ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

長月のうた

f0139963_6115119.jpg九月も明日で終りです。
日ごとに秋の気配に見舞われて、
今朝はひんやりして長袖を羽織りました。

        長月のうた   
                木坂 涼

   黄緑色の針坊主
   栗の毬
   いかめしく鎧っていても
   受ける時にはいさぎよく 受け入れるのか
   身の亀裂を

   秋の その手に掛かって
                         開かれるのか
                         隠しきれない身の内を
by hohho-biny | 2008-09-29 06:29 | 四季のうた

花を撮る人を撮る

f0139963_2214418.jpg

今年は巾着田に行くのが遅かったので、
曼珠沙華は盛りを過ぎていました
我が老後を見るようでした!
花がしぼむと情ないのですよ








f0139963_2215722.jpg


高麗川沿いも華やかさに欠けます







f0139963_2273832.jpg



 青年たちは熱心に白花を写しています
 若いのにみんな高級なカメラ持っているのよ








f0139963_2283826.jpg



     ホッホーはこのように写します






f0139963_2294356.jpg


気を取り直して・・・
これから咲く蕾を探して写します









f0139963_22105086.jpg



ここにも熱心に狙いを定めている
お兄さんがいます
彼岸花は若い男性に人気みたいね!






f0139963_22114928.jpg



 ホッホーはこのように写します










f0139963_22123634.jpg

橋の上から見ると・・・
こんなに熱心に何を写したいのかな??
と可笑しくなるほど一生懸命なお兄さまたち






f0139963_2216354.jpg


あら!こちらの面々は・・・
何を写しているの?
白と赤の競演かしら?






f0139963_22174952.jpg


ホッホーはこのように写しますわよ








f0139963_221903.jpg



あら!このお兄さんも白花がお好き
カメラにお金つぎ込んで
物言わぬ花を愛する風潮が・・・






f0139963_22205010.jpg


     こちらのお兄さんは・・・
     赤花の絨毯がお好き







f0139963_22223241.jpg


ホッホーはこう写しますわよ。






f0139963_22233798.jpg

 


                   こう写すと・・・
                   まっすぐ過ぎて
                   怖い感じだわ~





f0139963_22243410.jpg


♪今日のホッホーの
  ベストショットは、これ!♪
by hohho-biny | 2008-09-28 23:05 | 花時間

捨てる技術! その2

f0139963_6402973.jpgこれは、流しの上の戸袋に何十年も眠っている鍋
先日、ギャング一家が来たときに
「これ、ど~う?もらって行ってよ」と言ってみました
「これはねえ・・・ガス台に載せるんだよねえ・・・持ち手が熱くなるよ~・・・掃除が大変そうだよ~」
とギャング親分、難色を示す
「あのう~今はホットプレートがありますからねえ・・・
リサイクルショップかバザーにでも出したらどうですか」
とギャング妻キッパリ発言
私も一回も使わなかったもらいもの鍋です
捨てます!


f0139963_6404497.jpgこれは電動かき氷器。
ギャング親分幼少時のシロモノ。
先ず動くかどうか実演して見せる → 
上部を外し、氷を入れて上から手で押して圧をかけます → 
素晴らしい!かき氷が出てきます!♪
チビギャングの目がキラキラしています
♪かき氷大好きなチビギャング♪
「あのさあ、今年アンパンマンのかき氷器買ったんだよね~」とギャング親分
「欲しくて買ったのにねえ・・・手動なのですごく大変だったのよねえ・・・疲れちゃって失敗だったわよね」とギャング妻
「これは楽よ~ 持って行けば~」
「もう夏が過ぎましたしねえ・・・来年にしま~す」
というわけで来年まで又戸袋に
あ~あ~


f0139963_732620.jpgこれは何十年も押入れで場所をとっていたかりんとうの缶
朱赤がきれいだし、デザインもレトロだし・・・
というわけで数十年

2本の缶は、コーヒーの空き缶を利用して作ったマラカス
中にお米が入っています
高齢者遊ビリテーションのワークショップで作った優れもの
両手に持って合奏します

これをかりんとう缶に入れてチビギャングに送りつけることにしました。
チビギャングのお宝箱にぴったりだわ~

f0139963_7125974.jpg
これはお菓子の缶
この形って収納しにくいのよねえ・・・
と言いつつ数十年
何故とってあったのか・・・



f0139963_7153745.jpg



ふくろうとみみずくがいるんですよ!


f0139963_7155657.jpg
      これもチビギャングのお宝箱にどうかしらねえ・・・
by hohho-biny | 2008-09-27 07:34 | オタク時間

朝焼け

f0139963_5575855.jpg
今朝5:30 
真っ赤な朝焼けでした。
ふと 
金子みすヾの詩を
思い出しました。



                   大漁

               朝やけ小やけだ
               大漁だ
               大ばいわしの
               大漁だ。

               はまは祭りの
               ようだけど
               海のなかでは
               何万の
               いわしのとむらい
               するだろう。


f0139963_642846.jpg


 
  朝焼けを映す南の空の雲





                   わたしと小鳥とすずと

                わたしが両手をひろげても、
                お空はちっともとべないが、
                とべる小鳥はわたしのように、
                地面(じべた)をはやくは走れない。

                わたしがからだをゆすっても、
                きれいな音はでないけど、
                あの鳴るすずはわたしのように
                たくさんなうたは知らないよ。

                すずと、小鳥と、それからわたし、
                みんなちがって、みんないい。



f0139963_613550.jpg職場の脇の彼岸花が咲き乱れています。
お彼岸の頃に律儀に必ず開く不思議!

金子みすヾは優しい詩人で、
たくさんの素敵な詩を遺しました。
昭和5年、26歳の若さで生命を絶ちました。

豊かな感性をもった優しい女性が
生きにくい時代でした。
朝焼けや彼岸花を見ると
亡くなった人たちを思い出します。
by hohho-biny | 2008-09-26 06:43 | 詩の時間

からくり時計

f0139963_6453257.jpgoliveさんから新聞の切り抜きが送られてきました。

「愛」の鐘鳴るからくり時計 篠崎駅ビルにお目見え!!
指揮者のフクロウのあいさつでコンサートが始まり、動物たちがリズムを取りながら演奏の動作をする・・・

行かなくっちゃ~

からくり人形のお目見えは、十時、正午、三時、六時の4回とあったので、三時を目指して
遠路はるばる・・・西武線→丸の内線→都営新宿線篠崎駅

三時の鐘が鳴りました。いよいよ~始まる~
ところが鐘は鳴り終わったのに・・・開きません???
いくら待ってもし~んとしています。
一緒に見ていた子が、「この前は壊れていたんだよ。でも張り紙してあったけどなあ・・」!!

さあ大変!
ここまで来て壊れているなんて・・・
あわてて駅改札の駅員さんに尋ねる
「ウチの管轄じゃないので、駅ビルの管理室に訊いてごらん」
→管理室のおじさん曰く、十時、正午、二時、四時、六時にやるよ~

f0139963_7325479.jpg

待つこと一時間・・・
四時の鐘、扉が開き、始まりましたぁ
ああ、よかったぁ~ 
新聞記事は1991年8月情報でしたからねえ・・・




f0139963_765891.jpg

だーれかさんが だーれかさんが だーれかさんが みーつけたー
ちいさいあーき ちいさいあーき ちいさいあーき みいつけたー

演奏はサル、ウサギ、リス、シカ、♪指揮者はフクロウ♪




f0139963_7144454.jpg 


舞台は上の方なので・・・ズームして・・・
フクロウの指揮ぶりをパチリ
あら!
赤い上着に緑のズボン!!
私のラッキーカラーよ!!







f0139963_7174594.jpg


他の動物たちも写してあげましょう。

ちいさい秋を一緒に歌いました。






f0139963_7303450.jpg












f0139963_7202370.jpg



動物オーケストラのからくり演奏は楽しい♪








f0139963_7203830.jpg

おしまいです。
終りにフクロウが礼をしました!
by hohho-biny | 2008-09-25 07:42 | 路上観察

映画音楽

f0139963_6454081.jpg今朝6:15の南の空
朝晩は涼しくなり、しのぎやすくなりました。
ベランダの花たちは、お疲れ気味です。
彼岸花の初花が咲きました。
映画「イントゥ・ザ・ワイルド」で流れた歌が素敵だったので、書き写します。
歌詞翻訳 松浦美奈
エディ・ヴェダー「ギャランティード」



f0139963_646733.jpg

    ひざまずいていては
    自由になれない
    空のグラスを高々とかかげて
    どこへ行こうと自分らしくいよう
    自由でいるために




f0139963_6464738.jpg



  誰もが少しずつ人生に囚われ
  家族でさえ見知らぬ存在に
  多くの疑問への答えに迷う
  そして日々は続く





f0139963_6465927.jpg


      僕を縛らないで
      旅に出るのだから
      はるか彼方に僕を呼ぶ地がある
      心残りなのはただひとりだけ
      家で待つ君





f0139963_6471113.jpg


  出会う人は誰も檻の中で生きている
  そんな人たちは僕を理解できない
  憤りはあるけれど純粋に思考する
  僕は生きている




f0139963_6473223.jpg 
      髪に風を感じ自然の中を行く
      見失った道を取り戻すために
      夜の闇にまぎれ木々が歌っている
      僕の頭上で

      僕に構わないで
      道は見つける
      永遠に軌道を回る衛星のように
      新しいルールで生きていこう
      ゆるぎなくーー
by hohho-biny | 2008-09-24 07:25 | 求めない時
f0139963_7213415.jpg
1992年夏、アメリカ最北部アラスカ州の荒野で若者の死体が発見された。

裕福な家庭で育ち、優秀な成績で大学を卒業した彼は、ある日突然全てを捨てて旅立ち、2年間の放浪の末、衰弱死の最期を迎えた。

映画「イントゥ・ザ・ワイルド」を観ました。
ジョン・クラカワーが事実を元に書き上げたノンフィクション「荒野」をショーン・ペン監督が10年の歳月を費やして作った力作です!!
   
そして僕は歩いて行く
まだ見ぬ自分と出会うために

      北へ行くんだ
      ひたすら北へ向かう
      僕一人だけの力で
      時計も地図もオノもなし
      何にも頼りたくない
      真っ只中で生きるんだ
      そびえる山 川 空  猟銃
      荒野のど真ん中で
      分かるかい?
      ただ生きるんだ
      特別な場所でその瞬間を

現実の豊かさを捨てて自由と孤独と手にした青年。
家族から脱出し、社会に背を向けて、彼が求めた幸せは何だったのか?
幸せとは何か? 彼は死と引き換えに理解するわけですが・・・

何処にも属さず、自由と孤独を手にして生きるというのは、実は単純ではない。
自立自尊の生き方をしたいなら、それなりの覚悟と知恵が必要なのです。

自立自存への旅は捨てる技術と幸せの追求が表裏一体で、世の通貨コインの裏表であることを、ホッホーとしては青年に教えてあげたかったなあと思ったことでした。

「甘いのよねえ、自己中の自己愛なだけじゃん!! しっかり生きて幸せになりなよ~」

自然の雄大な風景や出遭う人々との心の関わりに見ごたえがあります。
自分らしく生きたいと迷っている人におススメですが、死をもって証明しないでくださいね。
by hohho-biny | 2008-09-23 08:40 | 映画時間
f0139963_645747.jpg
賢治のお墓は日蓮宗身照寺境内の墓地にあります。

階段の入口でふくろう像が迎えてくれました!









f0139963_6484116.jpg



掲示板には
こんな含蓄のあるお言葉が・・・







f0139963_6494687.jpg


賢治のお墓はこちらです。







f0139963_6504935.jpg


左側のまあるい品のいい墓石です。

お線香に火をつけて、手を合わせました。






f0139963_6543065.jpg


お墓の前には、立派なふくろう像が鎮座






f0139963_656563.jpg


   お墓の周りには、誰が置いたのか?
   ふくろうがあちこちからのぞいていました。






f0139963_6562553.jpg







f0139963_6563943.jpg










f0139963_70434.jpg


ブロックには蔦がはって風情あり







f0139963_764355.jpg


   振り向いて空を見上げると・・・
   木立と真っ青な空♪
   賢治の世界!






f0139963_792813.jpg



足元にはマンホール



f0139963_715028.jpg



              どんどはれ
by hohho-biny | 2008-09-22 07:23 | 気まま旅

秋は読書

f0139963_6211450.jpg
カメラマン夫妻共著の
写真絵本です。
2005年初版、小学館

赤ちゃんが生まれて1時間後から1歳になるまでを同じ条件下で撮影して記録したもの。
赤ちゃんを家族に迎えたお姉ちゃんの心模様も一緒に描いています。


夫妻の仕事は、心温まるカメラワークで、知的障害をもつ長男の日常を綴った作品や弱者を育む姿勢を貫く素晴らしい作品がいろいろあります。

「文庫に遊びに行くよ~」とギャング一家から連絡がありました!
きゃ~~大変だぁ~ チビギャング襲来!
ふくろう小物やオタクグッズ片付けなくっちゃ~

    本日 ホッホー文庫開放日
        午後1時~5時
f0139963_640446.jpg

ユニークなアメリカ人、アーサー・ビナードの最新詩集
2008年7月初版 理論社

人間世界の矛盾を鋭く、ユーモラスに表現していて
痛快痛快

古川タクの挿絵が愉快愉快
ふくろうが登場する「仕事」を紹介します。






f0139963_6455753.jpg



f0139963_648127.jpg

最近、漫画にはまっています。
「キャットストリート」全8巻読了。
目下NHKで木曜夜に放送中。
ちょっと興味津々で・・・
原作漫画を読破してしまいました!!
やはり原作の方がずっといいです。
by hohho-biny | 2008-09-21 07:10 | ホッホー文庫

海辺の美術館

f0139963_6345780.jpg
海辺の美術館は、葉山町一色にあります
神奈川県立近代美術館葉山

ウチからは遠いので、朝から思い切って出かけなければなりません
池袋から湘南ラインで逗子へ
→海岸廻り葉山一色行きバスに乗って18分


f0139963_6481686.jpg

     海を見るのは本当に久し振り
     バスから見える海辺の風景もまたよろし







f0139963_6354295.jpg










f0139963_636132.jpg

門を入ると珍しい看板がありました!

”手に食べ物を持っているとトビにねらわれて危険です”







f0139963_6505867.jpg

館庭には、近代彫刻が展示されています








f0139963_6511191.jpg










f0139963_6512297.jpg










f0139963_6513782.jpg



波の音が聞こえるので・・・
中に入る前に小道に沿って歩いて行くと目の前に海が広がっていました!






f0139963_6515092.jpg


海を見ている男の背中に人生が・・・・









f0139963_755920.jpg


中庭にも彫刻があります
向こうに見えるのは、ショップとレストラン









f0139963_761315.jpg











f0139963_77557.jpg


海の見えるレストランは長蛇の列
7席しかありません!
頑張って並ぶこと1時間30分!





f0139963_7155216.jpg
ランチコースが3種類あり、高い!
一番安いのを注文
合席でもいいと言ったのに・・・
4人席で一人ゆったり海を見ながらのランチ





f0139963_716590.jpg









f0139963_7162176.jpg










f0139963_730461.jpg

    レストランから優雅に眺めた海と松









f0139963_7192935.jpg


逗子駅前のマンホール

どんどはれ
by hohho-biny | 2008-09-20 07:36 | 路上観察