ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

f0139963_21414490.jpg
石垣りんと茨木のり子の詩が似ているとのご指摘があり、ホッホーな~るほどと思いましたので、茨木のり子の「倚りかからず」を抜粋します。彼女は去年の2月に永眠。孤独死でした。
f0139963_221820.jpg


私にも好きな傾向があって、どうしても偏ってしまうのですが、まず毅然としてまっすぐであること、自由と孤独を抱えて生きていること、人生を楽しんでいること等が選択基準となります。
f0139963_222838.jpg

         倚りかからず   茨木のり子
f0139963_23461364.jpg      
       もはや
       できあいの思想には倚りかかりたくない
       もはや
       できあいの宗教には倚りかかりたくない
       もはや
       できあいの学問には倚りかかりたくない
       もはや
       いかなる権威にも倚りかかりたくはない
       ながく生きて
       心底学んだのはそれぐらい
       じぶんの耳目
       自分の二本足のみで立っていて
       なに不都合のことやある
       倚りかかるとすれば
       それは
       椅子の背もたれだけf0139963_22154374.jpg

私の前にある鍋とお釜と燃える火と  石垣りん  
  
  それはながい間
  私たち女のまえに
  いつも置かれてあったもの、

  自分の力にかなう
  ほどよい大きさの鍋や
  お米がぷつぷつとふくらんで
  光り出すに都合のいい釜や
  劫初からうけつがれた火のほてりの前には
  母や、祖母や、またその母たちがいつも居た。
f0139963_23283087.jpg
  その人たちは
  どれほどの愛や誠実の分量を
  これらの器物にそそぎ入れたことだろう、
  ある時はそれが赤いにんじんだったり
  くろい昆布だったり
  たたきつぶされた魚だったり
  台所では
  いつも正確に朝昼晩への用意がなされ
  用意のまえにはいつも幾たりかの
  あたたかい膝や手が並んでいた。
f0139963_2354084.jpg
  ああその並ぶべきいくたりかの人がなくて
  どうして女がいそいそと炊事など
  繰り返せたろう?
  それはたゆみないいつくしみ
  無意識なまでに日常化した奉仕の姿。
  
  炊事が奇しくも分けられた
  女の役目であったのは
  不幸なこととは思われない、
  そのために知識や、世間での地位が
  たちおくれたとしても
  おそくはない
  私たちの前にあるものは
  鍋とお釜と、燃える火と
f0139963_237913.jpg
  それらなつかしい器物の前で
  お芋や、肉を料理するように
  深い思いをこめて
  政治や経済や文学も勉強しよう、

  それはおごりや栄達のためでなく
  全部が
  人間のために供せられるように
  全部が愛情の対象あって励むように。
f0139963_238470.jpg

彼女たちが遺してくれた素晴らしい言葉の力に感謝して、利尻・礼文の花々を捧げます。
by hohho-biny | 2007-07-31 23:52 | 花時間

石垣りん

石垣りんについての問い合わせがありましたので、以前、彼女が亡くなった時に書いたホッホー便を載せます。参考にして彼女の詩を味わってください。
生活のために働きながらこつこつと詩を書き、2004年12月永眠。生涯独身でした。
「私の前にある鍋・・・」は長いので後日抜粋します。
ちょっと読みにくいですが、ご免なさい。
f0139963_04530.jpg



f0139963_055256.jpg

 私は最後の6行がキリッとしていて好きです。
by hohho-biny | 2007-07-31 00:29 | ホッホー文庫

うなぎの日

f0139963_8245542.jpg
今日は土用の丑の日。
「さあ うなぎ食べなくっちゃ!」という気持ちになるから不思議?
まだ夏バテしていないけど、くたびれた人生のために一串献上。
実はこの日にうなぎを食べる習慣の仕掛け人は平賀源内なのです。ご存知でしたか?
江戸時代の蘭学者がうなぎ屋の宣伝のために広めたのですって!!
その口車に乗った後世の私たち。何だかこっけいです。
でもビタミンAとたんぱく質が豊富なので力がつきますよ。
彼は寒暖計の製作者。この暑さがうなぎのぼりになりませんように。
by hohho-biny | 2007-07-30 09:09 | おいしい時間

投票日に咲く花

f0139963_9234355.jpg今日は参議院議員の選挙日。
サルスベリが満開です。
f0139963_1031277.jpg







7:30に投票してきました。
まだ閑散とした中学校の体育館。
政治からはかけ離れた私の暮し。こんなにマジメに懸命に働いているのに・・・
誰を選んでも私の暮しは変わらない・・・なんて言ってはいけませんよね!?
f0139963_10315597.jpg
婦人参政権が行使されたのは1946年4月10日。
今年で60年目。女性議員も多くなりましたが、諸外国に比べるとほんの一握りです。
戦後の民主主義と共に生きてきた私。
男女平等、機会均等なんて真っ赤なウソ!!
悲喜こもごもで思いは複雑です。
左の切手は1971年婦人参政25周年記念の投票する女性と議事堂。
右は1996年婦人参政権行使50周年記念の女性と国会議事堂です。
f0139963_10524549.jpg
今日は石垣りんの詩集から
「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」を朗読します。

f0139963_12372652.jpg
投票所の床に敷いてあったシートに
ふくろうもどき(?)を
発見!!
監視員が見張っているのでカメラを出せず、出てからこっそり壁に張り付いてズームして パチリ!
というわけで変なショットになりました。

f0139963_1164310.jpg

では川柳を一句  
            競い合い サルスベリ咲く 投票日      ホッホー 



by hohho-biny | 2007-07-29 11:50 | 四季のうた

ヒロシマナガサキ

f0139963_238526.jpg岩波ホールでドキュメンタリー映画
「ヒロシマナガサキ」を観ました。(初日)
静かに強く心に刻まれる映画です。
コメントもナレーションもありませんが、原爆の映像記録と被爆者たちの発言が多くの真実を物語り、平和へのメッセージとなっています。闇を抱え、生き地獄を生き抜いてきた被爆者たちの静かな語り口に崇高なる人間の尊厳が現れていて、涙がこぼれます。
アメリカ側の重大な発言も心に刺さりました。
戦後60年の節目に日系三世のスティーヴン・オカザキ監督(1952年生まれ)が25年の歳月をかけて作った思いが伝わってきます。
アメリカ映画として作られ、今年の8月6日には全米にテレビ放送されるそうです。
多くの日本人にも観てもらいたいと思いました。
1945年8月6日を知らない若者たちが増えている現実がインタビューで写し出されます。
戦後とともに生きてきた平和ボケの私に何ができるだろう?
とよく考えます。
f0139963_23515722.jpg
いくつか自分に課していることがあります。
今夜は「行李の中から出てきた原爆の詩」(広島文学資料保全の会・編 暮しの手帖社発行 )の中から
峠三吉の「晴れた日に」を朗読します。

by hohho-biny | 2007-07-29 00:21 | 映画時間

日本最北端の地

f0139963_912846.jpg行ってきました。
日本最北端の地、宗谷岬。
証明書を売店で100円で購入。
到達時刻が刻印されています。
f0139963_9181071.jpg
この地に立つ像は、二宮金次郎ではなく、北方探検家、間宮林蔵です。江戸時代の装束で見晴るかすロシアの地。
稚内市にある宗谷岬は江戸時代からの北方警備の要地で、海の向こうのロシアを見張るレーダーが設置されています。普段は考えたこともない、「領土を警備する」役目があるという事を実感させられます。
f0139963_9294577.jpg
過去にロシアに撃墜された大韓航空機事件、ロシア船が座礁して多くの犠牲者を出した事件などの歴史を踏まえて平和への祈りをこめた像がt建っています。
f0139963_932056.jpg
鶴が羽をひろげた像は花に囲まれてくちばしは事件の地を向いています。



若いカップルの像には未来への希望がこめられているそうです。



f0139963_9325753.jpg

by hohho-biny | 2007-07-28 09:53 | 路上観察

二宮さん

f0139963_4364754.jpg
東京駅近くの八重洲ブックセンターの入り口に
二宮金次郎を発見!
所々はげていましたが、金色の像でした。
夜の街でそこだけ明るく光って見えました。

今日から北の果てへ旅に出ます。
たきぎは背負っていませんので身軽です。

by hohho-biny | 2007-07-24 04:44 | 路上観察

見知らぬあなたへの手紙

f0139963_6164429.jpg

今日は7月23日。ふみの日です。
7月は文月でもあり、手紙を書くことを普及、啓発する運動があるようです。
いつも「気ままにホッホー便」をご愛読いただきましてありがとうございます。
今日は見知らぬあなたへの手紙を書きます。
私がホッホー便を書く時は必ず届けたい相手の顔を思い浮かべながらしたためています。
世の流れに合わせてブログという形式を採用しましたが、もともとは往復書簡でした。
若き日々、友人たちとよく文通しました。「往復書簡が文学になるとき?」などと夢想しながら、文通による心の交流を深めていました。一人一人がよく考え、よく悩み、よく笑い、よくしゃべり、よく自分と向き合っていました。
f0139963_79379.jpg
数十冊に及ぶ往復書簡のファイルは、人生の悲喜こもごもがいっぱい詰まった宝物です。私は千夜一夜物語と名づけています。何人かは昇天し、残る者は老化して手紙を書くことはなくなりました。その後、絵葉書という手法に変わり、絵葉書帖が並ぶようになりました。こんな経緯の延長線上のホッホー便です。ですから、「ちょっと覗いて去る」見知らぬあなたのことが気になります。ゴーストと呼んでいますが、「すべてきみに宛てた手紙」の帯に書いてある言葉をお伝えします。
「書くことは、二人称をつくりだす試みです。どうしても大切にしたいものは何ですか?」
f0139963_7103341.jpg
ホッホー便は自分に宛てた手紙のように私情報を一方的に発信していますが、見知らぬ不特定多数の人を相手にしているわけではありません。
コニュニケーションの基本の礼儀をわきまえて存在を明らかにして下さると嬉しいです。
手紙を書いたら返事を期待するでしょう?
ホッホーが大切にしたいものは、
ほのぼのとした人間関係」です。
パソコンで情報が飛び交い、便利な時代になりましたが、ネットサーフィン流行りで人間関係が希薄になってきました。
見知らぬ人よ、あなたはそれでいいのですか?

by hohho-biny | 2007-07-23 07:40 | 四季のうた

ビヨヨ~ン

f0139963_2155491.jpg

★ビヨヨ~ンの魔女とふくろうの顔がよく見えないとのご指摘がありましたので、包装を開ける前の画像をアップしました。
ビニールが光ってしまいましたが、このようにして売られています。
ばねを吊り下げると長さ90cm位に伸びます。上下左右に動き回ります。
リバーシブルになっている優れたオモシロオモチャです。オタクにはおすすめです。
何回もビヨンビヨンさせると本当に魔女になった気分で痛快です。いつか魔女になりたいホッホーですが、魔女モノは奥が深いので目下研究中につき、うふふです。

★「ハッピーちゃんて誰?」というご質問にお答えします。
背丈12cm巾6cm位のふくろうのぬいぐるみです。Berin-koubouの手作り品です。布はすべてアンティークもので羽や胴体の生地は紅茶で染めてあるとのこと。目とまつ毛、眉、ほほ紅は手描きです。右耳には青いガラスの花飾り、洋服には十字架、首にレースを巻き、左羽にもレースを持たせてあります。ユニークな発想のこころ温まる作品なのでハッピーちゃんと名づけました。

★「豪邸のトイプードルはぬいぐるみ?」とのご質問ですが、本物の犬です。歳は1才、メス。
「ミルキー ポーズ!」と言うとカメラ目線になるおちゃめな犬です。
by hohho-biny | 2007-07-22 22:49 | オタク時間

雨の日曜日

f0139963_7121593.jpg今朝は雨。
こんな日曜日には、自分のためにどんな絵本を開こうかしらと思いを巡らせます。
「あめのひ」がぴったり!
ポーランドのワルシャワ生まれのユリー・シュルヴィッツの作品です。日本では1972年に福音館から出版された古い本ですが、1999年に復刊されました。淡い水色と黄色と墨色で描かれた美しい絵本です。
ゆっくりページをめくると静かな展開に雨の音が聞こえます。
雨はまどに、やねに、どぶに、のやまに、おかに、くさに、いけにふり、ながれとなり、かわからうみへ・・・
まるで自分が雨となって雄大な旅をしている気分になり時の流れに身をまかせます。
f0139963_745469.jpg
7/21の毎日新聞、夏の読書特集の一面です。
絵は村上ゆたか。ホッホーホッホー

f0139963_7592454.jpg世の中では「家読」で家族再生をという取組みが広がっているようです。家庭で同じ本を読んで話し合うことで、読書週間を付けるだけでなく、家族関係を本来の姿に戻そうということらしいのですが・・・
どうですかねえ?・・・
まあやってみてください。

読書に飽きたら、ちょっと
ビヨヨ~ンで遊びましょう。
by hohho-biny | 2007-07-22 07:44 | ホッホー文庫