ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

<   2008年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

あッ いたたたた・・・

f0139963_19231570.jpg
昨日の朝、起きようとしたら、「あッ いたたたた・・・」で起き上がれず、やっとの思いで立ち上がり、歩こうとすると・・・「あッ いたたたた・・・」・・・で・・・・
腰の曲がったオバアサン歩き!!
これは一大事と、先ず専務に電話し、働く仲間に電話し、シフトの変更をお願いする。
ブログなどやっている場合ではない。
何はともあれ、
角度によって腰が「あッ いたたた・・・」なのだから。
診療開始30分前に整形外科へ。待っているのはオバアサンばかり。(私が一番若い!)
病気の話と他人のうわさで花盛り。
オジイサンは二人。一人はお外でタバコをふかし、
一人は酸素ボンベを引き、杖をついてリハビリ室へ・・・
「ああ、我が未来はこうなるのか・・・」と暗い気持ちになる。
原因は、多分、職場の休憩室の床があまりに汚くなったので、昼休みにクレンザーで磨き、雑巾がけを中腰でやったのが・・・そして少々痛いのを無視して歩き回ったのが・・・
普段やらないことをやると・・・こうなるのです!
レントゲンを4枚もとられ、診断は「まあ、老化現象ですね。脊椎が少し曲がっていますからねえ。椎間板も狭くなっていて突起が神経にさわると痛くなるんですよ。長年の無理の積み重ねでしょう。立ち仕事する時は、コルセット巻いた方がいいでしょう。電気かけて、湿布出しますから貼っといて。」と医者。
「治るんですか?」
「治りませんよ。曲がった骨は」
「病名は?」
「変形性脊椎症です」
が~~ん!!ついに私もオバアサンになってしまったのでした!!
”あいたた族”と命名したら、私より二つ年下の専務は「私なんか前からそうよ。これって職業病なのよ。痛い時はコルセット巻いているわよ。歩く時は、こうやって胸を張って、手を大きく振って後ろに引く時に力をいれるといいのよ」と。
かたつむりさんは「ホッホーさんもやっと仲間入りね。遅すぎた位よ。腰痛予防体操教えてあげるわね。歩くばっかりじゃダメなのよ。時々マッサージに通って筋肉ほぐさなくっちゃ」と。
痛くなって初めてわかったことですが、”ニンゲンは全て腰で支えられている”と。
グログ書く時、頸の骨が前傾し、腰の骨が湾曲するのがわかります!
ブログって骨の老化を促進するかも・・・よ。
やめようかなあ・・・
by hohho-biny | 2008-05-31 20:52 | ホッホー文庫

赤坂が変わった!

f0139963_6461965.jpg
赤坂ACTシアターに行くのに、地下鉄千代田線の赤坂駅で降りました。
このガイドブックによると
”新たな文化と人の笑顔を「咲かす」、赤坂サカス”
何を咲かすのか?というと・・・
約100本もの桜を「咲かす」この地
歴史と伝統をふまえ新たな文化を「咲かす」
いくつもの坂のある「坂s」の坂
そして何より、ここを訪れる人々の笑顔と想いと夢を「咲かす」ことができるように。
な~るほど・・・ホッホー!

f0139963_656168.jpg



Biz Towerには・・・
赤坂をカエル。全46店舗が入っています。







f0139963_659247.jpg
行列のできるパン屋さんがあると聞いていたので行ってみました。
すいていたので5分位並んで中に入れました。
な~るほど・・・店内は狭くて・・・
4人位入るといっぱいで、そのお客さんが出ないと次を入れないから、外に行列ができるわけで・・・
という行列のできるパン屋さんでした。

f0139963_77792.jpg
値段が高いので、安い順に1~2個ずつ買ったのですが・・・千円を越えました!
お店の名前を読めなかったので、名刺をもらい、ルブーランジェ ドミニク・サブロンと読むのだとわかりました!
あの有名なマキシム・ド・パリのパン屋さんのようです!
な~るほど・・・日本のフランス化!
パンは噛めば噛むほどおししいのですが・・・
外側が堅くて・・・さし歯が折れないように気をつけなくっちゃ!


f0139963_71648100.jpg

パン屋さんの隣にはカフェがあり、こんな看板が立っていました。
な~るほど、ワンちゃんと一緒にお茶ができますよ~と書いてあります!
赤坂で犬とお茶ねえ???
まあどうぞお好きに。



f0139963_7211582.jpg


新しく生まれ変わったTBSのビル。
この右手にACTシアターがありました。





f0139963_724141.jpg



赤坂サカス訪問記念に妹がベストを買ったので、
普段は洋服をほとんど買わない私も
赤坂記念にヒラヒラヒラ~のこんな服を買ってみました。
中国製  ♪今年の流行色♪
ウチに似合わないのか・・・ピンボケになっちゃって!
by hohho-biny | 2008-05-29 07:43 | 路上観察
f0139963_782019.jpg
昨夜、赤坂ACTシアターで「Riverdance」を観ました!!!!
ブラボー!すてき~♪感動~!
♪パチパチ拍手いっぱ~い♪
上半身を真っすぐにしたまま、脚だけを目にも止まらぬ速さで素早く動かしてステップを踏む伝統的なアイリッシュダンス。
その素晴らしいスピードとタップの靴音がシアター中に響き渡り、観客を釘付けにします。
コーラスラインのように並び、一糸乱れずステップを踏む美しさに息をのみます!!
ダンサーたちは、子どもの頃から厳格なアイリッシュダンスを学び、世界大会でチャンピオンに輝いた精鋭ばかりとのこと。




f0139963_7334960.jpg1994年にアイルランドで生まれて喝采をあび、以降世界各地で9000公演、1900万人以上を堪能させたダンス公演です。
5度目の来日公演です。
自国の民族音楽や歴史、ケルト伝説などを折り込み、ストーリー性を出しています。
楽師は4人だけ!素晴らしい演奏です!
アイルランド移民たちが出会ったアメリカン・タップやフラメンコも取り入れて見せてくれます。
♪ダンスと音楽が溶け合った感動の舞台でした!!!♪
by hohho-biny | 2008-05-28 07:40 | オタク時間

石彫展

f0139963_626145.jpg
”たきびのうた発祥地”のすぐ近くに
<ART M 土日画廊>があります。
普通の住宅の2階が画廊になっていて、
週末だけ開いています。
小さなスペースですが、木の床に作品が並んでいてほのぼのした雰囲気です。




f0139963_6321047.jpg

日曜日そこで、
田中毅 石彫展を観ました。
かわいいペンギンたちのピクニックです。
一つずつ触って頭を撫でてあげました。




f0139963_6374281.jpg

ペンギンは背中にカバンや帽子をしょっています。
いつもリュックをしょって歩いている私は、この姿に惹かれました。






f0139963_6412244.jpg



   これは ”寒がえる”
   マフラーをして考えているカエルくんです。






f0139963_85358.jpg 

私が見に来た目的は、これ!
”このはずく”の石彫刻です。
黒御影石の作品。
♪ころんとしてかわいい♪





f0139963_6475034.jpg


もぐらの子が顔を出して親を見上げているこんな作品も♪






f0139963_6493872.jpg



もぐらの子どもを取り出せるようになっていて、
出てくるとこんな感じに・・・♪
この遊び心が楽しい♪






f0139963_6542149.jpg
これは”雲のこども”
田中毅氏は,1951年宮崎県青島生まれ。
東京芸大彫刻科卒、公園やビル、学校やセンターなど、日本各地にユニークで大きな作品を設置している彫刻家です。
ご本人にお会いしましたが、素朴でほのぼのとした雰囲気の(♪作品にそっくり♪)の素敵なオジサマでした。
この展覧会は、6/1(日)まで(木金土日の12:00~19:00)開いています。



f0139963_7253835.jpgこれはoliveさんから頂いた2004年のダイレクトメール。
oliveさんはこのふくろうを見て、このかわいさにすっかり惚れ込んでしまい、今回私を案内してくれたというわけです。
今回は”このはずく”が一点でしたが、他の作品たちも魅力的で、私もすっかりファンになってしまいました♪
by hohho-biny | 2008-05-27 07:45 | 展覧会

たきびと垣根

f0139963_6105517.jpg


西武新宿線の新井薬師駅から歩いて5分位の住宅地に、いまどき珍しい立派な竹垣があります。





f0139963_6143011.jpg



童謡「たきび」の舞台になった垣根で、今も手入れされて残っていると、oliveさんが案内してくれました。
ホッホー!す~ば~ら~し~い竹垣!
この垣根の中で落ち葉たきが行なわれていたそうで、今でも秋には焼きいもを焼くとか・・・

   たきび  巽 聖歌作詞 渡辺 茂作曲 
      
        垣根の垣根の まがりかど
        たきびだたきびだ 落葉たき
          あたろうか
           あたろうよ
        北風ぴいぷう ふいている
    季節はずれですが、歌ってくださいね。

f0139963_6313419.jpg

大きなけやきの木にサルノコシカケを発見!
かわいそうに・・・けやきの大木は、半分枯れています。




f0139963_6345776.jpg



      「あッ! きくらげだわ!」とoliveさんが発見!
      す~ご~い~!!



f0139963_638437.jpg

きくらげがこのように木に一列縦隊で生息しているのを、
私は初めて見ました!
☆感動です☆




f0139963_6421377.jpg


      竹垣に何やら貼り付いています。




f0139963_6441389.jpg


チョウチョ結びの右は”亀”でした!
何かおめでたい結びなのでしょう。
左側は”鶴”?と思いましたが・・・
こういう伝統結びのできる植木屋さんがいることに☆感動☆




 
by hohho-biny | 2008-05-26 07:14 | 路上観察

☆アイスに願いを☆

f0139963_7293445.jpg
アイスをたべたいなあ・・・と思う季節がやってきました☆
先日、omisoちゃんのブログにpinoの話題が載りました☆
そこで、数年ぶりに私もpinoを買ってしまいました☆




f0139963_7351260.jpg
バニラ・チョコ・アーモンドと3種類の味があります。
職場の冷凍庫にも入れたら、
「ホッホーさんは、またまたぁ~
企業の売上げに貢献しちゃってぇ~・・・」とノッポさんに言われました。
私は企業から宣伝費をもらったことはありませんが、かなり貢献していると思う。
「あら!これはおいしいわ。丁度いい大きさねえ!私も買おうかしらん。」と、
普段アイスなんか食べないお上品なカタツムリさんが言いました。


f0139963_7454246.jpg
実はこの中に”願いのピノ”が入っているというのです!
箱の左下に小さく書いてあります。
omisoちゃん情報によると、☆型とハート型があるらしい!
でも確率がかなり低いようで、私が買った2箱には入っていませんでした!!★許せな~い★
ノッポさんは「ウチの子たちに頼んで見つけたら写メ送りま~す」と言ってくれました。♪うれし~い♪
夢が持てない時代に、”星に願いを”が”アイスに願いを”になってしまいました!
by hohho-biny | 2008-05-25 08:20 | おいしい時間

ふくろう寄せ

f0139963_723448.jpg
近所の本屋さんに寄ったら、店長がにこにこしながら「すごい本が出たからとっておいたよ~」と言いながらこの本を渡してくれました。
!!!!
ホッホー ホッホー 
フクロウグッズの会編集
ホッホー そんな会があるのか・・・
自分のことは棚に上げて感心することしきり・・・
☆幸せを呼ぶフクロウ ☆特別な鳥ふくろう ☆人の暮らしとふくろう ☆ふくろう七不思議 ☆ふくろうの本 ☆
ふくろうと詩歌 ☆ふくろうグッズの見つけかた・・・
まあまあ・・・あらゆるふくろうグッズが紹介されています。
でもねえ・・・ふくろうグッズはもういいよ~・・・と
冷静な目を向けるホッホーでした。


f0139963_7194136.jpg


これは、誰かさんちの玄関に飾ってあるふくろう




f0139963_7203614.jpg



これは、誰かさんちのピアノの上にいるふくろう
ふくろうファンでなくても、いろんなお宅でふくろうが生きています。





f0139963_7235975.jpg
これは、私が使っているグラスたち
牛乳、ワイン、日本酒、焼酎・・・気ままに使っています。
”ふくろうグッズも今の暮らし役立つものに限る”に限定しているホッホーです。
「お母さん、自分が死んだあとのことも考えてよね~」と子どもたちに言われていますからねえ・・・
by hohho-biny | 2008-05-24 07:38 | ふくろう

和菓子で盛り上がる

f0139963_6361796.jpgわが職場には味にうるさい面々がそろっていて、
「これがおススメよ、ど~お~?」と品評会が始まります。
4~5月は豆大福と柏餅でした。
これは、うららさんおススメの豆大福。
えんどう豆の大きさといい、餅伸び具合といい、中のあずきの品質といい、豆大福では今のところトップ。


f0139963_644106.jpgこれは、私が見つけた包装された豆大福。
豆大福は普通、はだかんぼで売られていますから、おしゃれですが、包装にお金がかかっている分、小さめで、豆も小さく、餅にも賦形剤が入っているようでした。
ちなみに、純粋の餅だけを使っている大福は、夕方になると表面がかたくなります。


f0139963_654417.jpg

同じお店の季節の干菓子です。
あゆとこんぺいとうの彩りが美しい品で、日本的な和の心が込められています。



f0139963_6565640.jpg

これは、良賢さんおススメの麩まんじゅうです。
モチモチ感といい、立派な笹の葉といい、絶品でした!



f0139963_703080.jpg

これは、ノッポさんのご近所の豆大福と柏餅。
柏餅で、この色の皮は珍しいねえ・・・と言いながらパクパク。
出来ばえは、普通ランクでした。



f0139963_751049.jpg
これは、午後には売り切れご免の柏餅を、良賢さんがわざわざ非番の日の午前中に買いに走り、
「これよ、これよ~」と届けてくれた逸品!!
す~ば~ら~し~いお味。


f0139963_7105766.jpg

このお上品さがたまらないわね~と皆で感動!!
・・・断面図も撮影してしまいました。
麩まんじゅうと同じお店です。




f0139963_7131662.jpg
うららさんが「これはどうかしらん?」と
差し入れてくれた三種の柏餅。
豆大福トップに輝いているお店の柏餅!!
さ~す~が~皆の舌はしびれて、絶賛でした!

f0139963_733696.jpg


実は私たちは、比較表をつけて・・・
品評しているのですよ。
味にうるさいオバサンたちは怖いよ~
by hohho-biny | 2008-05-23 07:31 | おいしい時間

パンの絵本

f0139963_6353024.jpg

これは、oliveさんも私も持っている
おいしそうなパンの絵本です。
むしゃむしゃむらの向こうのぱくぱくばやしを抜け、もぐもぐぼくじょうを越えた向こうのぐうぐうやまの奥に開店したふっくらパンやさんのお話です。
ふくざわゆみこ作 教育画劇 2007年初版
作者が好きなパンはチョココロネ




f0139963_644419.jpg


くんくんいいにおいがして・・・いろんな動物たちがやってきます。
評判が広まり、鳥たちもやってきます。
モチロン、ほら!ふくろうも来ましたよ。
来てくれたお客さんのために、ふっくらおじさんはあたらしいパンを焼きます。
フクロウさんのひめりんごパンも登場!!
お~い~し~そ~う~
裏表紙の見返しには・・・
ふっくらおじさんがこっそりおしえる 
とってもかんたん! 30ぷんレ・シ・ピ
「ニワトリさんのたまごパン」が書いてありますよ♪


f0139963_6513554.jpg

0.1.2.歳向きのこんな絵本もあります。
征矢清/文 ふくしまあきえ/絵 福音館書店
(2001年初刊、2007年第1刷)







f0139963_76920.jpg

         おいしそうなパンが
         こんなにいっぱ~い!







f0139963_77501.jpg

昨日私が食べた「どんぐり」のパンたち
ダブルコロッケパン、クリームチーズパン、
目玉商品はオレンジケーキ1個70円でした。

♪パンと絵本のコラボ♪ごちそうさま♪
by hohho-biny | 2008-05-22 07:25 | おいしい時間

ワイルドスミスの絵本

f0139963_63557100.jpg
イギリスのビスケットから派生して・・・
イソップのお話を読んでいます。

「うさぎとかめ」の美しい絵本があったことを思い出して再読しました。
ブライアン・ワイルドスミスの絵です。
世の中のありとあらゆる色を使っているような
色彩美にうっとりしてしまいます。





f0139963_6433338.jpg

古書店ポラン書房でキョロキョロしていたら・・・
「ライオンとネズミ」の絵本が目に飛び込んできました!!
735円で購入して読みました。
ラ・フォンテーヌ/文 ブライアン・ワイルドスミス/絵 わたなべしげお/訳
らくだ出版デザイン株式会社(1975年7刷)
オックスフォードえほんシリーズ<4>となっています。




f0139963_6523589.jpg

オックスフォードえほん・・・といえば、
確か一冊あった筈・・・
やはり、ワイルドスミスの絵でした!
オックスフォードえほんシリーズ<17>でした!
あの有名なオックスフォード大学関係で出版しているのかなあ・・・?
東京大学でも「競争社会を生き抜くウサギとカメ」
な~んていう絵本出せば売れるのにねえ・・・




f0139963_713016.jpg
ふくろうオタクの一押しは、これ!
ワイルドスミスの絵本には、たくさんの動物と鳥たちが必ず登場します。
鳥の中に必ず”ふくろう”が一羽か二羽います!

解説によると、ワイルドスミスは1930年、イギリスヨークシャー生まれ。
子どもの頃は化学に興味をもつが、学生時代には美術を学び教師となる。
数学を教えた経験もあり、ピアノを愛するなど多才。
数学、音楽、美術に透徹した目で描く作品は、鮮やかな色彩の華麗なシンフォニー・・・
な~るほど・・・なっとく、納得。
by hohho-biny | 2008-05-21 07:27 | ホッホー文庫