ホッホーとは、ふくろうの鳴き声です。また、「なるほど、なるほど、ホッホー」と感心する声でもあります。


by hohho-biny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

谷内六郎館

f0139963_21531966.jpg

連休の一日を谷内六郎館でのんびり遊びました。三浦半島の観音崎にあります。
湘南ラインで逗子まで行き、久里浜行きに乗り換えて横須賀まで行きます。
そこからバスで40分位かかります。


f0139963_21585033.jpg

谷内六郎館は横須賀美術館の敷地内に2007年4月に開館した別館です。
正面に人気のレストラン、右が横須賀美術館、左が谷内六郎館。
素晴らしい景観!







f0139963_2233712.jpg

前には広い海が広がっています。










f0139963_2244712.jpg










f0139963_2265132.jpg

谷内六郎(1921~1981)
週刊新潮の表紙絵を26年間描き続けました。
私は若い頃から彼の絵が大好きでした。
心のふるさとを感じるからかなあ~
表紙絵原画の総数は1300枚以上あるそうです。
制作年度毎に作品の展示替えをしていて、
今期は1969年の作品でした。






f0139963_22192925.jpg


18枚の油絵と書き添えた詩文で綴られた絵本。
子どもが置き忘れた紙風船の旅です。
2006年2月発行 初めて絵本になった遺作
アートデイズ発行









f0139963_22255351.jpg


紙風船が飛んでいます♪









f0139963_222774.jpg


     絵葉書を数枚買いました。
     虫の劇場 1957年














f0139963_2230133.jpg



遠い日 1974年










f0139963_22313522.jpg



      ふくろうの思い出 1966年
      これ 大好き♪ 大好き♪











f0139963_22325635.jpg



おはじき 1957年
なつかしい なつかしい おはじき












f0139963_2234274.jpg



虹を織る人 1981年
週刊新潮5月7日号を飾った遺作

泉のように次から次へと想像力がわいて描かれた純粋無垢な絵にどんなに魅了されたことか!!
彼こそが虹を織る人であったと思うのです。









f0139963_22512676.jpg

恋人の聖地と呼ばれる横須賀美術館の屋上からいつまでも海を眺めていました・・・
by hohho-biny | 2009-09-22 23:16 | 気まま旅