴輪風の焼き物や水彩、墨絵がかけてあり、どこかで見たことが・・・
”あッ!にこちゃんの絵本の作者だ~”と思い出し、訊ねてみると、やはり、南椌椌さんのお店でした!





f0139963_8412831.jpg


伊勢丹新館の七階に武蔵野市立吉祥寺美術館があります。






f0139963_8423510.jpg原研哉のブックデザイン展を観ました
高校時代からの友人、原田宗典の本の装丁を多く手がけているグラフィックデザイナーです。
文芸書の装丁は、センスが良すぎてはいけない、そして本文の内容に合致しすぎてもいけない、ほどよく野暮で、多少本文とずれている程度のとぼけ方がいい味を出す・・・というような思いで制作するそうです。
一人の人の装丁を一堂に展示すると、その人となりというか哲学のようなものが浮き彫りになって面白い。
アイディアの引き出しが多いほど、見るものを楽しませてくれます。





f0139963_8592320.jpg

捕獲したふくろうたち









f0139963_913121.jpg
かなりレトロなアメリカのマックのオマケのようです。
バンビのシリーズの一匹らしいのですが・・・はて?ふくろうが出てくるの?
ハスの実とカラスウリの実を飾ってあげました♪





f0139963_99221.jpg

  左はドイツ製のオーナメント、しおりにもなります。
  右はちいさなクリップ











f0139963_9105463.jpg

針山のおひなさま
箸置きは、よーく見ると女雛と男雛
めでたや手毬で遊んでくださいな








f0139963_9305788.jpg
台湾のお茶屋さんでティータイム
八宝茶は、お湯を注ぎ1分半置いて左のポットに移し、オチョコのような茶碗で頂きます。
ほのかな香りの春らしいお茶でした♪
ミルフィークレープはねっちょりしたケーキでした!
by hohho-biny | 2009-02-22 09:26 | 路上観察