ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

春を待つ花

f0139963_23142512.jpg
お休みの日は、ひたすら片付け。
耐震対策はどうすればいいか?
創意工夫の闘いです。

ふくろうツリーは、通路をふさいでいて逃げ遅れそうなので、郵パックに詰めて食器棚の前に置き、転倒防止用に。







f0139963_2321385.jpg
被災地の方々は、苛酷な環境の下でさぞ心細いことでしょう。
早く食料や物資、ガソリン、灯油、医薬品が届きますように願ってやみません。

放射能汚染は日々拡がり、風や雨に混じり大地にも海にも影響が出始めました。
野菜も牛乳も魚も出荷停止になったら、農業や漁業で生計を立てている人々は途方にくれるばかりです。
原子炉を早く何とか沈静させて下さい。

寒い毎日ですが、ベランダの花々は蕾を膨らませて春を待っています。


f0139963_2342020.jpg

黄花ジャスミン







f0139963_2342125.jpg

               ゼラニウム







f0139963_23571354.jpg

真っ赤なボケ








f0139963_2358861.jpg



沈丁花が春の香りを放っています♪







f0139963_23424848.jpg

中学校の裏門の沈丁花が満開です。

東北にも早く春がきますように。
by hohho-biny | 2011-03-26 23:58 | 花時間
f0139963_6292411.jpg被災地のみなさまには、
心からお見舞い申し上げます。
ホッホーの暮らしも、あの日から一変して・・・
超多忙な闘いの日々となりました。

3/11(金)の午後2時46分、ホッホーとノッポさんは職場で仕事中でした。
すごい揺れがきて・・・
建物がミシミシ音をたてました。
ただ事ではない揺れに、急いでで出入口の自動ドアを解除し、外に飛び出しました。
建物も停車している車もゆさゆさ揺れました。
立っている地面が揺れて大きな目まいに襲われているようで、ただ呆然と立ち尽くしていました。

幸いなことに、職場は何も落ちずに無事でした。

帰宅時、電車が止まっていて運行の見通しなしと発表があり、電車通勤の社員は、専務が車でピストン輸送して下さり、家に着いたのは夜10過ぎでした。

玄関の扉を開けると・・・
きゃ~!!!!!!!!!!
どの部屋も足の踏み場もない惨状!!!!
どの部屋のサッシのガラス戸も鍵が外れて30㎝位開き、
夜風でカーテンが揺れていました!!
「泥棒が入ったか?」と思ったほど・・・

f0139963_6523940.jpg十数本ある本箱の上に載せていた物(オタクグッズの箱)や本が全て落下していました!!

我が人生の初体験、想定外の出来事でした。
耐震対策は何も考えていないホッホーでした!
川沿いの古いマンションの3階は、相当揺れたようでした。
横揺れに加えて前後にも相当揺れた様子。
家の中にいなかったのが、せめてもの幸いでした。






f0139963_725818.jpgきゃ~!!!!
食器棚の観音扉が開いて、上二段の食器が散乱!!!
この破片を掃除するのに夜中の3時までかかりました。
ふくろうの食器がかなり割れました・・・
あ~あ~ 何だか全てが虚しい~
掃除機はとうに断者離していて・・・
ホウキとチリトリと雑巾で取組みました。
現状はもっとすごいことになっていましたが、動転していて写真を写す余裕がありませんでした。

職場から2時間かけて歩いてやっとの思いで家にたどり着いたというomisoちゃんから真夜中に電話をもらい、「記念に写真を撮っておいたら・・・」と言われて、”ホッホー なーるほど”と
思い直してカメラを向けました。

f0139963_7251460.jpg

廊下につんであった本は見事にくずれました。









f0139963_7261420.jpg



二段に重ねてあったカラーボックスはこのようにずれて落ちかかっていました!
すべるものは全て落ちました。






f0139963_72847100.jpg



分類して本箱に並べてあったファイル類は、
すべって見事に全て落ちて散乱しました。







f0139963_731035.jpg

整理して年代順に並べてあったフォトアルバムは前列が全て落ちて散乱!!
コンポとレコードプレーヤーは落下して傷がつきました。
カラーボックスの上に載せていたものは、全て落下しました。







f0139963_733058.jpg


後列のフォトアルバムはかろうじて留まっていました。







f0139963_7461932.jpg不思議なことに、本箱の上に積んであるダンボール箱は落ちませんでした。

膨大な本とオタクグッズに囲まれた暮らしです。
この分野はまだ断捨離していません。老後の楽しみなのよ♪
自業自得の惨状に・・・
自分であきれるホッホー!!




f0139963_7463593.jpgベランダの被害は、ふくろうの台に載せてあったミセバヤの素焼き鉢が割れただけでした。

あの日から二週間経ちましたが、被災地の惨状と救済、物資不足、原発問題、放射能汚染など等、日本列島はこれからどうなるのか?

錯綜する情報に惑わされないように、しかし決断と行動は速やかにして乗り切っていかなければなりません。
計画停電や鉄道運休に振り回され、職場と家の往復で精一杯のホッホーです。

家の中の復旧作業は、なかなか進みません。
電車が運休の時は、自転車に飛び乗って約1時間走ります。
地域医療に関わっている職場は、大変な忙しさです。
被災地の皆さんのことを思うと、電気を使ってブログなんか書いていられません。

ブログを更新できなかった日々、ホッホー便を覗いて下さった皆さま、気にかけて頂いてありがとうございます。
ホッホーは元気に毎日精一杯働いていますのでご安心ください。

ホッホーが日々心がけていること
転ばない、食べ過ぎない、病気にならない、いつもにこにこ よく歩く
by hohho-biny | 2011-03-24 09:20 | 整理整頓

ピーターラビットの切手

f0139963_10472946.jpg

昨日、kinuママブログをのぞいたら・・・
ピーターラビットの切手が出ていて、ふくろうがいるではありませんか!!
きゃ~ 早く買いに行かなくっちゃ~
昼休み、郵便局に走り、ゲットしましたぁ~

ピーターラビットに出てくるふくろうのブラウンじいさまは、生意気なリスのナトキンのしっぽを食べてしまいます。ナトキンはふさふさで自慢だったしっぽを返してほしいと何回も手紙を書いて懇願しますが、ブラウンじいさまは相手にしません。

ピーターラビットは、小型の絵本で全部で26冊ありますが、動物を通して人間社会が凝縮され、かなり辛辣な筋立てで、悪いことをしたら制裁を受けるという毅然とした作者の佇まいが清々しい秀作です。
今年はうさぎ年なので、1巻から読み直そうかしら。

f0139963_11385626.jpg


f0139963_10481284.jpg


f0139963_10483144.jpg

by hohho-biny | 2011-03-10 11:12 | ふくろう
f0139963_9154146.jpg
今、ベストセラーの新書です。
「ホッホー なーるほど~」
「そうよ そうよねえ」
老人は才覚をもって生きよ と書いてあります。
老人たちはもちろん、いずれ老いる若い世代の人たちも是非お読みください。

自立した老人になり人生を面白く生きるため
7つの才覚の持ち方
①高齢者に与えられた権利は、放棄した方がいい
②老化度を測る目安は「くれない指数」
③老人が使う言葉が極度に貧困になった
④人に何かをやってもらうときは、対価を払う
⑤ひと昔前まで、人は死ぬまで働くのが当たり前だった

⑥料理、洗濯、掃除・・・日常生活の営みを人任せにしない
⑦老年の仕事は孤独に耐えること etc.

ホッホーは、老人の才覚をほぼ身につけていますが・・・貯蓄がないのが玉にキズ!!
☆こんなに働いてきたのに・・・お金なくなったら・・・野垂れ死にしてやる~☆


f0139963_9304624.jpg
ヤンママが
「これ、面白いですよ 
ホッホーさん、きっと気に入りますよ♪」と
貸してくれました。

♪気に入りました♪

古代ローマの設計技師「風呂限定ルシウス」は、浴場の発想に悩みまくり、ついに現代日本の銭湯にワープしてしまい、日本とローマを往来できる体質になってしまった!!

♪お~も~し~ろ~い♪



f0139963_939193.jpg良賢さんが「これ、テレビでもやっていて、
面白いですよ~」と貸してくれました。
目次を開くと・・・
赤心、夕轟、涵養、紐帯、一曲、那由田、玉響・・・
きゃー 読めない~ 意味わからない~
一語ずつショートストーリー仕立てになっていて、読み進むと言葉の意味がよーくわかります。
恋人たちの何気ない日常が切り取られて甘く切ないお話になっていて、胸キュン。

良賢さんは、時雨心地(しぐれごこち)が好き。
ホッホーは、一曲(ひとくねり)が好き。

日本語は恋するために生まれた言葉!!

作者は小山薫堂。 ロマンチストかな?
映画「おくりびと」の脚本家です!
テレビドラマは、今日の深夜が最終回だそうです。
観てみようかな~
by hohho-biny | 2011-03-10 10:17 | ホッホー文庫
f0139963_21192954.jpg

ホッホー文庫にある宇梶静江の古布絵で綴られた絵本。
アイヌのカムイユカラ(神謡)
シマフクロウは村の守り神











f0139963_21202014.jpg津島佑子・文 宇梶静江・刺繍 杉浦康平・構成
静かで平和な人間の村を守るふくろう兄妹の物語

これらの絵本の古布絵と作品展を観ました。
それはそれは力強くうつくしい刺繍で魂のこもった作品でした!!
ふくろうばかり写しました♪



f0139963_23384398.jpg








f0139963_23401544.jpg














f0139963_23404741.jpg















f0139963_2342046.jpg















f0139963_23444085.jpg











f0139963_2345526.jpg










f0139963_041046.jpg









f0139963_05141.jpg









f0139963_093448.jpg









f0139963_011597.jpg









f0139963_0122347.jpg













f0139963_0152693.jpg




















f0139963_0245183.jpg
by hohho-biny | 2011-03-05 23:56 | 展覧会

おひなさま便

f0139963_11495095.jpg

知人たちにひなまつり便を出しました♪
 
谷内六郎の「向こう見ててね」
この絵の解釈がいろいろで愉快♪

さて、何をしているところでしょうか?
三人官女と五人囃子は何故後ろ向きなの?







f0139963_11502037.jpg


          mimo hirai作
          あら、あら!
          
          いたずら好きの友へ









f0139963_11583096.jpg


これはひなちゃんへ
by hohho-biny | 2011-03-03 12:06

今日はひなまつり

f0139963_1093890.jpg

2011年3月3日 今日はひなまつり♪
元女の子だったホッホーは、まだ女の子の気持ちを持ち続けているので、身の回りは楽しく演出します。

今日はこの絵本を読みます。
1987年3月発行  福音館こどものとも372号
作者わたりむつこは、幼少時疎開していた祖父母の家で、飾られた雛人形との幸福な出会いを、数十年経て絵本にしました。

f0139963_109543.jpg

絵を担当したましませつこは、故郷の山形県鶴岡に帰って久し振りに雛人形を飾り、描きました。
女の子の幸せな時間がゆったりゆたかに流れていて、おひなさまと共に”はるよ こい”とささやいています。


f0139963_1033827.jpg

居間に飾ってひなモード















f0139963_10333344.jpg

いろんなおひなさまがいて
楽しいハンカチ
文庫の部屋に貼りました♪













f0139963_10371917.jpg

          昭和37年3月3日発行のひなまつり切手の初日カバー
          年中行事シリーズの第一次
          内裏雛を飾る少女
          額面10円の時代でした! なつかしいなぁ~

f0139963_1041533.jpg



鳥取県の流し雛の切手を額に入れました。
平成13年6月1日発行









f0139963_10522858.jpg


           張子のひな飾り








f0139963_10524484.jpg

裏にすると・・・
うふふ、五月飾り
リバーシブルになっていて便利よ









f0139963_10572342.jpg

                  ホッホーのラッキーカラー
                  緑と赤のガラス雛(月夜野)
                  ☆健やかでありますように☆
by hohho-biny | 2011-03-03 11:13 | おひなさま
f0139963_2365757.jpg

     根津美術館では、旧竹田宮家より寄贈された雛道具が70件展示されています。

f0139963_2372756.jpg

               雛図は柴田足真筆
               貝桶は菊紋唐草蒔絵

f0139963_23384443.jpg

     三井家のおひなさまは、吉徳コレクションの名品が特別展示されています。

f0139963_23451935.jpg


f0139963_11171093.jpg

             左 雛飾りづくし 江戸時代末期・19世紀 歌川芳藤 画
             右 左義長羽子板 江戸時代中期 ・18世紀


f0139963_11173055.jpg

                   象牙雛 安政2年(1855)


f0139963_23505245.jpg

               象彦創業350周年記念  平成の雛道具
by hohho-biny | 2011-03-02 23:57 | おひなさま
f0139963_23355385.jpg

この時期は、おひなさまの展覧会を観に走り回ります。
今年は、岩崎家のおひなさまが静嘉堂文庫美術館にお目見えしました。


f0139963_23361882.jpg

童子雛人形は、岩崎小彌太が孝子夫人に贈ったものです。
京都の人形司五世大木平蔵作
人形愛好家の桐村喜世美氏のコレクション。

f0139963_23363898.jpg



f0139963_2337762.jpg

木彫り彩色御所人形の58体行列は、一つ一つが生き生きとして楽しげで壮観!!
小彌太の還暦祝いに孝子夫人が贈ったもの!! 小彌太の干支が兎なので、みんな兎の冠を頭に付けています♪
丸く愛らしい顔立ちには気品がただよっていて、観る者を幸せにしてくれます。
by hohho-biny | 2011-03-01 23:58 | 展覧会

水戸偕楽園

f0139963_23373682.jpg

               水戸の偕楽園に寄りました。

f0139963_23402370.jpg

まだ寒いせいか、梅の花は三分咲きのようでした。









f0139963_23422780.jpg











f0139963_23425230.jpg











f0139963_23432055.jpg

美しい梅娘たちが笑顔でお出迎え♪










f0139963_23464326.jpg
















f0139963_2348426.jpg











f0139963_23483667.jpg











f0139963_2349817.jpg











f0139963_23494290.jpg

               孟宗竹の村














f0139963_2351178.jpg

好文亭の三階からの眺め











f0139963_23541190.jpg











f0139963_23544730.jpg
by hohho-biny | 2011-03-01 00:00 | 気まま旅