ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

1000万人のラジオ体操

f0139963_834511.jpg

今朝のみんなの体操は、「第50回1000万人のラジオ体操・みんなの体操」生中継、浜名湖からでした。
ホッホーが浜名湖まで行ったわけではありません。
テレビの前でやりながら撮影しましたのよ♪(今日は1チャンネルで6:30から)

ホッホーは、毎朝6:25からテレビ3チャンネンルの「みんなの体操」をやっています。
もう何年も続けています。
これが健康の秘訣かもしれません。
最近は、カーヴィーダンスも取り入れて朝から30分汗を流しているので、肩甲骨から天使の羽が生えたようです♪

f0139963_8409.jpg


f0139963_8419100.jpg

国民健康体操(ラジオ体操)は、昭和3年に逓信省簡易保険局が国民の健康の保持増進を目的として制定し、NHKの協力で同年11/1にラジオ放送されました。

この初日カバーは、ラジオ体操50年記念で昭和53年8月1日に発売されました。
この切手の坊やのデザインは、漫画家の佃公彦。
昭和31年から1000万人ラジオ体操が始まって今年50年だそうです。

第1・第2の体操は、毎日続けるのに簡単でとてもいい運動だと思いますよ。
ラジオにするかテレビにするかはお好みで。
by hohho-biny | 2011-07-31 09:04 | オタク時間

魔法のはさみ

f0139963_2352196.jpg
日本橋三越で
「今森光彦の切り紙美術館」を観ました。
なんとまあ!!!美しい切り紙細工♪
すべてはさみで切った作品です。
カッターは使っていません。
ホッホーが知っている今森氏は、里山に住み、里山をテーマに昆虫や動植物を観察している写真家です。
ホッホー文庫には、
「わたしの庭」 「ダンゴムシ」
「今森光彦ネイチャー・フォト・ギャラリー 
未来へ贈る風景・里山」 などがあります。

切り紙作家でもあったのです!!




f0139963_23183092.jpg

小学校の頃に熱中していた切り紙に、30年の時を経て再挑戦し、15年かけて制作した作品たちが約200点ほど公開されています。
細密画のような繊細さと世界各国で出会った動植物や昆虫などの鮮やかな色彩に息をのみます!!
はさみ1本でここまで豊かな表情を出せるのかと、ぶきっちょなホッホーは感心するばかり。
日々の暮らしで生き物を観察し愛おしんでいる今森氏ならではの作品群。

f0139963_23272112.jpg
図録の表紙が・・・何と!!
ふくろうなのです♪

このワシフクロウ
やんちゃのようで
えらそうで
孤高のようで
かっこいい!!





f0139963_23283076.jpg


          オオコノハズクもいました♪
          絵葉書にはなっていませんが、
          メンフクロウもいました♪









f0139963_23302473.jpg






上はタマゴタケ

下はカブトムシ










f0139963_23313998.jpg



        このゴリラ
        何だかユーモラスですね♪








f0139963_23325010.jpg


チョウチョは飛んできませんでしたが、ホッホーのベランダで咲いたアロエの花を想いました。

ホッホー ホッホーと感動した展覧会でした♪
by hohho-biny | 2011-07-29 23:53 | 展覧会

新しい本

f0139963_6453040.jpg
新しい本  阪本越郎

七月 それは新鮮な絵本
太陽の金ペンが書きあげた

海ならばその本を波にきけ
山ならば青いこだまに問え



f0139963_6544853.jpg


アルハベットを知らない子でも
森ならば蝉にたずねろ

Miiin   Miiin   RRRR
Miiin  Miiin   Miiiin   RRR・・・・・



f0139963_6551531.jpg


歌が森じゅうをわきたたせるので
少年たちを夢中にさせる

七月 それは新しい本
今年はじめて手に入れる

     「定本 阪本越郎全詩集」より





f0139963_6555885.jpg

今年の七月も今週でおしまい!
子どもたちは夏休み♪

この絵葉書は、母の孔版画の作品です。
私が大人になった頃から、
母は通信教育で孔版の技術を学びました。
四季折々の思いを孔版画に込めて
暑中見舞い、年賀状、ご挨拶状などを
お便りしていました。
母にもそういう時代があったことを
記録しておきたいと思う今日この頃です。


f0139963_7364120.jpg

by hohho-biny | 2011-07-27 07:26 | 詩の時間

クレーの絵葉書展覧会

f0139963_8234770.jpg
アトリエの
作品たち

左 花ひらいて 1934年

右 山への衝動 1939年







f0139963_824567.jpg



        上 庭園建築のプラン 1920年

        下 動物たちが出会う 1938年















f0139963_8242713.jpg


油彩転写

左 綱渡り師 
1923年

右 蛾の踊り 
1923年







f0139963_8351299.jpg

上 油彩転写 
淑女の私室でのひとこま 1922年

下 切断 
Mのための花輪 1932年















f0139963_838190.jpg

特別クラスの
作品

左 
襲われた場所 
1922年

右 
人形劇場 
1923年




f0139963_8402645.jpg

特別クラスの
作品

左 
嘆き悲しんで 
1934年

右 
来るべき者 
1933年





f0139963_8432499.jpg

          自画像

          左 油彩転写 感じとる芸術家 1919年

          右 沈潜 1919年 これは展示されていません (過去の展覧会で入手)
                        この素描が出ています
by hohho-biny | 2011-07-24 09:01 | 展覧会

クレーに染まる

f0139963_22373943.jpg
「パウル・クレー おわらないアトリエ」展を
国立近代美術館(竹橋)で観ました♪
☆クレーは大好き大好き☆
今回の展示は、クレーの創作技法をわかりやすく紹介。
スイスのパウル・クレーセンター所蔵品を中心に約170点で、彼の試行錯誤の足跡をたどっています。
「ホッホー そうだったんだぁー!!」ととても勉強になり、ますます好きになってしまいました♪
クレーというと、色彩の魔術師とか絵から音楽が聞こえるという印象が強いのですが、今回の展示の切り口はマニアックで、様々な技法が紹介されています。
「油彩転写」という技法は、黒い油絵の具で紙全体を塗り、乾かしてから白い紙を置き、その上に素描を重ねて金属針で輪郭線をなぞる。その線は、素描よりも陰影のある柔らかな線になり、それに水彩で色をつけるとまた一味変わった雰囲気になる・・・という過程が並べて展示してあり、出来栄えの違いを実感できます。
作品を裏表に描いてあったり、一度完成させた作品を切ったり、回転させたり、貼ったり・・・
彼が模範作品と名付け、非売として手元に遺した「特別クラス」の作品も紹介されていて興味が尽きません。
クレーは何故こんなことをやったのかなあ~なんて考えると楽しいです。

f0139963_23371571.jpg

ホッホーが感心したのは、
クレー自らが全作品のリスト番号を制作年の後に明記していること!!
また、自らの記録としてアトリエ写真を自分で写していること!!
その整理整頓、記録振りに脱帽!! ホッホーも”整理整頓”頑張らなくっちゃ~

f0139963_23133166.jpg

これは、今回のチラシに載っている絵。

一段目 油彩転写の作品
二段目 切って/回して/貼って 切断再構成の作品
三段目 切断・分離の作品  左「なおしている」 右「マネキン」
四段目 おもて/うら 両面の作品
右側2つ 特別クラスの作品 上「山のカーニヴァル」 下「幻想的なフローラ」

明日は、今回の展示でホッホーが気に入った作品の絵葉書をUPします♪
by hohho-biny | 2011-07-23 23:45 | 展覧会

対極の映画2つ

f0139963_5382956.jpg7/17 朝8:10 映画館着
自動券売機で8:30上映の「コクリコ坂から」と11:15上映の「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」を買う。
最近は、券売機で日時指定して自分の好きな席を選んで簡単に購入できるので便利。
家から10分程自転車を走らせると映画館があります。
9つのミニシアターが入っているので、
いつでも観たい映画のハシゴができます♪

宮崎駿脚本、息子の宮崎吾朗監督のアニメ「コクリコ坂から」は、昭和の郷愁が漂う懐かしい作品。
雰囲気は「三丁目の夕陽」的で、音楽と作画が素晴らしい♪
舞台は、東京オリンピックの前年、1963年。

横浜の海が見える高台の下宿屋を切り盛りしている女子高生の海が主人公。
船乗りだった亡き父に、毎朝海に向かって信号旗を揚げることから一日が始まり、ガスコンロにマッチで火をつけ、お釜でご飯を炊き、おひつに移し・・・下宿人の朝ごはんの仕度をする。手回し脱水洗濯機で洗濯してから学校に出かける、という滞りなく行なわれる日常に懐かしさがこみ上げます。
父親のタグボートで通学している一年上の少年は、海から毎朝高台の信号旗を眺めいて、同校の二人は恋に落ちる。
少年は、校内にあるカルチェラタンと呼ばれる文化部部室の取り壊し反対運動に燃えていて、学園紛争的な闘いがある。ホコリにまみれた誇り高きバンカラ学生たちが面白いけど、ちょっと薄っぺらな描き方。
二人は「兄妹かもしれない」的な出生のドラマ展開がありますが、戦争混乱期の様子や親達の青春を無理に織り込んでメロドラマ仕立てにしていて、ちょっとねえ・・・
清く正しい優等生的な二人は、明るく清々しいのでありますが、ホッホーみたいにねじくれた者から見ると深みに欠けるのよねえ。それはともかくとして・・・
戦後の混乱期と高度経済成長期にたくましく生きた人々が描かれていて、「上を向いて歩こう」の曲が何回も流れ、人を恋うる気持ちに昭和の香りがして、しみじみと感傷に浸れるので良かったわ~ 所々でウルウル・・・

f0139963_5383954.jpg

    この信号旗のシール!
    買っちゃいましたぁ~♪
    こういう四角いちっちゃな世界が
    好きなのよね~
    断捨離中なのに!!













f0139963_6431785.jpg


2001年から始まったハリー・ポッターのシリーズが10年の時を経て完結です。

作品は全部観てきました。
毎回手に汗にぎるファンタジーでした♪
同じ役者たちの10年の成長振りが窺えます。







f0139963_6433283.jpg

両親を亡くした11歳の少年が、魔法学校と仲間たちに出会い、友情を育みながら成長していきます。
ついに宿敵、闇の帝王ヴォルデモートと決戦です。

3Dを駆使したど迫力の場面が多くて・・・
貸しメガネ代100円を含む1500円のチケット代!!
疲れてメガネを外すとボケるし・・・
メガネをかけると疲れるし・・・??
3Dもほどほどにしてよねえ~






f0139963_6434179.jpg
by hohho-biny | 2011-07-21 07:18 | 映画時間

太郎の楽しいお庭

f0139963_22345287.jpg

ミニジャングルのような小さなお庭
太郎の作品が、あちこちに・・・

♪た・の・し・い♪






f0139963_2235771.jpg











f0139963_22352349.jpg













f0139963_22353776.jpg











f0139963_22355169.jpg











f0139963_2236728.jpg











f0139963_22362243.jpg











f0139963_22364460.jpg











f0139963_2237070.jpg











f0139963_22372739.jpg















f0139963_22374047.jpg












f0139963_22382319.jpg

入口手前の喫茶店
お茶しながら、お庭を眺める
by hohho-biny | 2011-07-17 22:52 | 展覧会

岡本太郎記念館

f0139963_65353100.jpg

       7/16午後、太陽はギンギラギンに燃えていました!!!
       この猛暑にふさわしい美術館!
       岡本太郎記念館を訪ねました。
       写真撮影OKだったので、パチパチ撮りました♪


f0139963_654296.jpg

表参道の交差点から汗だくでテクテク
10分ほど歩いた住宅街にあります。









f0139963_654113.jpg


        入口では、これがお出迎え♪











f0139963_6542261.jpg


入ると正面でお出迎え











f0139963_702459.jpg

               リビングには、所狭しと作品群

f0139963_703961.jpg

        岡本家のティーセット









f0139963_731018.jpg












f0139963_732956.jpg

       岡本太郎が熱弁中










f0139963_750100.jpg

アトリエには、キャンバス









f0139963_752042.jpg

               アトリエのオブジェ












f0139963_7162077.jpg



二階の展示










f0139963_7164224.jpg












f0139963_7165548.jpg











f0139963_717719.jpg











f0139963_7172231.jpg




今回は、太郎のデッサンが展示されていました。
ホッホーが一番気に入ったのは、
この少女たちのデッサン









f0139963_7173677.jpg


   岡本太郎はスゴイ人!!!

   ☆太陽が炸裂したようなひととき☆

   次回は楽しいお庭をお届けします♪
by hohho-biny | 2011-07-17 07:34 | 展覧会

創意工夫の贈り物

f0139963_624744.jpg

これは、5年前、のむみちとなつきちゃんから贈られた作品です。
大きな木はちぎり絵です。
6つのお花は、ふくろうのスプーンとフォークです。
茶色の台紙2枚の四隅をホチキスで止めてあります。
こういう楽しい発想は、本をいっぱい読んでいる二人ならでは♪
5年間飾ってあったので、ふくろうが錆びてきました!!
気に入っていましたが、スプーンとフォークは食器棚へ。
貼り絵はコラージュコーナーに入れてふくろうシールを貼って再生させます。

今、ひとつひとつのモノを手にとって見直しています。
何とまあ!!!多くのモノに囲まれて暮らしていることか・・・
かつて心ときめいたモノたちも色あせ、存在感が薄れて忘れられています。
今年のの夏休みは、予定を立てずに断捨離!!
by hohho-biny | 2011-07-15 06:23 | 整理整頓

野菜の贈りもの

f0139963_1349484.jpg7/12夜、野菜の詰め合わせが届きました。♪
従兄の労作です。
太陽と大地と熱意と汗の賜物。

サラリーマンだった従兄は定年後、野菜作りや男の料理教室、ヴァイオリン制作と演奏などに精を出して老後を楽しんでいます。
♪いつも楽しそうでいいなあ~♪
濡れ落葉にならずに、開花した転身振りに拍手拍手。




f0139963_13493153.jpg包まれた新聞紙を開ける度に、オォー!ウワァ~と
色とりどりの野菜たちに喜びの挨拶をしました。
時間がなかったので、
取り急ぎベーコンと炒めておかか、醤油味で一品作り、ワインのおつまみに。
トマトは切っただけ、
玉ねぎは薄くスライスしてポン酢で、
ジャガイモはジャガバターにしました。
採れたては、お~い~し~い!!
しばらくはお料理いろいろ楽しみます♪
by hohho-biny | 2011-07-14 14:21 | おいしい時間