ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ホhッホー文庫 ( 6 ) タグの人気記事

いせひでこの絵本再読

f0139963_10391822.jpg
AMさんにオススメの絵本はないか?と訊かれて、いせひでこ(伊勢英子)の素敵な絵本を思い出しました。
以前ブログにUPしたと思うのですが、忘れました!過去はすぐ忘れるので、またインプットします。
ホッホー文庫から三冊出してきて、再読しました。

「ルリユールおじさん」は、パリの路地裏でひっそりと古い本の装丁の手仕事をしている製本職人のおじさんと植物図鑑が大好きな少女との出会いの物語。
「ルリユール」という言葉は、「もう一度つなげる」という意味もあります。
本造り職人から少女へかけがえのないおくりものが手渡されます♪
「私はルリユール。いかなる商業的な本も売らない、買わない」

理論社 2006年9月第一刷


f0139963_10393359.jpg
パリにある樹齢400年のアカシア2本。
その1本は「ルリユールおじさん」に登場します。
もう1本は植物園にあります。
「ルリユールおじさん」の少女は、大人になり、植物学者となって登場します。
その植物学者とまた小さな少女が出会い、ひまわりの小さな芽が育ちます。

人はみな心の中に、一本の木をもっている。

時を超えて静かな感動に包まれる連作二冊です。
どうぞ続けてお読み下さい。

講談社 2009年3月第一刷


f0139963_10394333.jpg

旅に出よう。風景の中で、ゆっくりと見つかるものが、きっとあるから。と帯に書いてあります。
「また たびに でた」で始まり、絵描きの心象風景が描かれ、「また、キャンバスに むかう。」
「おおきな白が、目と手の あたらしい記憶を もとめている。」で終わります。

理論社 2004年11月第一刷
by hohho-biny | 2012-04-15 11:35 | ホッホー文庫

気になるコミック

f0139963_23135084.jpg

気になって、最近読んだコミックです。
映画は観ていませんが、
原作の漫画を読みました。
幻冬舎文庫 細川貂々 
平成21年4月初版 

ある日、スーパーサラリーマンだったツレが、会社の激務とストレスでうつ病になってしまいます。
明るくがんばりやだったツレなのに!!
ツレの妻が、ツレのうつ病に気長につきあいながら、徐々に快復していくドキュメンタリー。
感動の純愛コミックエッセイ。




f0139963_23552792.jpg
大人に人気のコミック。
平成21年度小学館漫画賞受賞
安倍夜郎・作 小学館
深夜から朝7時まで営業している食堂。
メニューは、店じゃあ 食いたいもんを注文してくれりゃー その日仕込んだ材料で 作れるもんなら 作って出すってのが、オレの営業方針さ。

深夜食堂に来るお客さんの人間模様が面白く、時にホロリ!!
お客さんが注文する料理が、妙に懐かしく美味しそう♪
赤いウィンナー、きのうのカレー、猫まんま、牛すじ大根玉子入り、納豆、焼き海苔、ナポリタン、ポテトサラダ等など・・
すっかりはまってしまい、古本屋で全巻揃えました♪
by hohho-biny | 2011-12-02 23:57 | ホッホー文庫

話題の絵本

f0139963_7103114.jpg
各国の映画祭で絶賛され、多くの賞に輝いたアニメーション作品が絵本になりました。
アニメーター・監督、加藤久仁生
(1977年生、鹿児島県出身、多摩美卒)
脚本、平田研也
(1972年生、奈良県出身、青学仏文卒)
私はこのアニメを見ていないのですが、
今年、米国アカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞した時から、気になっていた作品です。
そのアニメが監督と脚本家の手で絵本になりました!


ひとりのおじいさんが うみのうえにある かわったいえにすんでいます
そのまちは うみのみずが だんだんうえにあがってきて しずんでいきます
おじいさんはそのたびに そのうえにあたらしいいえをつくります
こうして なんこもつみきをつみあげたような いえができたしまったのです
あばあさんは さんねんまえになくなり おじいさんはひとりですんでいます
おくじょうに たまごをうむにわとりをかい パンをつくるこむぎをそだてています
たりないものは ゆきかうふねから かいます
おじいさんは すいじをしたり となりのおじいさんとチェスをしたり たのしくくらしています
またうみのみずがあがってきたので いえをつくろうとしていたとき 
だいくどうぐをおとしてしまいます
おじいさんは せんすいふくをきて うみにもぐります
だいくどうぐは みっつしたのいえにおちていましたが おばあさんがなくなったいえだったことをおもいだします
おじいさんは もっとしたのいえにいってみたくなり どんどんもぐっていきます
おじいさんは いろいろおもいだします  
したのいえへ したのいえへ もぐっていくたびに どのいえにも おもいでがのこっていました
そして とうとう いちばんしたのいえまで おりていきました
そのばしょがまだりくちだったころ おじいさんとおばあさんがそだち けっこんしてくらしはじめたいえでした
ぜんぶのいえが つみきみたいに つみかさなっていました
そして おじいさんは ずっとここに すみつづけてきたのです
はるに なりました 
おじいさんの あたらしいいえが できあがりました
かべのわれめに タンポポがひとつ さいていました
おじいさんはそれをみて うれしそうに わらいました。

優しく深く淡い思いがあふれるすばらしい絵本です!♪
白泉社 2008年10月初版

私もときどき記憶の海に潜って思い出にふけることがあります。
暮らした家の記憶は、いくつになってもなつかしく、ちょっと甘酸っぱいラムネ菓子のような味がします。
by hohho-biny | 2009-04-26 08:37 | ホッホー文庫

おばけのジョージー

f0139963_1347549.jpg
おばけのジョージーシリーズの4冊目がこの3月に出版されました。
ロバート・ブライト 作/絵
なかがわちひろ 訳
徳間書店 1200円+税

ある日、村の牛小屋が火事で焼けてしまい、資金集めにホイッティカーさんが手品をすることになりましたが・・・





f0139963_13501414.jpg

はずかしがりやのかわいいおばけ、ジョージーのお話です。
ジョージーはホイッティカーさんの家の屋根裏に住んでいます。
ねこのハーマンやふくろうのオリバーと仲良しです。
事件が起きるとみんなで力を合わせて大活躍。

今から65年位前に、作者が娘と息子のために作ったお話です。
ふくろうのオリバーがかわいいので、文庫には全部揃えてあります。
2004年1月初版



f0139963_1412456.jpg


2006年9月初版
旅行に出かけるホイッティカーさんと奥さんに三匹はついていきます。
ホテルの旗の先に止まっていたオリバーは、つかまって動物園に入れられてしまいます。
さてどうなりますやら・・・






f0139963_1412232.jpg


2008年8月初版
ハロウィーンのお祭りの日、広場でおこなわれるコンテストにおばけのジョージーが出ることに・・・











f0139963_14502318.jpg「おばけのジョージー」は、実は1978年6月に福音館書店から世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本として出版されました。
ロバート・ブライト(1902~1988)作/絵
光吉夏弥 訳のこの絵本です。
色がついているのは表紙だけで、中は黒一色のペン画で、素敵です。
1944年にかかれたこのかわいらしいおばけは、8冊の絵本になって作者の孫や世界中の子どもたちに愛されているそうです。



f0139963_15272044.jpg

14ページのこのオリバーの寝ぼけ顔のかわいいこと!
この横長の絵本の方が余白のレイアウトが決め手になってお話の世界に入りやすいような気がします。
by hohho-biny | 2009-04-19 15:39 | ホッホー文庫

絵本カバー

f0139963_733276.jpgf0139963_7334432.jpg
















新しい絵本には表紙にカバーがついているものが多いのですが、破けたり、傷んだりしない限り、カバーをはずして見るということはありませんでした。
ところが・・「表紙の絵とカバーの絵が違うんですよ。ご存知ですか?」
と童心社の方が教えてくださいました!!
いわむらかずおの連作14匹のシリーズです。
左がカバー、右が本体!!!
作者がわざわざ表紙のために心をこめて書き下ろしているとのこと!!!
初めて知り、全11冊をはがして見比べ、か・ん・ど・・う!!!♪♪♪

f0139963_734714.jpgf0139963_7342824.jpg
by hohho-biny | 2008-11-21 07:49 | ホッホー文庫

年末に恋物語

f0139963_7154597.jpg「荒地の恋」読了。
とても面白かった!
年末に掃除もしないで、何を血迷ったのか、恋愛小説なんかにうつつをぬかして・・・
あくせくしないゆとりの年末!
久しぶりに色恋モノの単行本を買いました。
ねじめ正一著、文藝春秋刊、1800円!
過日、のむみちが文庫に来た時、古本ではない新本をちらつかせて「これ、オモシロイですよ~」と言いながら本をいとおしむように撫で回していたのです。
「新刊も時々読まなくてはいけませんねえ~」なんて言うのです。
「田村隆一のファンはムッとくるかもしれませんがねえ。」
53歳の北村太郎(全て実名)という詩人(私は知らない)と田村隆一(私は読んだことがある)の奥さんとの色恋沙汰らしい!
  「ホッホーさん」
  「どうやら僕は、恋に落ちたようだ」
  な~んて、私も言われてみたい!
  そして終りに
  「幸せにしてくれてありがとうね。}
  な~んて言われたら、もう死んでもいい!
f0139963_7594645.jpg
私は田村隆一のファンではありませんが、ある一つの詩には、遙か過去のあまやかな思い出が蘇えるのです。
ある男性から隆一の「帰途」を書き写した手紙をもらいました。

   言葉なんかおぼえるんじゃなかった
   言葉のない世界
   意味が意味にならない世界に生きてたら
   どんなによかったか

   あなたが美しい言葉に復讐されても
   そいつは ぼくとは無関係だ
   きみが静かな意味に血を流したところで
   そいつも無関係だ

   あなたのやさしい眼の中にある涙
   きみの沈黙の舌から落ちてくる痛苦
   ぼくたちの世界にもし言葉がなかったら
   ぼくはただそれを眺めて立ち去るだろう

   あなたの涙に 果実の核ほどの意味があるのか
   きみの一滴の血に この世界の夕暮れの
   ふるえるような夕焼けのひびきがあるか

   言葉なんかおぼえるんじゃなかった
   日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで
   ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる
   ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる

私はどぎまぎして、その詩の意味も差出人の思いもよくわからぬまま・・・
もしあの時、恋に落ちていたら・・・
私の人生は変わっていたかもしれません。
それにしても、荒地の詩人たちは、何を求めていたのでしょうか?!

今日は良い天気。
皆さん、ブログなんか読んでないで、お掃除しましょうね!


   
        
by hohho-biny | 2007-12-30 08:14 | ホッホー文庫