ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

f0139963_0264979.jpgこれはマドンナさんの手作りベアーちゃんです。
ちっちゃなものが大好きなマドンナさん。
自分でドールハウスを作る人ですから、小ささと精巧さにはこだわりがあります。
このベアーちゃんは、モールでできていて、1体作るのに6時間位かかったそうです。
大きさは、何と1.5cm位なのです!!



f0139963_0402916.jpgこの度、職場のシフト替えがあり、木曜日だけマドンナさんが当店に来ることになりました♪
職場でオタク人種は私とマドンナさんだけなので、昼休みにはオタク会議で盛り上がります♪
今回はマドンナさんがミニベアーコレクションを、私がミニこけしとおひな様絵葉書コレクションを見せっこしました♪

このベアーちゃんは、マドンナさんの先生(男性)の作品です。
さすがに品格があります!!
男の人の大きな手で、どうしてこんなに小さな作品ができるのか不思議です。
この小ささで手足が動くそうですが、こわれたら大変なので、動かせませんでした。



f0139963_0472493.jpgこれは、外人さんが作った素晴らしくかわいいクリスマスボックス♪
マドンナさんは、ピンク色とベアーちゃんが大好き♪
ピンクの箱を開けるとベアーちゃんとクリスマスツリーがあり、小さな引き出しが開きます。
ホントに小さなファンタジックな世界です。
よく見ると、ツリーの根元に犬がいます!
壁には絵が貼ってあります!

もう・・・虫メガネがないとよく見えません!




f0139963_0522373.jpgベアーちゃんを取り出して見ると、手編みです!!!
どうやるとこんなに小さなものが編めるのでしょうか??
私の想像を遙かに越える世界です♪

マドンナさんも私もオタク歴が長いので、見せっこするのが楽しみ!♪☆
この世界は、長い歳月と熱意と労力をつぎ込んできた者にしかわからない熱中時間なのです。
小学生時代から何足の靴を履きつぶしたことか!!
by hohho-biny | 2009-01-30 01:27 | オタク時間

オタクの楽しさ

f0139963_23592978.jpg
古書往来座の外市で見つけた逸品!

真ん中は陶板、デザインがユニーク♪
作者は岡山の方のようですが、
残念ながら故人

左右は木製のオーナメント 楽しいふくろうたち♪




f0139963_035682.jpg

 
   左はのむみちがみつけてくれたブックマーク
   右はホッホーが見つけたブックマーク
   しおりは大好き♪







f0139963_064279.jpg
真ん中の竹のしおりは、
マドンナさんが見っけ!
左のハミガキ消しゴムは、
ピンク系の大好きなマドンナさんから。
右の和菓子とポリスピストルはホッホーが見つけた面白消しゴム
by hohho-biny | 2009-01-29 00:25

ほっぺたがおちる

f0139963_2223138.jpg
「芋きんとんを作ったのでどう~ぞ」と良賢さんから手作りの品を頂きました!!
「ええっ!?きれいな色!
あなたが作ったの?」
「そうなんです。裏ごし大変なんですよ~」
「ホッホー!あなたがねえ・・・・??」



f0139963_22231550.jpg
その日早速、酒のおつまみにしたら・・・
お~い~し~い~♪ 
なめらか~で幸せな気分♪
というわけで半分ペロリと食べてしまいました。
高校の家庭科で教わってから毎年作っているそうです。
焼きミョウバンを入れてゆでこぼし、くちなしの実を入れて煮て裏ごしして砂糖とゆで汁を入れながら練り上げるそうです!
作るのは大変そうなので・・・次回予約することにしましたぁ~



f0139963_2239531.jpgこれはしゃぶしゃぶ用豚肉を使ったサラダでドレッシングがバカウマです。
学校の栄養士さんが教えてくれました。
肉を茹でる熱湯には少しトリガラスープの素を入れるとやわらかくなっておいしい。
色が変わったら氷水にとってザルにあげる。
生姜すりおろしとラー油をすし酢に入れるとおいしいドレッシングに変身!
お試しあれ♪



f0139963_2246180.jpgこれも学校の栄養士さんから教わった「もやしと豚肉とピーマンの炒めもの」
肉に塩、こしょう、酒、生姜汁、片栗粉で下味をつけ、肉、野菜の順に炒め、酒、水、塩、中華味顆粒で味つけ、煮立ったら、水溶き片栗粉でとろ~り。
コツは強火のまま手早く仕上げる。
アツアツでもやしもピーマンもしゃきしゃきして
お~い~し~い♪




f0139963_2332532.jpg

ふくろうマッチのある喫茶店のランチ








f0139963_2345450.jpg

たこ焼きせんべい
あつあつのたこ焼きをソースセンベイにはさんで、ソースとカラシマヨネーズをかけ、両側からつぶして食べます。





f0139963_2375735.jpg

酒処のおつまみセット








f0139963_2394265.jpg

浅草の天ぷら老舗の天丼
天ぷらの茶色加減にびっくり!!
周りの人たちがみんなこれを食べていた。






f0139963_23142130.jpg

醤油やさんのかき揚げ温うどん
これが一番人気





f0139963_23324825.jpg

職場の近くの小料理屋のかなりリッチな1500円のランチ
お通しからしておしゃれ
メニューはずっしりとした杉板(後ろに写っている)




f0139963_2336323.jpg


一年振りに良賢さん、ノッポさんと食べに行ったのですが、幸せ一杯、お腹一杯になり、午後のお仕事をしたくなくなり、ドヨンとしてしまうのです☆





f0139963_23163099.jpg
今夜のつまみ
宮城県のアンテナショップの前を通ったので、懐かしくて入りました。
しそ巻きに笹かま、長茄子に赤かぶ漬け、白謙揚げ、牛タンジャーキー、酒は高知の超辛口司牡丹、何故かポンパドールの人気No.1フランスアンパン(実はのむみちが一押しといういちじくとクリームチーズ入りのパンを買いに行ったのですが、売り切れ!)
百年に一度の不況を乗り切るために、食べて元気をつけるしかない!
というわけで、景気回復の消費に貢献しているホッホーであります。
by hohho-biny | 2009-01-26 23:53 | おいしい時間

冬のべランダ

f0139963_72012100.jpg
冬の朝のベランダは寒い、
ぶるぶる~ぶるぶる~
秋に植えたチューリップの芽が
出ましたぁ♪





f0139963_7203694.jpg

      ラッパ水仙の芽もちょっぴり顔を出しました♪









f0139963_7214263.jpg


鉄砲百合はもうこんなに伸びました!








f0139963_7223235.jpg
秋にガチガチの球根を植え替えて二つに分けた
ネリネの花が咲きました♪
寒い北風に淡い優しげな色が揺れています。

芽が出て・・・ふくらんで・・・
花が咲いたら・・・ジャンケンポン♪
by hohho-biny | 2009-01-24 07:39 | 四季のうた

ちっちゃな世界

f0139963_23355829.jpg20日のオバマ大統領就任式に集まった200万人の聴衆と共にテレビで演説を聞き、とても感動しました!!
病めるアメリカの新しい改革に向けてきっと何かをするだろうという期待を持ちました。
どこぞの国の支持率が下降線の首相とはエライ違いです。


世界の大国アメリカから見れば、私のささやか生活は、島国日本のなかの本当にちっちゃな世界ですが、穏やかな平和を守るための努力はしているつもりです。

ふと、ちっちゃな世界に想いを馳せました。
ちりめんで作った鳩車です。
平和の使者。


f0139963_2350949.jpg

黒と白の招き猫を有田焼のミニ皿の上に並べました。
黒人も白人も人種を超えて共に共存し、平和を招いていきたいものです。







f0139963_2353302.jpg


お雛様の箸置き
男も女も仲良く手を携えていきましょうね。







f0139963_2355097.jpg


     世の中はさまざまなご縁で結ばれているようです。
     ご縁に感謝すれば、世界に平和が訪れます。
     無意味な戦争が終結しますようにと祈ります。
by hohho-biny | 2009-01-23 00:08 | おひなさま

金子みすずの詩

f0139963_23153536.jpg「いつだったか、ミーティングの時にホッホーさんが読んでくれた小鳥とすずの詩をウチのチビが声に出して読んでいるんですぅ~ いい詩ですよねえ~」と良賢さんが言うのです。
「金子みすずの ”わたしと小鳥とすずと” かしらん?」
「そう それでーす!」
どうもクラスでいじめがあるらしく、担任の先生がプリントして皆に声に出して読ませているらしいのです。

      すずと、小鳥と、それからわたし、
      みんなちがってみんないい
で終わる素晴らしい詩なので、子どもの時にこの詩に出会った子どもは幸せです。
全文を知りたい方は9/26のホッホー便「朝焼け」をご覧下さい。



f0139963_23402149.jpg
最近読んだみすずの詩で感銘したのは
 
”繭と墓”

 蚕は繭に
 入ります。
 きゅうくつそうな
 あの繭に

 けれど 蚕は
 うれしかろ
 蝶々になって飛べるのよ

 人はお墓へ
 はいります
 暗いさみしい
 あの墓へ。

 そしていい子は
 翅が生え
 天使になって飛べるのよ。
by hohho-biny | 2009-01-19 23:47 | 詩の時間

ホッホー文庫

f0139963_18353168.jpgかつて差別の中でたくましく生きていく黒人女性の姿を書いた小説「カラー・パープル」で黒人女性として初めてピューリッツァー賞を受賞したアリス・ウォーカーが絵本を出しました。
2008年12月初版 偕成社
戦争が、姿をたくみに隠し、人々の平和な日々にしのびよる・・・・


そのおそろしさを伝えることが子どもたちを守るひとつの手だてになると信じています・・・と帯に書いてあります。

世界ではイスラエル軍がパレスチナ自治区ガサ地区への攻撃をしています。

アメリカではオバマ氏就任に向けて列車でワシントンに向かっていて、「より良い世界をめざそう」と言っています。


f0139963_1910911.jpg常に弱いものの立場にたって社会に問いかけてきた彼女が、2001年9月11日のテロ攻撃に対して、自国アメリカが行なった報復の現実を知る。
そこには平和だった毎日の暮らしを破壊され、親を亡くし、さまよう子どもたちの姿があった。
「戦争」が何なのか、わからないままに巻き込まれ、傷つく子どもたちをこれ以上ふやしたくない・・・
彼女の強い思いにステファーノ・ヴィタールが素晴らしい絵でこたえた力作。
長田弘の訳です。

アメリカに、そしてこの星に長く生きてきたもののひとりとして、幼い人たちのことを考え守ることに、自分の持てる力のすべてをそそぎたい・・・と熱い思いが込められています。



f0139963_19205668.jpgこの本は北海道のエゾフクロウとタンチョウヅルの小さな写真集です。
著者の間山公雅氏は、1957年小樽市生まれ。
時事通信社、ロイター通信社のカメラマンとして世界中の紛争や大災害などのニュース現場で30年近く取材してきました。
厳しく過酷な現実の中で傷ついた人々を取材する日々から北海道の自然に戻ると心が癒されるそうです。
環境破壊により絶滅の危機に瀕する動物たちが、目前の「生」をたくましく生きようとする姿に、世界中の紛争や災害で傷つきながらも懸命に「ただ生きるためだけに生きる」姿が重なり、その尊い姿や苛酷さを忘れぬようにと諭されるのだそうです。
フクロウとツルのカップルや子育てショットがかわいく優しく写っています♪
2009年1月 文藝春秋


f0139963_19472120.jpg昨日、神楽坂の不二家で買ってきたペコちゃん焼きを食べました♪
たい焼きの生地のペコちゃんバージョン。
チーズ、あずき、チョコ、カスタード、キャラメル、苺ミルクの6種類ありました。
不祥事を起こした不二家ですが、日本では神楽坂にだけしかないペコちゃん焼きは、頑張っています。
1個105円。

f0139963_202769.jpg

幼い頃、不二家は憧れでした。
レストランでパフェを食べさせてもらった幸せは、
このペコちゃんの舌のような思い出です。








f0139963_1954340.jpg

by hohho-biny | 2009-01-18 20:15 | ホッホー文庫

童画の世界

f0139963_6161918.jpg東京藝術大学の近くに国際子ども図書館があります。
内外の児童書とその関連資料に関する図書館サービスを行なっています。
国立国会図書館の支部図書館として
2000年に設立
日本初の国立の児童書専門図書館ですが、あまり知られていないのが残念です。


     理念は 「子どもの本は世界をつなぎ、未来を拓く」



f0139963_6234350.jpg
      天然木の看板です

      入館無料!

      カフェテリアもあり、
      ケーキセットが安くておいしい




f0139963_63018.jpg


1906年に創建された帝国図書館の建物を再生利用しています。

館内は天井の高さ10メートルの漆喰の広々とした空間にガラス戸から光がふんだんに入る設計です。






f0139963_6443170.jpg

国内外の子どもの絵本、読みもの、知識の本、雑誌などがいっぱい並んでいて自由に読めます。
丑年なので、牛の絵本が紹介してあります。

世界を知る部屋、おはなしの部屋もあります。







f0139963_6491572.jpg今回の展示会は ”童画の世界”
絵雑誌とその画家たちが紹介されています

戦前期の日本で、子供之友、コドモノクニ、コドモアサヒ、キンダーブックなどの絵雑誌が子どもの世界を彩っていました。
その絵雑誌の誕生から衰退までの流れと活躍した童画家たち、武井武雄、初山滋、岡本帰一、村山知義、川上四郎、清水良雄、深沢省三、竹久夢二などの作品が紹介してあります。

子どもたちを描いた絵はどれも懐かしく、活き活きとして、古き時代の子どもへの真摯なまなざしが伝わってきて感動しました!
時代は戦争へと向かい、絵本の世界は次第に衰退し廃刊となる推移がよく判る展示です。



f0139963_732699.jpg

   絵本ギャラリーでもらった絵葉書
   デンスローの三匹のくま






f0139963_765941.jpg
 
            兎のダンス 
            岡本帰一・絵  野口雨情・詩
            1924年5月コドモノクニ
by hohho-biny | 2009-01-16 07:23 | 展覧会
f0139963_6551026.jpg
冬晴れの午後、
上野公園を歩いていたら・・・??!!
青いキリンを発見!
いまだかつて
こんなキリンは見たことがありません!
近寄ってみると、オブジェでした。
「麒麟」 熊谷貴明 2008
青空に映えて美しい姿でした♪
「このキリンは空を飛びたいのよ~」とoliveさんが言いました。
ホッホー な~るほど・・・空になりたいキリンさん



f0139963_74212.jpg
周りをキョロキョロすると・・・
あちこちにオブジェが散在しています!
この恐竜の卵のようなものは・・・
「かくれみの」 片村信 2008
木が描かれていて、カメのようなカタツムリのような姿で木漏れ日に輝いていました。
何がかくれているの?



f0139963_7103583.jpg

ひだのある屏風のような立像
「PASSEGE」 ???
和田礼治郎 2008
辞書で調べても判りませんでした!何語??








f0139963_7133860.jpg

この寒さの中、地面に這いつくばって咲いている花を発見!
近寄ると菊の花でした♪
「枯れ菊だわ、上野の菊はエライ!」とoliveさんが言いました♪





f0139963_716573.jpg

一番美しく頑張って咲いている花を写してあげました♪








f0139963_71877.jpg
これは常夜灯かと思ったら、作品でした!
鉄の鳥かごのような中にライトが2個設置されていました。
「exterior」 大石泉 2008
英語表示が意味不明だったので帰ってから辞書で調べたら・・・
外部、表面、外観・・・???





f0139963_7311876.jpg


これは表示版のオブジェでわかりやすい♪
右に曲がって国際子ども図書館に向かいます。






f0139963_7343540.jpg

京成電鉄の博物館動物園駅跡です。

上野公園内には、炊き出しを待ちながら歌を歌っている集団がいて、心が痛みました。
豊かな筈の日本の不況の現実がそこかしこにあります。
by hohho-biny | 2009-01-15 07:43 | 路上観察
f0139963_8481017.jpg
地下鉄の東銀座で降りると歌舞伎座があります。
1/11新春公演の昼の部は完売とのこと!
立派な門松だけ写して通過。
歌舞伎はチケットが高いので、招待券をもらった時か、安い三階席でしか観ません。








f0139963_854241.jpg

まゆ玉が飾ってあった(プラスチックだけど)
ので、カシャ
あら!逆光だったので失敗だわ!






f0139963_856263.jpg観たのは、”シネマ歌舞伎”
指定席一律2000円のなんちゃって歌舞伎。
河竹黙阿弥作 山田洋次監督作品「連獅子」と
岡鬼太郎作 榎本滋民 改訂・演出「眠駱駝物語 らくだ」

シネマ歌舞伎は、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影してスクリーンで上映するという松竹が開発した映像作品です。
う~つ~く~し~い!
臨場感あふれる映像にため息が出ます。
中村勘三郎、坂東三津五郎ら歌舞伎役者の芸達者には舌を巻きます。
親獅子を演じる中村勘三郎の長男勘太郎、次男七之助の連獅子には、感動拍手拍手
お正月気分を堪能して築地に向かいました。




f0139963_9213549.jpg

築地本願寺の前を通りました。
”ここは何処の国?”と思うような立派な寺院です。
ここでご葬儀を出せる人はお金持ちです。






f0139963_926039.jpg


歩道には、しゃれたデザインのモザイク画






f0139963_9261480.jpg









f0139963_9262681.jpg











f0139963_9292887.jpg


夕陽を見るために聖路加病院の
展望タワー47階に昇りました。
夕方4時過ぎ







f0139963_9322341.jpg











f0139963_9325249.jpg












f0139963_934573.jpg


生憎、西空には雲がかかっていましたが・・・
4時35分日没 これはこれで美しい♪







f0139963_9362736.jpg


4時43分 富士山の向こうに沈んでいきました♪







f0139963_9383113.jpg



眼下の隅田川を船が進んでいきます
美しい光景









f0139963_940375.jpg



        4時47分 真っ赤な夕焼け







f0139963_941414.jpg



4時50分 日没と同時に
東京タワーに灯がともりました!








f0139963_9433581.jpg


5時6分 東京タワーのオレンジ色の灯りが浮き出してきました。
東京タワーができてから50年経ちました。
小学生の時に見学に行った昭和の記憶が蘇えります。
by hohho-biny | 2009-01-13 10:03 | 路上観察