ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんじ先生

f0139963_616432.jpg
あの時代に生きていたなら、宮沢賢治先生の授業を受けたかったなあ・・・とよく思います。

岩手県の小さな農学校の先生だった賢治は
活き活きとした楽しい先生で、「ほんとうの幸福」についてみんなで考える授業だったそうです。
この絵本はそんな授業風景が詩情豊かに再現されたノンフィクジョン絵本です。

「人と争わない。だれのこともきずつけない。いつまでも、ゆたかな緑の景色にかこまれて・・・幸せだじゃあ」

「世界には、何十億という人々がいる。その人たちが、ぜんぶ幸せかどうかはわからない。
その人たちの幸せは、どうなるんだろう」

「なにがほんとうの幸福かはわからないのです。でも、幸福をさがす、みんなの、みんなの一つずつの前進が、みんなの幸福につながっている」

イギリス海岸で川遊びをし、細胞のひとつひとつが記憶を持っている話をし、バケツから皆でぶどうジュースを飲み、畑で土を耕し、夕陽で影ふみをしながら☆の見つけっこ、そして「星めぐりのうた」を歌いながら帰ります。

f0139963_643351.jpg

  賢治が晩年に病床で手帳に書きつけた「雨ニモマケズ」の自筆原稿です。
  昨年、平塚美術館の「宮沢賢治展」で巻物を見つけました ♪☆♪

f0139963_6434244.jpg

f0139963_6494876.jpg



f0139963_6503995.jpg「雨ニモマケズ」は、さまざまな本が出版されていますが、私はこの絵本が大好きです。
画は小林敏也の力強い版画です。
”決して
 ご遠慮はありません
 「雨ニモマケズ」
 「風ニモマケズ」
 どなたもどうか
 およみください。
 ことに賢治が
 嫌いというお方、
 絵本など開いたことも
 ないお方は、
 大歓迎いたします。”と帯に書いてあります。


f0139963_651898.jpg


                 裏表紙です。








f0139963_6573574.jpg



ホッホー ホッホー
絵本の中にふくろうが、二場面に登場します ♪☆♪

丈夫ナカラダヲモチの場面です。



f0139963_6574981.jpg

 
                      

             ホッホー♪ ホッホー♪
             ホッホー文庫にありますよ~
by hohho-biny | 2008-08-01 07:30 | ホッホー文庫