ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

花の街 冬

f0139963_7264260.jpg


   花のある街の冬バージョンです。





f0139963_727583.jpg







   盆栽仕立ての松と梅。
   鶴が遊び、ふきのとうが咲きつつあります。





f0139963_7293549.jpg



池袋駅地下、陽のあたらない場所に春が・・・



f0139963_7311040.jpg
by hohho-biny | 2008-01-31 07:36 | 花時間

主婦物語

f0139963_23435017.jpg
ドラえもんのポケットから人生を消す消しゴムが出たらいいなぁとの提案で、ドラえもんの消しゴムがあったことを思い出しました。
そして、ある主婦の詩が甦りました!


f0139963_23483683.jpg

「女ざかりの詩(うた)がきこえる」 福中都生子 
              あすなろ社 1978年版

       主婦物語     鵜野梅子    
                   詩集「主婦物語」より

    私は主婦でございますので
    掃除せんたく オサンドンと
    毎日 いたします
    今日 ふとんを干すか干さないか
    それは自分の気持ちしだいでございます
    すこしばかりおしゃれでございますので
    掃除の途中でも
    この間買った茶色のスカートと
    うす紫の花もようのブラウスが
    ほんとうにいい色であったかどうか
    箪笥から出してたしかめて見たりいたします
    大へんケチでもございますので
    一旦沸かした薬罐の湯が残っていると
    急いで まほうびんに入れてしまいます
    おろかで見栄っぱりなところもございます
    例えば 夫や子供を自分の持ち物かアクセサリーのように思って
    一緒に歩きたがったり
    歩くのをいやがったりいたします
    悩みらしい悩みがないので
    悩んで詩を書きますが
    大小さまざま色とりどりの
    愛をたくさん持ち合わせておりますので
    とてもいそがしく 一日は少し
    みじかすぎると思うのでございます
    私は人間でございまして
    女でございますので
    持ち合わせのたくさんの愛について
    考える事がございます
    信じたりうたがったり うたがったり信じたり
    それが本当の愛か わからなくなる事もございます
    ほんものを見つけるのには
    労り(ほねおり)とか 憎しみとか 私とかは
    全部 ケシゴムで消そうと
    思うのでござくぃますが
    容易に消えは致しませぬ
    私はひるまでも 夢を見ることができます
    夢の中の私は まっ白な花束を抱えて透明になって
    空へ昇って行くのでございますが
    もはや主婦でもなく女でもなく
    人間でもないようでございます

f0139963_0192540.jpg
女ざかりの頃に読んだ詩を突然思い出し、
「私とかは 全部 ケシゴムで消そうと」のフレーズが、ドラえもんの消しゴムと共に頭の中を駆け巡ったのです!
消しゴムはよりどりみどり、どうやって私を消すか・・・
by hohho-biny | 2008-01-30 00:43 | オタク時間
f0139963_2252412.jpg職場の近くで昼食を食べに行く
お店の一つです。
ごはんブレート、880円。
白いプレートに全部乗っています。
食後にコーヒーがつきます。
五穀米とスープ、鳥と鮭のから揚げ、卵焼きははアツアツです。
大根の煮物、キンピラ、チンゲン菜炒め、漬物、プリン。

女性にはほどよい量で、スペースもゆったりしていて読書できます。

f0139963_230777.jpg
非日常のおもてなし昼食。
これは元旦早々、いきなり遊びにきたお客のための私の手抜きおせちです。
毎年、昆布巻き、鮭のマリネ、ぶり大根、とろろキュウリ梅和えだけは手作りします。
さっそく食べようと箸をつけたお客に
「ちょっと、待ったぁー」と制止して卵焼きを戻してもらい、写したもの。
よーく見ると、手抜きがわかります。
何故かアンパンマンのカスタネットが・・・
by hohho-biny | 2008-01-28 23:26 | おいしい時間
f0139963_22454773.jpg昨日、今日とブログを書かずに何をしていたのか?
実は消しゴムで遊んでいたのです!
私は以前から、「おもしろ消しゴム」が面白くて少しずつ集めていましたが、最近、ある知人が「おもしろくない消しゴム」が面白いと言うのです!
それも「外国の輸入モノが素晴らしい」と言うのです!
私は、トオランジスター化や創意工夫が好きな日本人が、この小さな消しゴムの世界に遊び心と職人芸を注ぎ込んでシコシコ作っている面白さに魅かれているのですが・・・

f0139963_2258872.jpg
私が持っている「おもしろくない消しゴム」は少なくて、こんなモノです。
下の砂消しは百均で1袋に3個入っています。
輸入品はパッケージや印字ののデザインは優れていますが、ただの四角い消しゴムです。
ドイツ、スペインのデザインはセンスがいいですが。
製図を書く人やイラストレーターなどは、消え具合にこだわるのでしょうが、私は眺めたり、分解したりするのが好きなので、おもしろくないのです。


f0139963_2381877.jpg

外国の製品でも、このようにプリントしてあるモノは優れていて楽しいです。
スペイン、チェコ、ドイツ、フランスなどお国柄が感じられます。


f0139963_23152360.jpg


こんなにちっちゃな消しゴムを作るのが日本人です!
これらのコレクションはもう8年位陳列してあったので、日焼けしてしまい、劣化が進んだため、分類してしまうことにしました。

そんなわけで消しゴム大整理となったわけです。


f0139963_232058.jpg







このように何の役にも立たないモノに情熱を注いで喜んでいるどうしようもないホッホーです!
by hohho-biny | 2008-01-27 23:42 | オタク時間

古本と喫茶

f0139963_22364778.jpg
ある日、ホッホーさんが出かけそうな気配を感じて、ボクたちはリュックの中に忍び込んだ。
案の定、「今日は、アンパンマンとバイキンマンも連れて行くからね」と言いながら、奴らもリュックに入れた。
やっぱりね! ♪お出かけだあ・・・・♪
バスに乗って、電車に乗って、歩いて、商店街のはずれの階段を上り、木の扉を押した。

f0139963_22534490.jpg

木造りの喫茶店だ。あっ!古本屋もある!
「ああ、この前はどうも・・・」と喫茶店のオネエサンに挨拶している。知り合いみたいだ。
「お茶は後でね~」って言いながら、
古本コーナーに行った。
ホッホーさんがまず手に取ったのは、
ふくろう!
手にとって眺め、撫で回し、「これはいい出来だわ!買おう」なんて言っている。
あーあ、またふくろうが増えるぅー ああ、ボクたちの餌代がなくなるぅー
古本屋の若いお姉さんが出てきて、「それは80歳を過ぎたおじいさんがひとつひとつ手で作っているんですよ」と説明してくれた。
感じのいいお姉さんだ、ボクたちはふくろうよりお姉さんの方がいいなあ・・・
連れて帰りたい!
「須坂で作っている土笛で、ふくろうがホッホー、かっこうはカッコウって鳴くんですよ。」
当たり前だよ。かっこうがホッホーって鳴くわけないじゃん。

f0139963_2315963.jpgホッホーさんは「この子たちも写真撮らせてもらってもいいですか?」なんて言い出したもんで、ボクたちはお姉さんに抱かれて寝かせられたんだ!
もうこのままずっとここで寝ててもいいなあと思ったんだ・・・
ボクたちの頭の上にある布は、柚木沙弥郎の型染めだとホッホーさんが喜んでいた。

f0139963_23193990.jpg
山岸鷲雄氏の作品。
須坂の民芸品の土笛は、一時期作る人がいなくなって中断していたものを、20年前に復活させたのが山岸氏。
ふくろう笛はホーホーと低音の魅力。
かっこう笛は、穴を指でふさいで放すを澄んだ音色でカッコウ。

f0139963_23202844.jpg

今度はアンパンマンとバイキンマンを出して「この子たちもいいかしらん?」と言うと、お姉さんは本を並べ替えて、いい雰囲気で写るようにしてくれて・・・
ウララさんから借りている奴らは、
その日は仲良くご機嫌だった。

f0139963_23271412.jpg
お姉さんはもう一人の編集者と二人で「いろは」という雑誌を作っているらしい。
ホッホーさんはその雑誌をパラパラ見ながら、
「結構こだわりとお金のかかっている本ねえ」なんてぶつぶつ言っていた。
「彼女は古本業界で女性の参加、地位向上に貢献している一人ですよ。ふくろうの笛売っていましたよ~」と場所まで教えてくれたのは、往来座の店主らしい。

やっとお茶の時間になった。
今度は喫茶部のオネエサンに「ここのおすすめはなあに?」なんて訊いて、ベルギービール入りフルーツケーキとアフリカのティーを注文した。
ボクたちも忘れられずにお相伴したんだ。
セピア色の落ち着いた雰囲気のお店で、奥のコーナーはギャラリーになっていた!
本棚の本も自由に読める!

若くて優しいお姉さんたちに出会えてボクたちは幸せだった♪
♪やっぱり若いっていいね!お肌つやつやだし♪  またね、バイバイ
by hohho-biny | 2008-01-25 00:36 | 気まま旅
f0139963_21165132.jpg
今朝7時頃から雪が舞い始めました。
東京は2年振りの雪!
途中で電車が止まると大変なので、いつもより早く家を出ました。

f0139963_21172590.jpg


      通勤途中の商店街の花飾りにも
      うっすら雪が積もっていて、
      桜草も三色すみれも寒そう・・・




f0139963_2118258.jpg

 住宅街のピラカンサの上も雪化粧



f0139963_21183225.jpg




                クリーム色のバラも白色に


f0139963_2135113.jpg





 山茶花も雪化粧


f0139963_21192044.jpg


           8:45 職場の前の植え込みにはこれ位




f0139963_21435468.jpg


♪こんな日には、美味しいパンに熱い紅茶♪
職場近くのパンやさんのオリジナル、
カメロンパン
頭の中はチョコレート、
甲羅の中はカスタードクリーム!
おいし~い!こども用のようですが・・・

f0139963_2148352.jpg
吉祥寺の知る人ぞ知る
気取った(?)パンやさん
一つずつ紙に包まれている!(いただき物)
バターロールとアップルパイ
パイ生地はうすーく何層にもなっていて、食べると美味しいけどパラパラこぼれます!


f0139963_21522012.jpg

AMさんの手作りパン!
こだわりの全粒粉使用
片面をトーストすると香ばしくておいし~い!
by hohho-biny | 2008-01-23 22:30 | 路上観察

踊る絵本

f0139963_635117.jpg柚木沙弥郎の絵本は、力強い線と鮮やかな色彩で絵が踊りながら物語が展開します。

「旅とは私にとってまったく私的な行為である。ひょっとして自分が生まれる以前からこの世に存在するかのようなもう一人の自分に何時か出遭えるのではないかという期待がある」と言いながら、
横浜、戸隠、高山、角館、輪島、石垣島、伊豆、インド、ボンベイ、パキスタン、モロッコ、トルコ、カイロ、メキシコ、グァテマラ、パリ、イタリア、ベニス、バルセロナと旅しています!

私は、このように自分の足で歩いて行動する人が好きです。

f0139963_6354293.jpg

この絵本は、アメリカインヂィアンの口承詩を日本に紹介した金関寿夫「魔法としてのことば」(思潮社)から、イヌイットの人々に伝わる一遍の詩をもとに構成したものです。
訳者の力強い言葉と沙弥郎の絵の力が共鳴し合って、原始の世界が展開し、感動が渦巻きます!
人間と動物に区別がなかった大昔、
したいことを、 ただ口に出して言えばよかった。
目の覚めるような色彩の力強い大型絵本です!




f0139963_6362059.jpg
谷川俊太郎の言葉遊びです。
どこからか あおい ビーだまが ころがってきて 
いけに おちた 
とっぽーん!
というようにお話が展開してエンドレスの回文。
前の見返しは、さいころとこまを切り抜いて作れるようになっていて、後ろの見返しは物語のすごろくになっています!
言葉と絵の掛け合いが楽しくて笑ってしまいます。


f0139963_6365091.jpg
       岸田衿子作・沙弥郎絵
       可笑しな可笑しな絵本です。
       つまらない毎日をお過ごしの方は、
       是非お読みください。
       笑いころげて死にそうになります。

       ♪三にはみみずく登場♪
       みっつ みぞれになって みんな みじめ 
       みみずくの すも みずびたし

       あすは あめ のち みぞれ、
       やがて みそしるに かわるでしょう。
by hohho-biny | 2008-01-22 07:53

美しい絵葉書

f0139963_6311746.jpg
昨日、文庫にコバちゃんが遊びに来ました。
彼女が好きな柚木沙弥郎の絵葉書をいただきました!
彼女の故郷、盛岡のおみやげです。
中には、宮沢賢治の作品が5枚入っていました!
あまりにも素晴らしいのでお見せします。
柚木沙弥郎は型絵染の版画家です。



f0139963_6373854.jpg


        かしは ばやしの夜

        ♪ふくろうが飛んでいます♪



f0139963_753874.jpg


  山男の四月




f0139963_6402885.jpg


               注文の多い料理店  




f0139963_6412691.jpg


  鹿踊りのはじまり




f0139963_6423850.jpg


               月夜のでんしんばしら



コバちゃんは柚木氏の絵本を読んで帰りました。
絵本も素敵ですので、またあした。
by hohho-biny | 2008-01-21 07:11 | 語る絵葉書

荒井良二に会いに行く

f0139963_717030.jpg
昨日、クレヨンハウスで
荒井良二氏の講演を聴きました。
テーマは「僕の絵本のまどから」
絵本は見る人にとって
窓のようなものだといいなあ・・・と。
心が躍る風景だったり、笑ったり、しんみりしたり、深呼吸したり・・・
日常から非日常へ。
窓から見る風景、車窓のように楽しめればいい!



             本日、ホッホー文庫開放日 午後1時~5時


f0139963_7272373.jpg絵本を窓とすると、向こう側の非日常からこちらの現実を考えることができないか?
特にメッセージをこめるわけではなく、俺の後ろに渦巻いている何かを、線に描きたい!色を塗りたい!ひっかきたい!という思いで書くそうです。
「はっぴいさん」は、こまったことや ねがいごとをきいてくれます。
やまの うえの おおきな いしの うえに はっぴいさんは ときどき くるのだそうです。
はっぴいさん はっぴいさん
どうぞ ぼくのねがいを きいてください
はっぴいさん!
のろまなぼくとあわてんぼうのわたしが、やまをめざします。
見返しと絵本の下部には、戦火の街が描かれています。
さまざまな想いを呼び覚まされます!

f0139963_7285982.jpg
1956年、山形県生まれ、絵本作家、イラストレーター
2005年、第三回アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞。
「うそつきのつき」(内田鱗太郎・文)
「森の絵本」(長田弘・文)
「なぞなぞのたび」(石津ちひろ・文)などで
各賞を受賞。
いずれも文庫にあります。

荒井氏お気に入りの絵本ベスト100冊の紹介とコメントが面白く、ホッホー、ホッホー!と感動しました!

f0139963_8211251.jpg



♪お願いしてふくろうのサインをいただきました♪
by hohho-biny | 2008-01-20 08:37 | ホッホー文庫

脳内の編集

f0139963_628952.jpg
物忘れのお年頃さん!
私も三歩歩くと忘れる人ですから、大丈夫!?
★脳は快楽主義者で、何か行動を起こして、その結果、脳内で報酬(うれしいこと)を表すドーパミンという物質が放出されると、その行動が強化されます。赤ちゃんがお腹が空いて泣き、ミルクがもらえると、「お腹が空いたら泣く」という行動が強化されます。このような強化学習を通して人間は少しすつ変わっていきます。
★脳は常に記憶を「編集」し続けています。貯えられた記憶の間に関連性を結んだり、昔の記憶を再活性化することで「メンテナンス」をしたりする。その過程で、新たな意味を見出し、思わぬ発見をすることもある。
★現代の脳科学においては、人間の知性の本質は、他者とのコミュニケーションにあるとされている。言葉やその他の手段を通した他者との生き生きとした行き交いの中にこそ、人間の脳の本領が発揮されるのである。
茂木健一郎著「すべては脳からはじまる」は、とても面白い本です。
ホッホー、ホッホー、な~るほど~と学習しました。
私は脳天気なので、いくら忘れても平気です。
なぜなら、人との交流が好きで、記憶の編集、整理整頓が好きだから。

f0139963_6574482.jpg「ねえ、これ見てくださいよ~、押入れの奥にあったんですよ~!」
「あら~!すご~い!これあなたが作ったの?」
「そうなんですよ。子供たちが小さい時に作って一緒に遊んだんですよ~」
「この間、ホッホーさんがアンパンマン図鑑買ったって聞いた時に思い出したんですぅ」と働く仲間のウララさんが持ってきてくれました。

f0139963_6584988.jpg
ウララさんの脳内では、私との会話により、
アンパンマンの記憶が蘇えったのです!
そして私は、このアンパンマンとバイキンマンの手作り人形に出会えたわけです!
丁寧な作りの素晴らしい作品です!



f0139963_6595060.jpg
私はこの人形たちを借りて帰り、文庫棚からアンパンマンの絵本を出して読んだというわけです。
感動が記憶を呼び覚まし、意欲が記憶の編集をして、又、新たな発見と感動を呼ぶのです!
そして、働く仲間たちは、「アンパンマンワールドの研究をしましょうよ~」ということになったのです!
アンパンマンの世界は深いので、そのうちにまた。

今日はセンター試験の初日です。
受験生のみなさん、頑張ってね~
アンパンマンが応援していますよ~
by hohho-biny | 2008-01-19 07:32 | セピア色の時間