ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

色彩を持たない男の物語

f0139963_6204117.jpg

村上春樹の新刊、読了。
3年振り、内容未公開ということで評判になった発売当日、仕事帰りに寄った駅前の本屋は既に完売!!二軒目の本屋に数冊残っていて購入。
ホッホーは、この長々しいタイトルの「色彩を持たない男」、「つくる」という名前、「巡礼の年」に惹かれたのです。
高校時代、完璧なまでに仲良しだった五人の男女、村上流に言えば、「乱れなく調和する共同体」から、ある日突然、つくるは訳もわからず仲間から絶縁される。自殺まで考えたそれからの日々の苦悩が語られていく。
主人公の多崎以外の男子は、赤松、青海、女子は白根、黒埜というように、アカ、アオ、シロ、クロの色彩が姓に含まれている。
多崎だけが、色彩を持たぬ苗字で、つくるはその事にもこだわり、色彩の希薄な取り柄の無い人間と感じながら生きる。
つくるは、鉄道の駅舎が好きで、仲間から離れて東京の大学で学び、そこで灰田というグレーゾーンの後輩に出会う。灰田との交流は唐突に始まり、唐突に終わる。この人物設定が不思議な空気感をかもし、意味深な記述で、分身的なダークネスかな?と思わせる。
卒業後は駅舎建設の仕事につき、「つくる」ことに生きがいを感じ、36歳を迎え、二歳年上の恋人沙羅に出会い、封印した過去に「私があなただったらそこに留まって、納得がいくまで原因を突き止めるけどな」と背中を押され、巡礼の旅に出る。
あとは各自お読み下さい。
村上小説に流れる北欧の靄のような空気感と主人公の闇がどこかの地下水脈でつながっているのではないか?と思わせます。
by hohho-biny | 2013-04-24 07:28 | ホッホー文庫

ひとひらの便り

f0139963_723979.jpg

おじ様 昨夜はお電話をありがとうございました。
母の「鳥と椿の画」を額に入れて飾って下さるなんて、とても嬉しいです。
さらに私の駄句をお褒め頂き恐縮です。
ご期待に応えて、母の孔版画の二枚目をお届けします。
母の作品には珍しく、異国の風景です。
おじ様は、こちらの方がさらにお好きかも知れませんね。
さて、これはどこの国の島で、母はどんな思いを馳せたのでしょうか?

   いざ島へ 言葉の海に舟を出す
   夕凪に 帰らぬ人の声を聴く   ホッホー

メールやパソコンの便利な時代になりましたが、味気ない世の中です。
かつて ひとひらのお便りが、人と人をつなぐことがありました。
人それぞれに悲喜こもごもの時の流れがあって、そこへひらひら舞い込むひとひらの幸福便。
そんなつなぎを果たせたら、ホッホーは嬉しいのです。

    
by hohho-biny | 2013-04-23 07:20 | 語る絵葉書

花便り

f0139963_2313785.jpg

両親が亡くなった挨拶状を90人に出しました。
さて困ったのは、私も妹も親の交際相手を全く知らない!
長らく一緒に暮らしていなかったので、晩年のおつき合いがわからない??
さらに二人とも長寿だったので、お友だちはもうこの世にいない!?
でもひとつのけじめとして、年賀状や手紙類から親しかったと思われる方々を選び出しました。
最初にお返事が来たのは、この絵手紙です!!
出して三日後、手早くお心のこもった流麗なお便りに感謝感激しました☆
母の孔版画の仲間の男性です。
さっと散る花吹雪、散り惜しむ春。
水面に散った花びらが連なって筏のように流れていく様子を、献花に見立て、海をわたって行き着く先には二人がいる・・・という意味に解釈して胸が熱くなりました。
花筏という言葉は知っていたものの、これまでに一度も使ったことのない言葉でした。
花いかだを使ってみたくて、母の古い版画に花を散らし、返句を出しました。

  花筏 めぐる波間に 母の影
  亡きあとに 初めて出会う 母の華

f0139963_23445275.jpg
残っている母の孔版画で桜を描いたのは、これ一枚でした。
和紙の山桜はがきに刷ってありました。
母の年代の暮しぶり、文通、交流の豊かさは、大いなる遺産のような気がします。
by hohho-biny | 2013-04-21 23:57 | 語る絵葉書
f0139963_81798.jpg

実家の片付けがまだまだ続きます。
庭ではツバキや春の花々が花盛りなれど・・・鑑賞する余裕がなく、日々が流れていきます。
せめて写真だけでもと写しまくりました。

f0139963_811699.jpg


f0139963_812588.jpg


f0139963_813258.jpg


f0139963_813920.jpg


f0139963_814926.jpg


f0139963_815911.jpg


f0139963_821063.jpg


f0139963_82252.jpg


f0139963_824032.jpg


f0139963_83855.jpg


f0139963_832143.jpg


f0139963_835020.jpg


f0139963_8437.jpg


f0139963_84166.jpg


f0139963_844029.jpg


f0139963_85942.jpg


f0139963_853864.jpg


f0139963_85503.jpg


f0139963_86543.jpg

by hohho-biny | 2013-04-20 08:08 | 花時間