ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ミーハーの日曜日

f0139963_23423215.jpg
日曜日、のむみちからメールで
「ふくろうのパン屋さんがあるみたいですけど、ご存知かしらん?」と言ってきました。

それは一大事! シュワッチュ♪
いざ、西荻窪へ

通りには、幼稚園椅子に黒板の案内が出ていました!




f0139963_2347255.jpg


        こんな店構えです
        あっ!!
        ☆ふくろうを発見☆




f0139963_23485053.jpg


看板がふくろう♪






f0139963_23493888.jpg



      中に入ると・・・
      ふくろうパン発見!
      このふくろうの形をしたパンは宣伝用見本
      実際には作っていません。
      この顔がいいのにねえ・・・
      縁起の良いふくろう好きなご夫婦のようです。




f0139963_23523152.jpg



売っていたのはこれ!
ベーグルをよーく見ると・・・ふくろうの焼印♪






f0139963_23535534.jpg


      これは”お尻パン”
      うふふ・・・笑える
      誰かさんのお尻みたい??







f0139963_2356772.jpg

ハリネズミパン・・・売り切れ
名刺にふくろうが!!
夕方だったためほとんどが売り切れでしたぁ~





f0139963_00183.jpg


        パン屋さんの二階には、
        かわいい雑貨のお店がありました♪
by hohho-biny | 2009-03-31 00:15 | おいしい時間
f0139963_12564395.jpg
3/26にオープンしたEchika池袋に寄りました。
「駅」と「地下」が一つになって「えちか」
普通な毎日に、ちょっとした華やかさをスパイスする街なんだそうです!
表参道で生まれたEchikaの二つ目
アートとカルチャーをまぶし、お洒落、キュート、おいしい、気持ちいいを詰め込んだ個性あふれるショップがお出迎えなんだそうです。

!!どこからこんなに人があふれて来るんだろう??
人・人・人・・・・その中を・・・端から店をチラッと見てどんどん進む・・・目指すはただ一つ♪



f0139963_13104315.jpg


          これだぁ~♪





f0139963_1311251.jpg
やっと見つけたブクロドッグ♪
でも長蛇の列!
最後尾は、通路の反対側の壁に並ぶ!
並ぶこと20分で店側のの列へ






f0139963_1315435.jpg

  せっせと作っています♪
  売れて売れて大変だねえ・・・
  これが池袋発祥の伝説のスナック「チーズドッグ」








f0139963_13175610.jpg

レジの上のかわゆい看板♪
一本200円、ハム入りだと250円
ちょっと高いわよ~
私が欲しいのは、包んでくれる紙だけなんだから。






f0139963_13205793.jpg

めでたくゲットしましたぁ~
こんがりトーストすると・・・お~い~し~い♪









f0139963_13231788.jpgEchikaのマンホール

キュートな店は、まあ若者向けですね。
年寄りお金使わないからね。
飲食店の中には、ちょっと食べてみようかなあ・・・というものもいくつかありましたが、まあ、帰って納豆ご飯でもいいかぁ~という感じ!
by hohho-biny | 2009-03-29 13:40 | おいしい時間
f0139963_1226259.jpg
九段下にある昭和館が開館10周年記念で「ワーナー・ビショッフ写真展」を開催。
スイス出身のビショッフ(1916~1954)はマグナム所属の写真家でした。
昭和26年から27年に日本に滞在した時に撮った写真が60点公開されています。






f0139963_11592261.jpg
戦後の混乱期を過ぎ、新しい日本に向かおうとしている姿を外国人の目でとらえていて、ホッホー!!
うふふ・・・と感心するショットばかりです。
私は、ロバート・キャパをはじめとするマグナムの写真家が好きですから駆けつけましたぁ~
何と言っても入場無料に魅かれました!
左のガキンチョは、昭和天皇のご到着を何時間も待っている子どもたち(広島駅付近、1951年10月)
私の子ども時代に通じるショットが多くて笑ってしまいました♪



f0139963_12173971.jpg



ビショッフさんは、こんな男性です♪








f0139963_12183899.jpg
昭和館は何をしているかというと・・・・
伝えておきたい昭和の暮しを戦中・戦後に分けて展示解説しています

f0139963_12281164.jpg







f0139963_12311948.jpg

                     九段下の桜は、ここ数日の花冷えで、一分咲き



f0139963_12344972.jpg


近寄るとこんな咲き具合、逆光でした!







f0139963_12353437.jpg


     レンギョウは盛りを過ぎ・・・
     向こうに見えるは、武道館の屋根








f0139963_12363471.jpg


春まだ浅き千鳥が淵でした
by hohho-biny | 2009-03-29 12:51 | 展覧会
f0139963_951126.jpg青山ユニマット美術館が今月末で閉館になるというので行ってきました。
2006年7月に南青山にオープンし、シャガールとエコール・ド・パリの作品を常設展示している美術館ですが、私は初めてで最後の見学でした!

地下鉄外苑前駅の地下通路にある看板です。



f0139963_10202686.jpg


   行く途中の青山通り歩道橋にあった愉快な絵






f0139963_1023313.jpg



    チェリー通りに面しています






f0139963_10294120.jpg



                           入口正面








f0139963_10262866.jpg


美術館の看板









f0139963_10335170.jpg
特別展示は「ミレーとバビルゾン派の画家たち」
この「犬を抱いた少女」は、ミレーの数少ない子どもの人物画の傑作♪
美しいおでことふっくらしたほっぺ、聡明そうな顔立ちは、良家の子女の佇まいですが、モデルについては不明とのこと!
ミレーの「一日の終り」の他、クールベやコロー、トロワイヨンなどバビルゾン派が見た美しい風景が並んで19世紀フランス絵画の歴史を物語っていました。






f0139963_1034613.jpgシャガールやモディリアニ、ユトリロ、藤田嗣治など、パリで活躍した画家たちの絵がいっぱいありました。
夢と幻想と記憶と現実がないまぜになった不思議なシャガールの世界に浸りながら、名画”ブルーコンサート”1945年の前でしばらく呆然としていました。
帰宅して、1995年に来日した国立トレチャコフ美術館所蔵の「幻のユダヤ劇場大壁画」青春のシャガール展(日本橋高島屋)の図録を開いてさらにシャガールに浸りました♪

実務上の責任者である副館長が年末に急逝されたため閉館とのこと。
私設の美術館の運営は大変かと思いますが、素晴らしいコレクションを何かの形で受け継いでいって欲しいと願います。
建物も趣きがあり、静かにゆったりと鑑賞できる素敵な空間♪
これらの絵もこの空間も散在してしまうかと思うと悲しくなります。
どなたか財閥さま、文化の継承にご協力下さいませ。



f0139963_11191151.jpg

     隣接しているカフェでお茶をしながら、
     余韻に浸りました♪
by hohho-biny | 2009-03-29 11:54 | 展覧会

朝のテレビドラマ

f0139963_8173752.jpg朝のNHKドラマ「だんだん」は今日最終回でした。
毎朝7:30 出勤前
テレビの前に着席して観てきました♪
悲喜こもごも、人生いろいろ・・・ウルウル・・・
この歳になるともう後戻りはできない!
これまでの出会いに感謝して、
ささやかな日々を大切にしよう♪
「いのちの歌」という挿入歌が素敵で、
よく一緒に歌いました♪
いつでも読み返せるように書き止めました。
   

f0139963_8534737.jpg
☆☆ ♪ ☆☆ ♪ ☆☆ ♪ ☆☆

生まれてきてくれて だんだん
あなたに出会えて だんだん
かがやくいのちに だんだん
春はもうそこまできています  
                
☆☆ ♪ ☆☆ ♪ ☆☆ ♪ ☆☆
by hohho-biny | 2009-03-28 09:02 | 歌の時間

春の恵み

f0139963_743697.jpg

良賢さんの父上が畑で育てた野菜を頂きました♪
ほれんそうはさっと茹でておひたしで、
さといもは蒸して塩でいただきました。
お~い~し~い!
大地の恵みは新鮮で元気モリモリ♪






f0139963_747949.jpg


裏の児童公園のしだれ桜が
♪咲きました♪
三寒四温・・・春が少しずつ花開いて
♪嬉しい季節♪
by hohho-biny | 2009-03-25 07:54 | 四季のうた

時代を語る展覧会二つ

f0139963_747284.jpg
19世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動
「アーツ&クラフツ」
ウィリアム・モリスを中心とするイギリス・ウィーン工房から、その影響を受けて開花した日本の民芸運動まで、テーブルウェアや家具、室内装飾、書籍まで280点が一挙に公開されています!










f0139963_7475261.jpg

柳宗悦たちが昭和初期に建てた「三国壮」の部屋が再現されています。
手仕事のぬくもり、自然や伝統が生み出す美しさ、洗練された生活の中の美意識が静かな光を放っています。
時代を超えて今に生きている生活美にうっとりしてしまいます。
何とホッホーの生活とは隔たりがあることよ・・・
あ~あ!







f0139963_882629.jpg
Bunkamura ザ・ミュz-アムで「ピカソとクレーの生きた時代」を観ました。
3/22に終わってしまいましたが、クレー大好きま私には嬉しい展覧会でした♪
ドイツのデュッセルドルフにあるノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館が改修工事のため、その選び抜かれた名品コレクションが大々的に来日しました。
この美術館のクレーコレクションがまとまって来日するのは初めて、大いに堪能しました♪
ミロ、マティス、シャガール、マグリット、エルンスト、マックスベックマン等など・・23作家の作品が一堂に会していました!




f0139963_885396.jpg

ピカソの作品も初めて観る絵が来ていました。
これは「鏡の前の女」1937年
女はピカソの恋人マリー・テレーズ
キュビスムの手法で極端に単純化され、女は白い紙を前にして描くのを中断して静かに考えごとをしている
バルコニーから光が射し込み、大きな鏡には、分割された色が写っている・・・
女は何を考えているのかしら?なんて一人で妄想してしまいました♪





f0139963_891465.jpg
文庫にある子ども用の絵本を読み直しました。
色と色を並べたり、色と線を重ねたり、黒い線が自己主張したり、別れ別れになったり・・・
色と線たちが歌を歌って乱舞したり、美しい合唱になったり・・・
父は音楽の先生、母はピアニスト、本人はバイオリンを弾き、妻はピアニスト
クレーの周りにはいつも音楽がありました。
目に見えないものを見えるようにする20世紀の抽象絵画の道を拓きました。
♪どの絵からも音楽が聴こえてきます♪





f0139963_893056.jpg

ピカソはすごい!!
91歳で亡くなるまで、自由に豊かに変貌し続け、
「私の作品は破壊の集積だ」と
豪語した彼はすごい!
彼を愛し、彼に愛された何人もの女たちの不幸に想いを馳せるホッホーであります♪
by hohho-biny | 2009-03-24 09:08 | 展覧会

春分の日を過ぎて

f0139963_6555482.jpg春分を過ぎて・・・
日の出が早くなりました
今朝6:30
富士山がよく見えます
暖かな日が続いていて、
東京は今日、桜の開花宣言

小学校の卒業式に桜が咲く年は、暖冬♪



f0139963_659132.jpg


      ベランダのラッパ水仙が満開
      黄色い花は元気をくれます








f0139963_714665.jpg


あれッ!!
茎が伸びないうちに花が咲いたぁ~♪









f0139963_715971.jpg


春分の頃に毎年ひっそりとうつむき加減で咲いている春蘭









f0139963_745720.jpg


鉄砲百合は順調に育っています♪









f0139963_7161231.jpg


                       ♪季のおとずれ♪




f0139963_717148.jpg


まあ~!!
う~つ~く~し~い♪
春分の日、日がな一日ながめていました♪
四国徳島・香川地方にできる砂糖きびを古くから伝わる製法で作りあげた和三盆糖
和の心がこもった京都の逸品
by hohho-biny | 2009-03-21 07:29 | 四季のうた
f0139963_7111642.jpg
次に目指したのは、京都文化博物館
本館と別館があり、だだっぴろーい建物
この別館は、旧日本銀行京都支店で
重要文化財に指定されています
設計は辰野金吾とその弟子・長野宇平次、明治39年竣工
京都の歴史と文化を紹介する文化施設で昭和63年開館







f0139963_7114157.jpgこのように大きな広い建物で、どこに何があるやらわからず・・・
うろうろ・・・
3階の美術・工芸展示室の「池大雅と雛人形展」へやっとたどり着くも、
パンフレットも絵葉書も無し!
吉川観方コレクションと池大雅美術館コレクションの江戸時代、明治、大正、昭和のお雛さまたちがガラスケースに入れられて並んでいました。
お雛さまの後ろ姿はどうなっているのかなあ~と、後ろに回って鑑賞していたら、「その石の上には乗らないでください」と叱られました!
ピカピカに磨いた上等の石が汚れるからかしらん???
ミニチュアの雛飾りセットはガラスケースの奥の方にあり、よく見えず、拡大鏡もない!
観る者の視点を無視した展示で、あり余る贅沢な広い空間にも陳列方法にも照明の暗さにも腹が立ち、係員に文句を言いました。




f0139963_7384672.jpg


お昼は、セレクトクーポンで選べる”ゆばんざい”
お~い~し~い~♪









f0139963_74151100.jpg

白壁と板塀の町並み
手前の囲みは・・・犬猫除け??











f0139963_7434658.jpg
押し寄せる近代化の波に頑張っている日本家屋!
隣家はマツキヨ、道路をはさんでビル工事・・・
・・・なんだか哀しい






f0139963_7484414.jpg


                    郵便局












f0139963_749531.jpg


みずほ銀行
お金のある所はれんがの美しい建物が保存されている








f0139963_7561318.jpg


京都府のマンホールは、模様が美しい!








f0139963_7575937.jpg


京都便利堂で見つけた
かわいい絵葉書
ひなかざり 三谷十糸子 
昭和61年 京都府蔵






f0139963_7581487.jpg

      伏見人形 三谷青子
      昭和61年 京都府蔵
by hohho-biny | 2009-03-20 08:42 | おひなさま
f0139963_23341295.jpg

次に目指したのは宝鏡寺門跡
人形の寺です









f0139963_23394867.jpg
      門を入ると右手に人形塚があります
      壊れたり、汚れたりして捨てられてしまう
      お人形を供養して、その霊を慰め、
      宝鏡を持ったお人形が彫られています
      武者小路実篤の詩が刻まれいます

       人形よ誰がつくりしか
       誰に愛されしか知らねども
       愛された事実こそ汝の成仏の誠なれ
      





f0139963_23414712.jpg

ここは、見事なお人形も
素晴らしいお庭も撮影禁止でした!
美しい苔を見せられなくて残念だわ








f0139963_23433072.jpg

一部屋だけ撮影用に設けてあったので
写してみました









f0139963_23485978.jpg


絵葉書より 有職雛








f0139963_025945.jpg


      絵葉書より 有職雛









f0139963_07465.jpg



パンフレットより










f0139963_2356134.jpg

ここで有名な三折人形、万勢伊さん(左)に会いたかったのですが、東京の芸大美術館にお出ましで、お留守でしたぁ~!
お付きのおたけさんとおとらさんが何とも言えずいい感じ♪
☆3枚の絵葉書をつなげてお披露目で~す☆
by hohho-biny | 2009-03-19 00:42 | おひなさま