ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0139963_635746.jpg

土手散歩の続きは、飯田橋から九段下へと歩き、
目指すは千鳥ヶ淵

九段下の歩道橋を渡る
押すな押すなの行列
桜の中にそびえる銅像!
こんな高い所に誰が?


f0139963_6104534.jpg



     武道館の入口
     左右のお堀は さくら さくら




f0139963_614249.jpg







f0139963_6151315.jpg



    ボートでお花見なんて粋ですねえ
    今はこんなボートが出現するのです!
    私の学生時代は遠くに霞んでいる
    手漕ぎボートだけでした。


f0139963_6192972.jpg







f0139963_6202545.jpg
 


    これが有名な武道館です
    何回かコンサートに来ましたっけ!



f0139963_6231843.jpg
  さくらさくら    明治21年 「筝曲集」

  桜さくら 弥生の空は 見渡すかぎり
  霞か雲か
  にほいぞいづる
  いざや いさや 見にゆかむ




f0139963_6241752.jpgさくらさくら 昭和16年 うたのほん(下)

   さくら さくら
   野山も 里も
   見わたす かぎり
   かすみか 雲か
   朝日に にほふ
   さくら さくら
   花ざかり

f0139963_6252844.jpg




f0139963_642599.jpg





              巨樹の幹から健気に咲いて
              春を知らせています!



f0139963_645471.jpg

 

  空を見上げると・・・
  う~つ~く~し~い!!



f0139963_6474937.jpg



      何と幻想的な光景よ!
      おとぎの国に迷い込んだみたい・・・



f0139963_650193.jpg

 


   世の中が桜色に染まって・・・
   桜を愛でる日本の心
   優雅さと儚さに誘われて・・・



f0139963_6531434.jpg

 

       千鳥ヶ淵のさくら さくら
       お楽しみいただけましたでしょうか?
by hohho-biny | 2008-03-31 07:23 | 花時間

花より団子

f0139963_7421956.jpg

花見は何故かお腹が空くもの
やはり、花より団子、イヤ、ぼたもち




f0139963_7451412.jpg

花見の帰り、久し振りにデパ地下に寄りました
DONQをのぞくと・・・
まず”さくらパン”が目に飛び込んできました
目が”さくら”になっているからです!




f0139963_751427.jpg

次に目に飛び込んできたのは、
”春の三色パン”
目が春色になっているからです!





f0139963_7532150.jpg

             これは何じゃ?
             紅茶アップル!
             お行儀よく並んで・・・



f0139963_7545813.jpg
これは春の差し入れでした!
ミスタードーナッツの期間限定品
派手派手にお化粧してアピール
メーカーはこの時ばかりと
売り込んできますねえ・・・
創意工夫の競争です


f0139963_8143263.jpg

春の三色パンは・・・・・!!!
♪さくら色あん・抹茶あん・桜の花入りあん♪
by hohho-biny | 2008-03-30 08:35 | おいしい時間
f0139963_094615.jpg
3月29日晴れ
♪東京はお花見日和♪
市ヶ谷から飯田橋の土手を歩きました
染井吉野が満開です!



f0139963_0141085.jpg



                  カラフルな遊具とさくら
                  遊んでいるのは大人


f0139963_0171769.jpg




桜並木が続きます

★来し方の桜並木に友の影★



f0139963_0215939.jpg


       午前10時30分
       もう宴会をしている面々・・・


  


f0139963_0243753.jpg


桜の枝は、道をまたいで伸びる伸びる・・・





f0139963_028831.jpg


  「あっ、総武線だぁー」と子どもの声がしたので
  あわててズームして ☆パチリ☆



f0139963_0324237.jpg


外堀の向こう岸の桜並木
水面に映えて美しい



f0139963_035014.jpg


桜の花は、一つ一つが精一杯の美しさを出し合って交響詩のよう・・・



f0139963_039127.jpg


主役はメガネスーパーの”ふくろう”です!



f0139963_0404088.jpg


            さくらに菜の花はよく似合う






f0139963_0422921.jpg



  お花見していた鳩たち
by hohho-biny | 2008-03-30 01:10 | 四季のうた

近所の花見

f0139963_7153465.jpg


裏の公園のしだれ桜が満開
美しい樹形!










f0139963_717846.jpg




  小学校の裏門から校庭を眺める



 


f0139963_718546.jpg


 

小学校の桜と高層ビル








f0139963_7202763.jpg



    
こう写すと・・・ビルが桜に寄り添って花見?








f0139963_7223647.jpg



  小学校正門と松と桜
  日本的な懐かしい光景









f0139963_7235213.jpg



♪小学校創立者の銅像もお喜びのようす・・・♪



普段は殺風景な風景も、
あ~る日突然、
ぼうっと桜色に染まり、♪あら!♪
優しく華やかな風情に へ~ん~し~ん!
by hohho-biny | 2008-03-29 07:54 | 花時間
f0139963_6311490.jpg    南の絵本 
   
 岸田衿子著 「いそがなくてもいいんだよ」より

     いそがなくたっていいんだよ
     オリイブ畑の 一ぽん一ぽんの
     オリイブの木が そう云っている
     汽車に乗りおくれたら
     ジプシイの横穴に 眠ってもいい
     兎にも 馬にもなれなかったので
     ろばは村に残って 荷物をはこんでいる
     ゆっくり歩いて行けば
     明日には間に合わなくても
     来世の村に辿りつくだろう
                           葉書を出し忘れたら 歩いて届けてもいい
                           走っても 走っても オリイブ畑は
                           つきないのだから
                           いそがなくてもいいんだよ
                           種をまく人のあるく速度で
                           あるいてゆけばいい

桜が咲くと・・・生き急いで先に彼岸の里に逝ってしまった友たち・・・のことを
よく思い出します。
みんな”優しくていい人”でした!
”いい人をやめる”と長生きできます!


f0139963_6564820.jpg美しい村の絵本です。

すもも、さくら、なし、ピスタチオ。
はる。
ハグマンの 村は はなで いっぱいに 
なります。
とお話が始まります。

1ページ1ページゆっくりめくっていくと
何とも豊かな気持ちになります。

美しい自然がいっぱいのアフガニスタンの村のお話です。
戦争が始まって10年目の夏、作者小林豊氏は、アフガニスタンの小さな村を旅しました。
戦争中でも、人々は明るく力強く生きていて、旅人をあたたかく迎えてくれたそうです。
その後、その村は爆撃を受け破壊されました。
内戦が一日も早く終わって、すべての村にむかしのような平和が訪れてほしいという願いを込めて描かれた美しい絵本です。



  
by hohho-biny | 2008-03-28 07:19 | 詩の時間
f0139963_76171.jpg

私のお友だち ”ボケの花”
♪☆ボケて真っ赤にに咲く☆♪夢をみる





f0139963_7101039.jpg


ジュウニヒトエ(十二単衣)の優雅な花


f0139963_7123911.jpg



口紅水仙
何とも清楚に色めいて・・・美しい




f0139963_714532.jpg




              ブタさんを追い越し
              ぐんぐんぐ~んと伸びて
              花が咲いた葉牡丹




f0139963_7173412.jpg



葉牡丹の先端はこのようになっています
冬から春まで、すこやかな成長を楽しませてくれて
ありがとう♪
by hohho-biny | 2008-03-27 07:31 | 花時間

菩薩さまに会いに行く

f0139963_6561333.jpg
奈良からはるばるお越しになった薬師寺の菩薩さまに会いに上野の国立博物館に行きました。

「日光・月光菩薩立像」(国宝)が2体そろって寺外にお出ましになるのは、史上初めてです!
昨日が公開初日でした。

光脊を外してのお越しで、横からも後ろからも360度から見られます。
それはそれは美しいお姿でした!

側面から見ると!胸よりお腹が出ています!


f0139963_78583.jpg



    上野の森は、桜が咲き始め、
    春うららの佳き日でした。



f0139963_710422.jpg



国立博物館の庭にはカンヒザクラが咲いていました。
濃い桃色のかわいい花です。




f0139963_7124791.jpg




下を向いて咲き、花びらがあまり開かない桜のようです。



f0139963_7155945.jpg



博物館正面の通りのこの桜は見ごろでした。



f0139963_7174197.jpg


      通りかかった時、
      中央の噴水が頂点まで吹き上がりました!





f0139963_7205072.jpg


文化会館の前では、堂々と愛を語っている男性が・・・
「ああ、我が来し方、こんな風に愛を告白されたことはなかったわ~」
by hohho-biny | 2008-03-26 07:39 | 路上観察

チチと遊ぶ

f0139963_6364690.jpg
先日入手した巨乳ボールを
職場に持っていきました。
「うわ~、お~も~し~ろ~い!!ブログで見て触ってみたかったんですぅ~ うれしい~」とうららさん、恐る恐る触る。
「きゃ~っ、なに~これ!いや~っ、きゃ~
触るの~?」とノッポさん両手でしかと触る。

そこへ良賢さん登場
「何これ!ええっ!ボール?」
良賢さんは巨乳を片手でむんずとつかみ、「こうやって投げるの?うわ~重い!これ、息子が喜ぶわ~、写メに撮ろう」と。
「そうそう、ダイヤモンドシティでこれ見つけたんですぅ~、ホッホーさんにおみやげでーす」」
「ああッ!私の好きなゼンマイおもちゃだぁ~」
あおむしくんとてんとうむしさんは、早速巨乳を食べに行きました。

f0139963_65537100.jpg

にちようび、あおむしくんは春一番の和菓子を食べにいきました。
休日当番の日の差し入れ。
いい香りの桜餅は写す前に食べられてしまいました!



f0139963_721276.jpg

てんとうむしさんは、
桜クリームアンパンを食べにいきました。
丁度、桜が咲き始めたし
♪お~い~し~そ~う♪





f0139963_75247.jpg今も子どもたちに絶大な人気の絵本
「はらぺこあおむし」
にちようびにうまれたあおむしは、
おなかが ぺっこぺこ。
げつようび りんごを ひとつ みつけて たべました
あおむしがひとつ食べると小さなあなが開き、ふたつ、みっつ・・・とどんどん食べてふとっちょになり、まゆになり、
「あっ ちょうちょ!」になるお話です。
エリック・カール作 もしひさし訳 偕成社 1976年初版
by hohho-biny | 2008-03-25 07:48 | おいしい時間

ことばあそびうた

f0139963_712305.jpg
    ののはな

      はなののののはな

      はなのななあに

      なずななのはな

      なもないのばな




          ことばあぞびうたです
          声に出して読みましょう
          谷川俊太郎の詩です
          もうひとつ、早口言葉で
  
               かっぱ

                 かっぱかっぱらった
                 かっぱらっぱかっぱらった
                 とってちってた

                 かっぱなっぱかった
                 かっぱなっぱいっぱかった
                 かってきってくった



     実は、この菜の花
     おひたしにして食べようと思っていたのですが・・・・
     冷蔵庫にお泊りしているうちに・・・・花開き・・・・
     かっぱはなっぱくったのに・・・わたしは・・・
     くったほうがよかったのか、かざってよかったのか・・・悩む春
by hohho-biny | 2008-03-24 07:37 | 詩の時間

花さき山

f0139963_620473.jpg
お彼岸のころに思い出す
美しい絵葉書があります。

闇に咲く美しい花々!
滝平二郎のきり絵です。



 

     この花は、ふもとの 村の にんげんが、 
     やさしいことを ひとつすると ひとつさく。
     あや おまえの あしもとに さいている 赤い花、
     それは おまえが きのう さかせた 花だ。
     と山ンばが語ります。


f0139963_6323798.jpg
絵本「花さき山」の一場面です。
山ンばが住む誰もしらない山奥の花さき山では、人間が、やさしいこと、けなげなことをすると、人の心の美しさが一つ一つの花を咲かせる・・・
この花さき山は浄化された人間の魂の山なのです。
斉藤隆介・作 滝平二郎・絵 岩崎書店 
1969年初版
斉藤隆介の短編創作童話集
「ベロ出しチョンマ」(理論社)の冒頭におさめられた作品で、滝平二郎が感動して絵本にしたものです。



f0139963_7135279.jpg

「花さき山」より、
見開き2ページ部分抜粋

私の心の闇にも
たくさんの美しい花が
咲いています
by hohho-biny | 2008-03-22 07:24 | 語る絵葉書